今日は、賃貸物件を見に行ってきました。
お店から徒歩3分。
この前見に行った売り物件と同じ通りにあって、
今日の賃貸はその通りの入り口に位置していて、
売り物件は、同じ通りの、一番奥。
つまり、今日見に行った賃貸物件の方が、お店に100Mほど近い。
そして、こちらも北向きの日当たり最高の物件で、さらに、最上階(といっても4階だけど)。

しかも、売り物件を見に行ったとき、
「あのアパートいいよね。広そうだし、同じく日当たりもよさそうだし。
あそこ売りに出ないかね。」と言っていたアパートなのです。
なので、今回は、賃貸だけれど、ちょうど「いいよね」と言っていたアパートだったので、
「とりあえず、ちょっと見に行ってみよう」となったのです。

まず、こちらの賃貸物件は2BDR。
なので間取りにも余裕があって、さらにリビングが広い。
そして、リビングが広い分、部屋の幅も広いので、その分バルコニーも広い。
バルコニーから下の階を覗いてみると、見事な家庭菜園。
これだけ広くて日当たり良かったら、確かに家庭菜園には最高です。

家賃は、今よりも安いけど、部屋の数がひとつ少なくなります。
今のアパートは3BDRなので、常に、TATSUMIのスタッフの誰かがフラットメイトとして住んでいます。
そのおかげで、家賃は高いけど、助かってます。
でも、今度2BDRになったら、二人で住むことになるので、家賃は全額自己負担。
となると、結果、家賃は今よりも高くなります。

場所もいい。広い。きれい。日当たりもいい。騒音もない。最上階。
いいことだらけですけど、家賃は今までよりも$100くらい高くなる。
そしてなにより、「家賃が高いから家を買ってしまおう!」という話をしていたばかりなのに、
それと並行して探していた賃貸物件に、今よりも家賃が高いのに引っ越してしまったら、
なんだか本末転倒です。

今日、会計士の方と銀行に直接話をしてもらい、どうも銀行からお金を借りられることになりました。
まだ、審査書類をだしたところなので、はっきりとはわかりませんが、
「頭金50%」という条件は大丈夫だったようです。

あの家を買えば、高額家賃からは解放され、そのかわりにローンの支払いが始まります。
いつかは自分の家になります。
そして、場所もいいし、部屋もいいので、いらなくなったら人に貸したり売ったりも簡単にできます。

だけど、あの部屋の弱点は、「とにかく狭い」ということ。
なにしろ、「小さすぎる」という理由から、銀行から頭金50%の条件を付けられてしまうほどですから。
なので、場所もいいし、日当たりもいいけれど、あそこは本当に「寝に帰る」だけの家となるでしょう。
生活できるだけの広さがありません。
どうせ、実際の私たちの生活は、家には寝に帰るだけなので、それでいいんですが、
もし、今日見に行った部屋を借りたら、「生活する」のに十分に足る暮らしができるでしょう。

今日見に行ったあの家が売りに出ていたらよかったのに!!!
高いでしょうが、それでも、買う価値のある家です。
賃貸なら、あそこに住める。店にも近い。日当たりもいい。リビングも広い。
でも購入となったら、あの狭い部屋。

あれだけ狭いところに移るとなると、家具の処分も含め、いろいろ勇気がいります。
でも、今日見た賃貸なら、家具もほとんど全部もっていけるでしょう。
なによりも、地下駐車場には倉庫もあります。

家具を処分してでも小さいながら家を購入して自分の財産とするか、
今まで通り、賃貸だけど、ちょっと優雅な雰囲気の暮らしを続けるか、
本当に悩みます。

「今日の家、見なきゃよかったね。。。」
と後悔。

今日の家を見に行ってなかったら、ローンが組めるとわかった時点で、
すぐに売り物件の契約の話を迷わず進めたことでしょう。

不動産屋さんには、「ちょっと考えさせて」と言いましたが、
考えている間に、売り物件も、賃貸物件も、両方なくなってしまうかもしれません。
私がもっと裕福だったら、あの小さいマンションは投資用に購入し、
自分たちは、今日見たあの賃貸物件で暮らすのに。

人生って、思うようにはなかなか行かないもんですね。。。

もうしばらく悩んでみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA