差し歯が危ない


私、前歯が二本差し歯なんですよ。
高校生の時、歩きながら缶ジュースを飲んでたら、
歩道と車道の段差を落ちて、ほんの10cmくらいだと思うんですが、
それでも、缶が前歯にガツンとあたった訳ですね。

で、元々虫歯で治療が必要だった前歯二本は、あえなく折れてしまい、
それ以来、差し歯な訳です。

この差し歯、寿命は10年らしいのですが、
18歳の時に作った差し歯。
親には「10年後は、自分で払いなさいよ!」ときつく言われました。
そうですよね。28歳って、もう自立しているじゃないですか。あたりまえです。

それが、29歳で、前歯そのままにしてワーホリに旅立った私は、
30歳で日本に戻った時、当然お金がない。
で、親も「これが最後よ。次は自分で払いなさいよ!」といって、
その時も援助してくれたのです。
親って、本当にありがたい。。。

そして、それから11年。差し歯の寿命がまた近づいてきているのです!
なぜ差し歯の寿命が10年なのかは分からないんですが、
ここのところ、前歯の調子が悪いんですよ。
なんか違和感があるっていうか、取れそう。。。

実は、5年前にも取れたことあるんですよ。
フルーツを丸かじり(これ、禁止されてる)をした日の夜、
シャワーを浴びていたら、突然取れました。

あの時のことは忘れられませんね。
前歯のない人間の顔ほど、間抜けなものはこの世にないと確信しました。
ダンナは、涙を流して笑いながら、翌日は腹筋が痛くなったことを私のせいにしていました。

そして、歯医者に取れた差し歯を持って行って、またつけてもらうんですが、
差してあったところをクリーニングして、ボンドみたいのでつけるだけ。

でも、これがね$200ですよ!

ダンナ曰く、この金額は、間抜けの私の顔を見ても、
にやけもせずに、クスリとも笑わずに、真剣な顔をして治療する技術料なんだとか。
そのくらい、笑いをこらえるのは至難の業のようですよ。
ま、自分で鏡見ても笑っちゃいましたからね。

でも、新しい差し歯作るってなったら、この金額の10倍じゃ済まないんで、
シャワーで流れないでよかった。。。

っていうわけでですね、今度こそ、抜けてしまう前に歯医者に行きたいのです。
「抜けそう」っていう今なら、あの恥ずかしい姿を人前にさらさずに済みます。

ちなみに前歯が取れたら、100%店には出れませんね。
来たお客さん、みんな笑っちゃっうんで、人前には出れませんよ。

それで、歯医者に電話したんですよ。
以前銀歯が取れちゃったときに行った歯医者さんが、店の近くにあるのです。
そしたら、予約は2週間先まで取れないっていうんですよ!
前歯が今にも取れそうだっていうのに!
歯医者の予約って、そんなに混んでるんだぁ。
なので、「結構エマージェンシーで、明日にも歯が取れそうなんだけど」っていったら、
朝の8時でいいなら、来週取れる。って。

朝の8時もつらいけど、来週っていうのもだいぶ先。(だって今週始まったばっかりだし)

というわけで、他に近くに歯医者がないか、探してみたんですよ。

「Newmarket Dentist」で検索したら、結構でてきたんです。
ところが、1つ1つウェブサイトを見てみると、インプラントの歯医者だったり、
入歯の歯医者だったり、審美歯科だったり、普通の歯医者じゃないみたいなんです。

NZって、医者でも、「GP(診療所みたいなかかりつけ医)」と専門医が分かれているから、
歯医者もいろいろあるんでしょうが、普通の歯医者をどうやったら見つけられるのかが分からなくて、
結構難儀しました。
結局、1つだけ一般歯科っぽいのを見つけたんですけど、
なんかもう疲れちゃって、来週まで待って、いつものところに行こうかな。って感じです。

それまで、大事に私の前歯を守っていかねば!です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA