お正月の旅行計画③(宿泊先選び)


さて、3泊4日でネルソンへ行くことが決まりましたので、早速宿の手配をすることにしました。

飛行機はネルソンへ飛ぶけれど、最大の目的は「ププスプリングス」
そして、もちろん、「エイベルタスマン」

初日は、ネルソン空港に到着するのが18時なので、
その日はネルソンに一泊して、翌日からエイベルタスマン方面へ向かうか、
それとも、初日にエイベルタスマン方面へ行ってしまって、最終日にネルソンに戻るか、
まずはどっちのプランにするか決めなくてはいけません。

この3か所の位置関係というか、距離がどのくらいあるか調べたところ、

ネルソン→カイテリテリ (エイベルタスマンへ行く拠点となる町)
1時間

カイテリテリ→タカカ (ププスプリングスへ行く拠点となる町)
1時間

エイベルタスマンへ行くツアーに参加するとなると、朝早く、夕方に戻る感じになるので、
このプランは、到着した翌日に持ってくる必要があります。

ということは、ネルソン到着した翌朝はエイベルタスマンへ行くことになるので、
初日は、ネルソン泊ではなく、カイテリテリ方面の宿にした方が無難。ということになりました。
早朝から1時間も、集合場所まで行くのに車を走らせるのは大変ですからね。

そこで、宿泊プランは、以下のように決定しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
18:00 ネルソン空港着

カイテリテリ方面の宿にチェックイン

2日目 朝からエイベルタスマンへ行くツアーへ参加。

昨日と同じカイテリテリ近くの宿泊

3日目 朝からタカカ方面へ車を走らせ、ププスプリングスへ。

その後、ネルソンへ向かい、ネルソン観光

レンタカーを返却し、ネルソン泊

4日目 バスでピクトンへ向かい、フェリーでウェリントンへ!

22:20 の飛行機でオークランドへ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というわけで、最終日にネルソン泊なことを先に決定し、宿探し。
レンタカーの返却場所にも近く、翌日のバス乗り場にも近い宿を探します。

条件は「バスタブがある宿!」ただそれだけ。

3日間の旅の疲れを癒すには、最終日くらいお風呂に入りたいじゃないですか!

上手い具合に、レンタカーの返却場所にも近く、翌日のバス乗り場にも近く、バスタブがある宿を3軒見つけ、
値段や場所などを考慮し、そのうちの一軒を予約しました。

ここまでは簡単でした。ネルソンは、宿も結構たくさんあるし。

しかーし、ここからです。

正月休みにエイベルタスマンを訪れるのは、NZ国内の人ばかりではありません。
世界からツーリストが集まります。
カイテリテリ方面の宿は、すでに満室のところだらけ。
そもそも、みなそんなに大きい宿ではなく、2部屋~10部屋くらいのところなので、すぐにいっぱいになってしまうのです。
特に、「海に面している宿」「海が見える部屋」など、どこもかしかもいっぱいでした。

そこで、宿を探して空き室状況を調べるのではなく、
宿泊したい日が空いている宿をピックアップして、その中から選ぶという方法を取ることにしました。
ホテルブッキングサイトに登録している宿だけでは、空いているのは2軒しかありませんでした。
そこで、カイテリテリ付近の宿のリストから、一軒一軒それぞれの宿のウェブサイトへ行き、空き室状況を確認するという、
途方もない作業に取り掛かったのです。
毎晩仕事のあと、夜中の0時から3時くらいまで、この作業が続きました。
オンラインですぐにその場で空き状況が分かるところもあれば、メールで問い合わせなければいけないところもあり、
20数件、そんな風にして、空き状況を確認した結果、6軒の宿で空き室がありました。

2軒は、カイテリテリとネルソンの間に位置する宿
2軒は、ププスプリングスがあるタカカ方面の宿
2軒は、エイベルタスマンがあるカイテリテリ方面の宿でした。

まずは場所をどうするか決めます。

カイテリテリとネルソンの間に位置する宿は、初日は空港からの移動距離が短くて楽ですが、
最終日、ププスプリングスまで1時間半くらいかかってしまいます。

タカカにある宿は、最終日はププスプリングスまで近いですが、
初日空港から2時間も走らないといけません。

というわけで、結局、カイテリテリにある宿2軒のうちどちらかかから選ぶことになりました。

残念ながら、どちらの宿も「オーシャンビュー」の部屋は埋まっていて、
しかも、バスタブがついている部屋も埋まっていました。
つまり、マウンテンビューで、シャワーしかないのです。

まあ、でも、エイベルタスマンへ行くツアーの出発地点まで車で10~15分くらいの距離ですし、
部屋からは海が見えなくても、高台なので宿からは海も見えるし、
どちらの宿も最後の一部屋で、しかも、値段もそれほど変わりませんでしたので、綺麗な方の宿にすることにしました。
写真を見ると、丘の上の一軒家みたいなところなので、静かに過ごす休暇にもってこいだと思いました。

ちなみに、その写真とはこれ。

お部屋は3つしかない、こじんまりとしたお宿です。
この写真に海は見えていませんが、反対側が海なので、
宿自体からは海を臨むことができます。

オーナー夫妻は、スコットランド系移民だそうで、建物もちょっとお城のイメージですね。

てなわけで、さすがエイベルタスマン。まだ2か月もあるというのに、宿は全然空いておらず、
やっと見つけた2軒のうち1軒を、なんとか無事に予約できました。

飛行機OK
フェリーOK
レンタカーOK
宿OK

お次は、エイベルタスマン行きのツアーをどれにするかっていう難関が待ち受けています。
たったの一日の滞在で、もっともエイベルタスマンを満喫するツアーに参加したい!

私のエイベルタスマンツアー探しが始まったのです。

つづく

お正月の旅行計画④(エイベルタスマンツアー)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA