「Angus Steak House」@ CBD


イースターマンデーは、カラオケに、新しいシャワー取り付けに、いろいろ忙しかったですが、
夜は「Angus Steak House」へ行ってきました!

ここ、前から気になってたんですが、結構有名なお店で、
メニューはステーキとサラダバーで$38
ステーキは、いろいろな種類から選べるというお店。

内装は、本当に「ステーキハウス」って感じがして、
なんか日本の、チェーンのステーキハウスを思い出しました。「Vorks」とか。

お客様は中国人だらけでしたよ。
中国人てステーキ好きなのね。

サラダバーは、こんな感じで、なんか私が好きな感じのものがあまりありませんでした。
特に、ドレッシングは、フレンチドレッシング系と、サウザンアイランド系しかなくて、
両方私は好きじゃないので、仕方なく、塩コショウで食べるしかありませんでした。

さて、ステーキですが、ステーキ肉も、種類を選ぶだけでなく、肉自体を選ぶことができます。
っていうか、どれも大きすぎて、完食できる自信がない。。。

そして、この肉を皿に載せて持って行くと焼いてくれる。
この時に、焼き加減を指定するのですが、
大抵、いつもNZは焼きすぎなんですよ。
なので、ダンナは「レア」、私は「ミディアムレア」でお願いしました。

ダンナは、スコッチフィレをチョイス。

そして、焼き上がりはこんな感じ。

私は、アイフィレをチョイスしました。

焼き上がりはこんな感じ。

ほんと、鉄板の上に「肉」だけ。
すごいな。

でも、サラダも好きなだけ食べられて、このサイズのステーキが食べられて、
$38っていうのは、安いのかもしれませんね。

でもね、このサイズの肉をひたすら食べ続けるのって、なんか「疲れた~」ってのが最初の感想。
肉を食べるのって、体力が必要な気がする。。。

それにしても、私の肉、焼き加減はミディアムレアでお願いしたいんですが、
完全にミディアムウェルから、ウェルダンくらいまで火が通ってました。

肉が焼きすぎでパサついていたから、食べ疲れちゃったのかもしれませんね。
うちのダンナなら、間違いなく「焼き直し」をお願いするところですが、
私は、自分の英語の発音が悪くて「ミディアムウェル」と聞き間違えられたのかもしれないと思ったら、
そのまま食べました。
ダンナの「レア」は、「ミディアムレア」くらいの焼き加減で出てきたので、
実際に自分の好みよりも一段回甘い焼き加減で注文したほうが良いかもしれません。

「肉」をガッツリ食べたい時には、オススメです!

そういえば、有名な焼肉店「FARO」のタカプナ店がステーキハウスになったのですが、
そこへ行ったときのことを書いていなかったので、ついでにUPしておきます。
値段も安いし、サラダバーが「ANGUS STEAK HOUSE」よりも種類が豊富。

しかも、+$3くらいで、肉がアンガスビーフにランクアップできる。
それでも「ANGUS STEAK HOUSE」よりも安い。

スコッチフィレがアンガスビーフにグレードアップして$28

アイフィレがアンガスビーフにグレードアップして$31

もしかしたら、少し安い分肉が小さいかもしれないけど、
私には十分でした。
FAROは、サラダだけではなく、韓国のお惣菜系もあるのですが、
手が込んだものはあまりなくて、揚げるだけとか、開けるだけみたいのも多かったけど、
それでも、種類が多いのと、私が食べられるアジア系のドレッシングがあるのも良かったです。

肉はどっちもどっち。
まあ、好みの焼き加減で焼いてもらうだけだからね。
でも、FAROは何種類かあるソースから選べます。
残念ながら、好みのソースはなく、あのチョイスだったら、
「塩コショウ」か「わさび醤油」で食べたかったです。
次回は持参するか??

ステーキは、ダンナの焼くステーキが一番おいしいと、あらためて実感。
本人もそう申しておりました。
まあ、うちの店のビーフステーキは$33だけど、サイズはもっと小さいからね。
いつもこんなステーキばかり食べている人には足りないだろうな。

そうそう、「ANGUS STEAK HOUSE」に行ったのはイースターマンデーで祭日だったので、
サーチャージが15%加算されました!
このNZのシステム、どうにかなりませんかね?

NZは、祭日(つまり普通の人はお休みの日)に働くと、
給料が1.5倍になるんです。
まあもっと詳しく言うと、もっといろいろあるのですが、簡単に言うと1.5倍。
日本のホテルとかレストランとか、年中無休のお店だったら、
シフトを組んで、平日休みの人もいれば、祭日休みの人もいれば、週末休みの人もいるのは当たり前のこと。
でも、この国では、それは「当たり前」のことではないんですね。
「休む権利」というやつです。

なので、祭日に食事に行くと、人件費が高くなっている分、
お客様の会計に15%が加算されるのですね。
もちろん、加算しない店もあるし、10%の加算の店もあるし、いろいろだけど。
祭日の人件費が高くなるっていうのは、自分が雇われていた頃から、
イマイチ理解できませんでした。
それは、私自身、日本で働いていたときに、
ホテルや旅行関係など、いわゆる年中無休の会社で、
人が休みの時に働くのが当たり前の仕事しかしたことないから、そう思うのかな?
でも、そのことに対して「不公平」とか思ったことなかったけど。
反対に、クリスマスとかバレンタインとか繁忙期に働いて、
平日休みの方が、買い物も映画もディズニーランドも、すいててよかったけどな。

ま、話はそれましたが、ステーキハウス探訪でした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA