配管詰まりの次は、天井からの水漏れ。


数か月前に、シャワールームの配管が詰まって、
シャワールームどころか、ベッドルームまで水浸しになった件は、
以前ここに書いたのですが、
その時、配管工を呼んで見つかったのが、
これでした。
↓ ↓ 

こんなもの、うちのシャワールームから出るはずがない!

ってことで、管理人に、ビルの保険で支払ってもらえるよう交渉。
管理人も「これはきっと工事の時にはいっちゃったんだろうね」
とのことでした。

ところが!

管理人が、この件、管理会社にあげたところ、
「この木片が見つかったのは、あなたのシャワールームから伸びている排水管で、
あなた以外、この排水管は誰も使っていないので、
ビルの共同の排水管でない限り、これはビルの責任ではありません。
との回答。

言ってることは分かるけどさー。
自分のせいじゃないことで発生した問題を自費で払うのって、
なんだかとっても腹が立つ。

例えば、駐車していた車をぶつけられて、
その修理費用を自分で支払うような感じ。

というわけで、修理費用$450は自費払いですよ。(涙)
$450ってすごい大金ですよ。
日本円の感覚で言ったら(4万5000円!)

管理会社からのメールに、保険会社の連絡先があり、
「もしかしたらビルの保険で賄えるかもしれないから、自分で聞いてみて」とのこと。

早速問い合わせてみると、
「排水管が詰まったせいで家が水浸しになって、
そのために発生した被害に対しては支払うが、
排水工の人件費は出ない」
とのこと。

うちは、幸い全室タイル張りなので、水浸しになっても、
掃除が大変だっただけで、実質的な被害はありませんでした。

というわけで、結果、排水工の$450は保障されないことが分かりました。
ガックシ。。。。

そして、一難去ってまた一難

またまた発生した水難!
今度は、シャワールームの天井から水が!!!

仕事から帰ってトイレに行くと、床が水浸し。
まるで、シャワールームのドアをあけっぱなしでシャワーを浴びたような感じ。
って、今家に帰ってきたばかりだから、誰もシャワー浴びてないし!

ちょっとした怪奇現象ですよ。
気持ち悪い!

水たまりができているところの天井には換気扇がありますが、
まさか、天井の換気扇から水が垂れてくるなんてね、ないですよね。

とりあえず、床の水たまりを掃除し、タオルを敷いて、
それから数時間後にシャワーを浴びようとシャワールームにいくと、、、、
タオルがぐっしょりびしょびしょ!
ってことは、今現在も、水が継続して垂れてきているってこと!?

なに?原因は?

そこで、天井をじっくりと観察してみると、
なんだこれは???
なんか、天井の角からペンキが膨れておかしなことになっている。

もしかして、上の階からの水漏れ????

でももう夜中だし、とりあえずは、翌朝また管理人に連絡。

早速管理人が見に来たのですが、
前回の配管詰まりの件がありますから、
「これ、うちが支払うってことないですよね?上の階の責任よね?」
と問い詰めます。
すると管理人は
「そうだねー。これは上の階だね。とりあえず、上の階も見に行ってくるよ」
と言ったまま、連絡来ず。
そのまま2週間。

こちらから「どうなった?」と連絡してみると、
「上の階、見に行ったんだけどね、別になにもないんだよね。
水をあふれさせた覚えもないって。なにが原因だろうね」

え?ちょっとまって?
まさか、またこれ、自費で修繕するとか、有り得ないよね???

管理会社に連絡してみると、
「これは、ビルの保険じゃなくて、あなた個人の保険で支払って」
とのこと。

なにーーー???

こういう場合って、実際どうなんですか?

水漏れを発生させた上の階の保険で、うちの天井を修繕するのが正しい?
それとも、被害を受けた家が、自分の保険で修繕するのが正しい?
それとも、建物が受けた被害なので、ビルの保険で修繕するのが正しい?

例えば、車だったら、ぶつけた人が、相手の車を修理するのが正しい?
それとも、ぶつけられた人が、自分の保険で自分の車を修理するのが正しい?

もう!よくわからないけど、
自分のせいじゃない排水管詰まりで、すでに$450も支払ってますから、
これは絶対に払いたくない!!!

とりあえず、管理人が、ペンキ屋さんを手配するってことになったんですが、
これがまた、3か月たっても来ない。
どうなってんだ!

と思い、電話してみると、
「忘れてた」だってさ。

信じられない。
あなた、そんなに忙しくないよね?

今年は、水難の相が出ているようなので、
水には気を付けよう。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA