母の70歳の誕生日


今週、母の誕生日でした。
もう70歳です。

実家は商売をしているので、65歳でやめるといっていたのに、65歳を過ぎると70歳までとなり、
70歳を過ぎると75歳までとなり、いったいいつまで働くのか。
まあとにかく、70歳っていったら、もうおばあちゃんの年齢ですよ。
元気に働いてくれるのはいいことですが、やっぱり心配でもあります。

母は、70歳で退職したら、ハワイでのんびり過ごしたいと計画していました。
昔からハワイが好きなのです。

思い起こせば、両親の結婚25周年だか30周年だかのとき、
姉が計画して、私と姉の二人で、両親にハワイ旅行をプレゼントしたのです。
当時、英語がまったくできなかった両親のために、
日本語オンリーで旅が楽しめるように手配をしました。
その時の旅行が、本当に楽しかったようで、
その数年後、今度は家族でハワイへ旅行に行きました。

テニスが好きな両親は、ハワイのテニスコートで現地のご夫婦と友達になり、
家へ招かれたりしたのですが、誰一人英語が喋れません。
まったく言葉の通じない中、友達になり、家にまで招待してもらって、一緒にご飯まで食べてしまうなんて、
信じられませんが、なんだか海外らしいエピソードですね。

それ以来、母は、週一回の趣味程度とはいえ、英会話に通い始めました。
それから20年たった今でも、英会話に通い続けています。
どれだけ英語が伸びたのかと言えばそれは分かりませんが、
楽しく続けられることが一番だと思います。

そして、70歳にはハワイで半年くらい長期滞在してみたいと夢見ていた母も、
いまだその夢かなわず、父と二人で働いています。

そこで、私は、70歳の誕生日に、なにか「ハワイ」を思い起こさせるものを贈りたいと思ったのです。

早速「楽天」で検索してみると、「ハワイ」のキーワードで出てくる商品は、
コーヒー豆とウクレレのCDばかり。
もっとギフトっぽいものがいいんですけど。。。

その中で、やっと見つけたのが、「リース専門店」の商品。
この会社は、ドライフラワーや、プリザーブドフラワを使ったリースを作っていて、
その中に「プルメリアのプリザーブドフラワーリース」を見つけたのです。
プルメリアといえば、ハワイを代表する花のひとつ。
その商品サンプルがこちら。

このお店では、他にも、貝殻で作ったリースも販売していたので、
プルメリアのリースに、貝殻をアレンジして、よりハワイの海を連想させるようなリースが作れないか、
聞いてみました。
貝殻のリースはこちら。

リースは、オーダーメイドでも作成可能ということで、早速依頼することに。
元になるプルメリアのリースに、貝殻をあしらったものを作っていただき、
まずは仮止めをしたサンプル画像が送られてきました。
それがこちら。

本当は、ハイビスカスとか入っていたら、もっとハワイっぽいのかもしれないけど、
このプルメリアのリースも清楚な感じがして素敵です。
造花ではなくて、プリザーブドフラワーってのも、本物みたいでいいですね。

もし、クライストチャーチの地震がなければ、OPENしてから3年は苦労の年で、
やっと4年目から貯蓄ができる予定でいました。
そして、当初の予定であれば、5年目に、その貯蓄で、わたしの両親と、ダンナの両親をNZに招待して、
一緒に旅行をする計画をたてていました。
それが、またイチからのスタートです。
これからまた3年苦労して、やっと貯蓄できるようになったころに、
まだ二人の両親が海外旅行を楽しめるほど健康かどうかすら分かりません。
やっと親孝行がができると思っていたのに、
今は、こうやって、誕生日にプレゼントを贈ることくらいしかできません。

NZは飛行機代も高いし、飛行時間も長いから、
せめてハワイ旅行でもプレゼントできたらいいんですけどね。
どうせ行くなら、一緒に行って、いろいろ親孝行したいと思うのです。
今度日本に帰る時には、ハワイ経由にして、現地で両親と落ち合うというのもいいかもしれません。

もちろん、今はお店を閉めてどこかへ行くような余裕はまったくありませんので、
来年は無理でも、せめて再来年くらいに実行できたらいいな。と思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA