初めての、Teeth Whitening 体験


実は、私はタバコも吸わないし、コーヒーも飲まないのに、歯が黄ばんでいるのです。
それが、昔からずーーーーっと気になっていました。
もちろん、自分が気になる程度で、人に指摘されたこともないし。
人に言っても「そお?」程度の反応ですので、思っているほどひどくないのかもしれません。

でも、実は、私は前歯が2本差し歯なのですが、
この差し歯を作る時、まわりの歯の色にあわせるじゃないですか。
それで、医師が、歯科技工士に「この色でお願いします」と頼んだとき、
私の顔を見て「ちょっと黄色すぎませんか?」と言ったのです。
きっと、年の割に黄色すぎるんじゃないかと思ったに違いありません。
そして、私は「やっぱり私の歯は普通の人より黄色いんだ」と、
ショックを受けたのです。

そして、ホワイトニング効果のある、ちょっと高い歯磨き粉なんて使ってみたりとかしたけれど、
全然効果なんて感じません。

そんなときに、例の「GrabOne」で、「歯のホワイトニング$300が$150!」っていうのを見つけたのです。
歯のホワイトニングが高いのは知っていましたので、
自分で歯磨き粉を買うくらいのことはしますが、高いお金をかけてホワイトニングをすることまでは、
正直考えたことがありませんでした。
でも、「半額なら、やってみようかな。。。」と、ちょっと心が動いたのです。

ホワイトニングにもいろいろあるようなのですが、今回半額で出ていたのは「LED照射によるホワイトニング」
日本のウェブサイトで、いろいろ調べてみると、
「LEDによる歯のホワイトニング」は、刺激が少なく、知覚過敏の人に向いているそうです。
そして、 ライトを照射するだけなので、上下6本ずつ、12本の歯を一度にホワイトニングできて、
歯への負担も少なくて安全なんだとか。
歯のホワイトニングが初めての私には、なんだか安心して受診できそうな感じがしてきました。

そして、クーポンを購入し、早速、週末に、ホワイトニングをしに行ってきました!

まず、私にとって重要な条件は、「家の近くであること」
前にもここで触れましたが、私は車を運転しないので、徒歩圏内で一人で歩いていけなければ、
ダンナに送迎をお願いしなければならないのです。
幸い、家から徒歩5分程度の、とっても近い場所にありました。
ほんと、Newmarketって、なんでもあって、超便利です。

ホワイトニングを始める前に、問診票みたいのを書きました。
診察台に、LED照射マシーンに、なんだかドキドキします。

最初に、自分の歯が、どの色のグレードなのかを見ます。
歯の形をした色の見本で、色を合わせます。
だいたい、8~12段階、色が明るくなるんだとか。

まずは、唇にクリームを塗ってから、口を「イー」とした状態を保つための器具を装着。
歯と歯茎にも、なんかクリームみたいのを塗って、開始です。
まずは20分。途中で様子を見てから、あともう20分。
これが、歯にしみるような傷みを感じる人もいるんだそうで、
私は無痛だったので、よかったです。

さて、40分たって、うがいして、歯が何段階白くなったか見本と照らし合わせてみてみると、
なんと、14段階も白くなったのです!

でも、正直、鏡を見ても「あっ」と驚くほどは白くなっていませんでした。
なんとなーく白くなった感じがする程度。
まあでも、あんまり真っ白になるのも気持ち悪いなと思っていたので、ちょうどよかったです。

それよりもなによりも、一番うれしかったのが、
前からずっと気になっていた、前歯の隣にある歯に入っていた茶色に縦の線がなくなっていたこと。
この歯には、縦にちょっと段差がある筋があり、そこが茶色くなっていたのです。
日本の歯科医に行ったときに、歯石除去をしてもらってもとれなかったものでした。
それが、鏡を見たら、茶色の縦の線がなくなっているじゃありませんか!
それだけでも、行ってよかった。

前歯は差し歯なので、色は変わりませんが、
ダンナには、全部の歯の色が、差し歯と同じ色で均一になった。と言われました。
でも、この差し歯こそ「こんなに黄色くていいんですか?」と言われた差し歯。
それに合わせて色が均一になったことが、果たして嬉しいのかどうかは微妙ですが、
少なくとも、その黄色い差し歯よりも黄色くなっていたまわりの歯が、差し歯と同じ色になったのですから、
喜んでおきましょう。

まあ、劇的な白さは感じませんが、私的には満足な結果です。

でも、実は、家に帰ってから、なんだか歯が痛み始めたのです。
なんていうんですか、冷たいものが歯にしみる感じの痛さです。
しかも、一部の歯ではなく、全体的に。
我慢できないほどの痛みではありませんでしたが、不快なのでバファリンを飲みました。
神経にさわる感じの痛みなのです。
でも、バファリンの効果もあまりなく、痛みは寝るまで続きました。
「あー、これが治療の後遺症か。。。けっこうしんどいなぁ」と思い床に就きました。

翌朝起きると、痛みは消えていて、気分爽快。
一日で痛みが消えて本当によかったです。

治療から48時間は、色の濃いものは口にしないように言われました。
赤ワイン、コーヒー、カレー、ベリーなど。
衣服についてシミが落ちない食べ物はダメだと言われました。
歯に色が沈着するのも、衣服にシミがつくのと同じなのだそうです。
へーーーー。
って感じでした。

この白さ(?)がどれだけ保てるのかは分かりませんが、
前歯の隣の歯の、茶色い縦の線を目安に、また行ってみようと思います。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA