(つづき)

SAKE JELLY BAR COD
seared bar cod sake & plum jelly, sheer konbu

これは見た目かなり鮮やかですね。

赤い皿など、よう使いません。
これ、梅酒ゼリーの中にタラが浮かんでいるんですけど、その上にかぶせてある昆布が絶妙。
この昆布をめくるとこんな感じ。

味は特筆すべきことはなく、ただ「おいしい」でしたが、このプレゼンテーションは斬新で、
昆布使いは、料理への決め細やかな工夫を感じさせます。

TUNA CREATION
tuna five ways, with five different condiment

これは、Ocean Room の売りの1つでもあるのですが、
サイコロ状のマグロを、5種類の方法で調理してあり、
その上に5種類の薬味が載っていて、
その手前には5種類のシーズニングがあり、
マグロ1つで様々な味が楽しめます。
趣向は非常に面白く、これまた斬新。
そして、見た目も美しく、ただ食べるのではなく楽しませるという点では、まさにエンターテイナーです。
でも、味は普通でした。
というのも、特に生マグロに関しては、薬味とシーズニングだけでは、ちょっと味が物足りない感じだったのです。
たとえば、シーズニングが醤油のような液状のものであれば、たっぷりとつけられますが、
塩ではどうにも生マグロの生が勝ってしまい、
うまく生マグロの味とマッチングすることができなかったのです。
私がもしかしたら、濃い味好きなだけで、薄味好きな方には丁度いいかもしれませんが。。。

ちなみに、この5種類のマグロを紹介すると、
左から、

Oil Blanched — fresh ginger & corriander with Chilli Salt
Fresh Raw — wasabi & lemon zest with Soy Salt light
Seared — five peppers & salmon roe with Soy salt 3 years aged
Fresh Row — jalapeno & yuzu zest with Black Salt
Marinated — fried garlic & fresh chilli with Truffles Salt

これは、真ん中のまぐろで、
「まわりを軽くあぶったまぐろ」に、薬味が「五香粉とイクラ」、シーズニングが「3年熟成の醤油塩」でした。

SAIKYO MISO COD
sweet miso marinated cod fillet with ginger scented risotto

PRAWN SIZZLE
pan seared green king prawn with coriander citrus sauce

またもや2コース1皿盛りでした。
でも、今度は一人前です。
シーフード同士だし、味も見た目も邪魔しあわないので、OKです。

鱈の西京焼き。私の大好物です。実は、昨日の東でもでてきました。
量もお味もちょうどよく、おいしくいただきました。

エビもおいしかったですよー。
私の大好きなコリアンダーの風味がちょうどよい感じで効いていて、
この2品盛りの皿は、私の中でナンバー1でした。

SANSHO PEPPER BEEF STEAK
grain fed rib eye steak with sansho peppercorn jus

山椒ソースのステーキ。和牛じゃなくても十分おいしい。
昨日の東のランチの和牛よりも大分おいしかったですよ。
やっぱり、肉って、いい肉を使うことももちろん大事だけど、焼き方が一番大事ですよね。

SUSHI COLLECTION – THREE
chef’s daily recommendation three nigiri sushi

握りずし。しゃりが小ぶりで、ぺろっと頂いてしまいました。
うーん。おいしい!
しゃりが大きい寿司はあまり好きではないので、私好みでした。

シドニーグルメ旅行⑦ 2日目 ディナー Ocean Room ④

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA