やっと柚子が実った


オークランドに引っ越してきてすぐ、
「オークランドでは柚子の苗が買えるよ」と聞いて、
すぐに買った苗。

最初はまだ家が決まってなかったので、友人宅にあずかってもらい、
そこで2,3実をつけたとのことでしたが、
我が家に引き取ってからは、まだ実をつけていませんでした。

実は、去年は、3つほど実を付けたものの、
途中で腐って実が落ちてしまったんですよね。
理由は分かりません。

だけど、その落ちた実をそのままにしていたら、
種から芽が出てきたので、貧乏性の私は、その芽を植え替えて、
これはこれで、また大切に育てているのです。

ほら、一年でだいぶ育ってきましたよ。
このうち2つは、茎も太くなってきて、植え替えして大きくできそうです。

というわけで、去年は、実の収穫はできなくても、
種から芽がでてきたので、ちょっとラッキーだったのです。

そして、今年はけっこう花が咲いたので、
「これは実をつけるぞ!」とわくわくしているうちに、
まるでライムのような綺麗な緑の実を付けました。

この写真は、今年の2月のものなので、約3か月前。
ここまでは早かったのですが、このあと3か月、
実は少しずつ大きくなっているようですが、
緑のまま、黄色になる気配はまったくなく、
心配して、実を匂ってみると、確かに、柚子の香り。
ライムでもカボスでもなさそうです。

そして、今年も、もしかしたら、このまま終わってしまうのではないか?
と、心配していた矢先、突然黄色くなり始めたのです。

実は、最初、黄色くなり始めたのを、
「ことしも枯れちゃった?」と思ったのです。
だって、普通、緑のものが黄色くなったら、枯れたと思いますよね。
だけど、考えてみたら、柚子は黄色いものなので、
「あ!完熟になったってことか!」と気づき、
今年やっと、柚子の収穫ができることとなったのです。

夏が終わってから、大葉はビニールハウスへ移動したし、
外は適度に雨が降るので、ほとんどベランダに出ることもなく、
実は、柚子のことも、ほとんど忘れかけていたのです。

忘れた頃に、黄色く色づいてきた柚子。
柚子の収穫時期って「秋」だったのですね!(って今更?)

NZでは、フレッシュの柚子は手に入らないので、
柚子胡椒とか、柚子はちみつとか、乾燥柚子皮とか、加工したものをよく使っています。
「わーい!生の柚子!」
とはいえ、はてさて、生の柚子って、何に使うのがもっとも有難いでしょうね?
希少価値が高い生の柚子を、市販で手に入るもので代用できる料理には使いたくない。。。

現在、いろいろ模索中です。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA