このあとは、2時に焼肉。
まだ少し時間があるので、小腹をすかせるために、ちょっと紀伊国屋へ。
シドニーに行ったら、紀伊国屋は欠かせません。
しょっちゅう日本に帰れるならいいけど、AMAZONで買ったり、KINDLEで読んだりするのとは違って、
こうやって手に取って本を選べるのって、やっぱいいですよねー。
今回は写真集を2冊購入。

そして、紀伊国屋の隣は回転ずしがあるのですが、なにがすごいって、そこの壁がすごい!
全面タイル貼りで、まるで銭湯のよう。
そしてリアル!かっこいーなー!

そして、いざ2軒目の目的地「れんが家」へ!
この店は和牛の焼肉を食べさせてくれる店なのですが、
なにしろ高いんですよ。
なんで、今回はランチタイムにしたのです。
実は、ケアンズに行った時も、ここの系列の店「こうや」で毎晩焼肉を食べていました。
そのくらい、NZには「日本みたいな焼肉屋」がないってことです。
ランチでは、好きな肉を3種類選べて、ご飯とみそ汁とサラダがついて$26.9!
安い!オークランドにあったら毎週末食べにいっちゃうね。
でも、ランチの肉は、夜の肉とは種類が違うので、
単品で牛刺しと和牛ハラミを注文。

最初にランチで選んだ肉を食べ、
「なんだよー。ランチでも十分いい肉じゃん。マジ美味い!」なんて言ってたら、
そのあとに出てきた和牛ハラミったら、こんなんですよ!
参りました!

店内を見渡すと、右も左も、お金持ちそうなビジネスマンだらけ。
スーツ着て、スパークリングウォーター飲んで、めちゃくちゃ上客な感じです。

焼肉でおなかいっぱいになった私たちは、いったんホテルに戻って休憩。
次は17時に「鼎泰豊」で小龍包です!
この店は台湾に本店がある有名店ですが、
実は日本にも支店がたくさんあって、その中のひとつに、前回日本帰国したとき行ったのです。
偶然だったのですが、美味しかったんです。
それで、今回もシドニーで美味しい小龍包を調べていた時に、
この店にあたり、本当に驚きました。
日本に帰っても、シドニーに行っても、美味しい小龍包は同じ店だったというわけです。

さて、17時OPENの鼎泰豊ですが、店についたのは17時半。
もうすでに満席で、相席なら席がとれるということで、相席で入店することにしました。
というのも、このあと20時に次の店に行くので、ここで遅れを取るわけには行かないのです。

注文するものはもう決めていましたので、席についてすぐ注文。

やっぱりおいしーい!
でもね、やっぱりね、私にはクライストチャーチのZESTの小龍包が世界一だ!
このまえクライストチャーチへ帰った時も、この店だけは外しませんでした。
そして、噂の担担麺。
美味しいんだけど、行きつけの「麻辣誘惑」の$2の担担麺の方が美味しいかも。。。
とはいえ、十分満足に美味しいお味でした。
滞在日数がもうちょっと長ければ、リピートしたこと間違いなし!
次は、一風堂のあるフードコードの方の店でもいいかも。

次は、ROCKSにある「SAKE Restaurant」です。
オークランドでいう「EBISU」みたいな感じの、まったく和を感じさせない居酒屋です。
やっぱりTATSUMIの料理の参考にするには、純和風の店ではなく、こういうモダンジャパニーズの店なのです。

偶然ですが、この時期、シドニーでは「VIVID」という光の祭典が開催されていて、
オペラハウスや、ターミナルビルにイルミネーションが映し出されていて、とてもきれいでした。
ちなみにこれは、工事現場の三角コーンを使ったオブジェ。

そんなのを鑑賞しながら、ROCKSの「SAKE Restaurant」に到着したのは、予定通り8時。

ところが!月曜日の夜だっていうのに、満席だって!
えーーーーー!って感じですよ。
しかも45分待ちとのこと。
今日はただでも長い一日なのに、ここで45分待ちはつらい。。。
だけど、今日しか来れる時がないので、待つことに。
幸いウェイティングバーがあいていたので、そこでカクテルを飲みながら席が空くのを待つことにしました。

予定通り、45分待って案内されたのはカウンター席。
キッチンがよく見えます。
お客様は白人系ばかりで、月曜日こんな時間にこれだけの人が飲んでいることに驚きました。
スタッフも、キッチンはともかくとして、ホールには日本人は誰もいませんでした。

注文した、「アラスカ蟹のサラダ」$38もするんですよ。
居酒屋の値段ではありませんよね。
すごいなシドニー。バブルだ。

そして和牛のタルタル

 

シドニーグルメ旅行2日目(日本そば→ラーメン→超高級有名店)④

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA