初日の出を見に行って、家に帰ってきて、紅白観戦の後片付けをして、シャワーを浴びて、
もうバタンキューですよ。
朝の7時半。
出発の飛行機は16時半ですから、昼の12時までは寝れる。

さて、行く準備をして、シャトルを呼んで、いざ空港へ。
今回は、温かいところへ行くので荷物は少ない予定だったのですが、
海用、町歩き用、お食事用と、3種類の服が必要だったので、それにあわせて靴も3足。
ダンナと私の二人分ともなると、意外にスーツケースがいっぱいになりました。

ネルソン行きの飛行機は、いつものゲートと違うところでした。
しかも、驚いたことに、手荷物検査がない!
チェックインしたあと、そのままボーディングでした。
ネルソン行きの飛行機が小型機だからでしょうか?

さて、その飛行機なんですが、プロペラ機だったんですよ。

えー、なんか、プロペラの飛行機のるの久しぶりなんですけど。。。
私たちの席は13列目だったのですが、まさかの一番うしろでした。
つまり、13列しかない小さい飛行機だったのです。
何人以下なら手荷物検査いらないとかあるんですかね。

そして、スチュワーデスさんは一人。
驚いたことに、機内の安全説明もありませんでした。

え?あった?
いや、なかったと思う。(自信がない)
頭上にTVついてなかったし。

発進した飛行機は、プロペラの音がすさまじく、
隣のダンナの声も聞こえないくらい。
なんかすごいアナログだな~。
と思って、席にある「機内安全説明」に目をやると、
こんな絵が。。。

どうも、救命ジャケットみたいなのはついていないようで、
万が一の時は、椅子の座席をはがして、
図のように抱えて海に飛び込むようです。

へ~。
初めて見た。
何もないことを祈る。

さすが、小さい飛行機は、預けた荷物もベルトで流れてくるんではなく、
空港の玄関に直接荷台ごと並べられてました。
でも、なんかこういうの、NZらしくて好きだな。

さて、空港に着いたのはもう6時PMだったのですが、
カイテリテリ方面の宿に宿泊するので、ネルソンへは最終日まで戻ってきません。
天気予報も毎日雨のようですので、もし天気が悪くなければ、ちょっと街を散策しようと思っていました。

とりあえずレンタカーを借りて、町へ向かいました。

幸い、ちょうど雨があがったばかりのようでしたので、
晴天ではないけれど、とりあえず、クライストチャーチカセドラルへ。
すごい名前ですよね。クライストチャーチカセドラルって。ネルソンなのに。

ろうそくを納めるところがあったので、奇しくも同じ名前のクライストチャーチカセドラルのことを思い、
復興への祈りを捧げました。

このあと、ネルソンの街をぶらぶらしてみたのですが、
もう6時を過ぎているのでお店はみんな閉まっていました。
教会の近くにレストランが数件固まっていて、その中の一つが、
最終日に私たちがすでに予約している「Hopgood’s」
その2軒隣には、第二候補であった「Ford’s」がありました。
時間はもう7時半。
ここから宿まで車で一時間ちょっとあるので、ささっとごはんを食べて宿に向かう予定でしたが、
「Ford’s」のメニューを見たら、食べたいものがあったので、
初日から、しっかりディナーを食べることとなりました。

「Ford’s」については、後日「Hopgood’s」に行ったときのことと合わせて、
また書きたいと思います。

それにしても、ネルソン寒いんですよ。
サニーネルソンなはずなのに!
雨降ったからって、こんなに寒いなんて!
結構、町行く人、ダウンジャケットとか着てるし。。。
ちなみに、私たちは、半そでしか持ってきてないという、最悪なパターン。
「ネルソンは暖かい」というイメージから、
サマードレスにサンダルとか、半袖しか持ってきていないのです。
完全なる誤算です。
なんていう準備不足なんだ。

クライストチャーチからネルソンに行くと、いつもあったかかったんですよ。
ところが、オークランドからネルソンに来ると、どうも寒いらしい。
そりゃそうだよね。地図みたら、分かるよね。オークランドの方が上なんだから。
ネルソンはオークランドよりも暖かいと、勝手に信じて疑わなかったのが、私たちの敗因でした。
ネルソンが南島であるということを、すっかり忘れていたのです。
そりゃ、南島の中では一番暖かい場所なんでしょうが、北島よりは寒かったわけです。

明日は海なのに!どうしよう!
もう長袖のウィンドブレーカーやフリースを買いに行く時間もない。。。。
係りの人が上着を貸してくれたりするだろうか。。。

一抹の不安をかかえながら、宿へ向かい、到着したのが22時。
もう真っ暗でした。

なんとか雨には降られずに済みましたが、
翌日の天気予報は、曇り。ときどき雨。
3日目は雨。4日目も雨。
こりゃ、晴れたら奇跡というかんじの天気予報です。

エイベルタズマンは快晴じゃなければ美しさ半減です。
ましてや、世界一の透明度を誇るププスプリングスなど、雨だったら行く意味なし。

天気ひとつで、ほんと、旅行って左右されますよね。
とにかく、晴れなくてもいいから、雨だけは降らないでおくれ。

と、祈るしかないのでした。

(つづく)

いざ!エイベルタズマンへ!⑦(1月2日)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA