「MASU by Nic WATT」に行ってきました!(前編)


先日、Skycityに新しくできた「The Sugar Club」に行ってきたばかりですが、
このたび、またもやSkycityに新しいレストランができてしまいました。
しかも、「炉端焼き」ですよ。
高級ホテルにどうゆうこっちゃ?ってかんじですが、
まあ、普通の炉端焼きではなく、ロンドンで有名な、「Roka」とか「Zuma」とかでシェフをしていた方のお店で、
いわゆる、海外ならではの、高級モダン和食を食べられるお店なわけです。

それにしても、最近、こういうお店、はやってますよ。(多分)
オーストラリアには、こういう「高級モダン居酒屋」が結構たくさんあって、
私たちも、シドニーに行くたびに訪れますが、
お値段は高級、そして店の内装は全然和食っぽくなくて、かっこいいモダンスタイル。
そして、料理のプレゼンテーションもよく、味も悪くない。
いや、むしろ、普通の安い和食屋よりレベルの高い料理も数多くあったりします。
ある時から、私たちも、シドニーに行ったら、和食屋ではなく、こういった店に行くようになりました。
それは、私たちにとって、そっちの方が「勉強になる」ことが多いからです。

もちろん、そういう種類の店は、クライストチャーチには全然なかったですが、
オークランドにはありました。
その先駆けは「EBISU」でしょうか。
「え?どこが居酒屋?」というおしゃれな店。

和の雰囲気なんてどこにもない。
でも、メニューだけみると居酒屋風で、料理はモダン和食。
値段はもちろん高いですが、味は悪くない。
今までも、何度も行ってます。

そんな中、NZのモダン和食の先駆けだった「SOTO」が、改装して、
モダン居酒屋になっちゃいました。
この方向転換の速さ、さすがです。
私たちがクライストチャーチにいた頃は「SOTO」を目指していました。
クライストチャーチには、モダンジャパニーズはうちしかなかったから、
オークランドで一世を風靡した「SOTO」は、目標でもありました。

そして、つい先日、CITYにOPENした「Everybody’s IZAKAYA」
名前からして居酒屋だし、メニューも居酒屋ですが、
こちらは有名ニュージーランド人シェフNick Honeymanさんが出店した、高級モダン居酒屋。
行きたいんですが、営業時間的に無理!
とっても残念です。

(箸の向きが逆なのが気になる)

で、今回私たちが訪れた「MASU」は、Skycity Grand Hotel の中にOPENした、
「モダン炉端焼き居酒屋」というわけです。
こちらはイギリスから凱旋帰国した、Nick Wattさんの店です。

どの店もそうですが、いわゆる日本の居酒屋に行っている客層を狙ってません。
値段や内装や料理を見ればわかります。
なので、「居酒屋」ではなく「Izakaya」なんですが、
Izakayaを知らないお客様たちのために、メニューの冒頭で説明しています。
「小さいお皿を何皿か注文して、みんなでシェアしてね。」って。
そういう食べ方をするのって、飲茶くらいですよね。

なんて言ったらいいかわかりませんが、
高級だけど、カジュアルっていうんですかね?
まあ、「居酒屋」とは違うことだけは間違いありません。

いつもなら、ここで、食べた料理の写真を並べて終わりなんですが、
今回は、まだ書きたいことがたくさんあるので、
料理についてはまた次回。

オークランドの「モダンジャパニーズ事情」について書いていたら、
長くなりすぎちゃいました。。。

(つづく)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA