シドニー空港から直接ホテルに向かい、荷物だけ預けて、
とりあえずは第一の目的であるフィッシュマーケットへ行きました。

なんでも、世界で一番大きいのは東京の築地市場で、
シドニーは世界で2番目に大きいのだそうです。

多くの人に勧められて、あらかじめいろいろ調べていたので、
たくさんの新鮮な魚介類にめぐり合えることを、とても楽しみにしていました。
といいますのも、NZは日本と同じ島国でありながら、
魚の種類が、とーっても少ないのです。

こんな感じで、まるで海の中を泳いでいるように、魚が陳列されています。
日本では珍しくないかもしれませんが、少なくともクライストチャーチではあまり見かけない光景です。

川魚とか、カツオとか、タラバガニとか、クライストチャーチでは見たことないなぁ。

そして、ここフィッシュマーケットでは、その場で魚を刺身にしてくれるとのことで、
早速刺身コーナーへ。
魚屋さんが何軒もある中、刺身コーナーがあるのは数軒。
その中から1軒を選んで、白身、サーモン、マグロをそれぞれ6切れずついただきました。

実は、もっといろいろなものが食べれると思っていたのですが、
刺身コーナーにはこの3種類の魚しかありませんでした。
初日の一番最初の食事で、しかも現金で支払ったので、いくらだったかは覚えていませんが、
まあ、非常に安くて驚いたことだけは覚えています。

そして、フィッシュマーケットといえば、目玉は牡蠣。
パシフィックオイスターと、ロックオイスターとがあって、
それぞれサイズごとに値段が違います。
私たちは、パシフィックオイスターの一番大きい種類(もちろん一番高い)のを
1ダース購入しました。

刺身と牡蠣を手にいれましたので、次はワインです。
フィッシュマーケット内に酒屋があったので、
そこでオーストラリアのシャルドネを購入。
さすがに朝から二人で一本は飲めないので、ハーフボトルにしました。
さて、グラスもないのにどうしようかと思っていたら、
心配はいりません。
酒屋のレジでは、プラスチックのワイングラスを販売していました。
さすが。
紙コップなどで飲みたくないですからね。もちろん購入しました。

そして、海の見える外席で、あいているテーブル探しです。
来たときにはそれほど混んでいなかったのに、もうほとんど満席。
一人で食事をしていて、もう食べ終わりそうな中国人の人に相席をお願いし、
無事に席を確保。

さて、いただいた朝食はこちらです。

いやー。値段は覚えていませんが、本当に安くて、新鮮で、おいしい。
お小遣いみたいな金額で、こんな優雅な朝食が召し上がれるなんて、
レストランいらないじゃん。という感じでした。

早速「シドニーに住んでたら、毎週末ランチ食べにくるね」
と二人で確認しあったのでした。
そして、ホテルは朝食付きなのですが、
どうせブッフェだし、3日間も同じもの食べて飽きちゃいそうだったら、
帰る前にまた来ようね。ということになりました。

さて、時計はもう11時。
この後のランチは14時からの予定です。
頑張っておなかを減らさなければ。
です。

次のランチは、Paddingtonというところにある「Wasavie」というレストランです。
かの有名な「YOSHII」の吉井さんがプロデュースされていらっしゃると聞いて、
行ってみることにしました。
日曜日のランチをやっている店もあまりなかったので、ここは一番に日程が決まりました。
行ったことのある人の話では、住宅街のど真ん中に突然カフェが集まったところが現れて、
その中の一軒だそうで、見た目はまったく和食レストランには見えないのだとか。

現在地からPaddingtonまでどうやって移動しようかと考えていましたが、
まずはフィッシュマーケットからDarling Harborまで歩いて移動し、
そこからフェリーに乗ってCircular Quayまでいって、
そこからバスでPaddingtonまで行くことにしました。

移動中のフェリーからの景色

到着したサーキュラーキーには、2011年にNZで行われるラグビーワールドカップの宣伝?みたいのがあり、
ちょっと嬉しくなりました。

 

シドニーグルメ旅行② 1日目 昼食 Wasavie

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA