New Plymouth で最後の悪あがき ⑩


さて、飛行機の時間まであと2時間半のところで、
往復2時間のルートを走り始めた私たち。

ところがですね、今回のレンタカー。
今まで見たことがないくらいのポンコツだったのですよ。
いつも、一番安いランクの車を借りますが、
それでも、ここまでオンボロなのは初めて。
まるで、友達が使ってない車をタダで貸してくれたみたいな感じの車だったのです。

そして、NZでは、時速100km走行が当たり前ですが、
なんと、100kmが出ない。
まー、でないことはないけど、出すと車がバラバラになりそう。。。
時速80kmくらいがMAXじゃないでしょうか。
そして、時速60kmを越えたあたりから、次第に車内のBGMも聞こえなくなります。

こんな状態の車で時速100kmで往復2時間っていうのは、
ちょっと無理があるんじゃないかってことに、30分くらい走ったところで気が付きました。
そして、Dawson Fall 行きをあきらめ、街の方へ戻ることにしたのです。

街に戻る途中には、初日に寄ったマンガマホエ湖がありますので、
今日も天気がいいし、もう一度立ち寄ることにしました。

前回は、写真スポットをめざし、奥の方まで車を走らせましたが、
今回は、手前の駐車場に車を停めました。
そこで、マンガマホエ湖MAPを確認すると、
どうもすぐ近くに吊り橋があるようなのです。

吊り橋といえば、Dawson Fallで2時間コースに行けば見られる予定だったのですが、
そこをあきらめたにも関わらず、こんな近くで吊り橋が渡れるなんてラッキー。
早速行ってみることにしました。

そしたら、駐車場からすぐのところにありましたよ!吊り橋。
とっても低くて、怖くともなんともないのですが、
なんか吊り橋ってわくわくしますよね!

この先、さらに進んでみると、もう1つ吊り橋がありました!
そして、ここに標識が。
この先に湖を見渡せる展望スポットがあるらしい。
ここまで来たら行ってみないと!
時間にしても10分程度みたい。

ところが、ダンナはここでギブアップ。
というのも、この吊り橋を渡った向こうは、
湖を見渡せるというだけあって、急な登りになっていたのです。
つまり、帰りは急な下りです。
ここまで来るのもだいぶしんどかったようで、
これ以上は無理だと言われてしまいました。(ほんの5分ですよ!)

私はと言うと、本当に全然筋肉痛にはやられていなくって、
まったくもって問題なく歩ける状態でしたので、
一人でこの先まで行ってみることにして、ダンナとは分かれました。

確かに、だいぶ急な登りではありましたが、距離が短かったので、大丈夫。
息があがることもなく、無事にたどり着いたら、
そこには美しい風景が広がっていました。

まさに、ロードオブザリングの世界って感じですね。
静かで心地よい空気の中、しばし湖を眺めました。
こんなに美しい風景を、筋肉痛で見逃してしまったダンナ。残念ですね。

さて、このあと、来た道を下って、駐車場に戻ります。
ほんと、駐車場から展望スポットまでは、15分程度ですね。
私はかなり急いで戻ったので10分程度で戻ることができました。
だって、途中の道が、なんだか黄泉の国の入り口のようで、怖いのですよ。
静かすぎて怖いってやつですね。

駐車場に戻って、空港まで行くのに、それでもまだ1時間くらいありましたので、
今回は時間がないから予定から省いていた「Pukekura Park」へ行ってみることにしました。

プケクラパークは、52ヘクタールもある大きい公園なのですが、
今回私たちは、プケクラパークに来る予定がなかったので、
下調べをまったくしていなかったのです。
この大きな公園で、何がどこにあるのかなど、まったく分からない状態で、
とりあえずマンガマホエ湖側にある、ブルックランズという駐車場に車を停めました。

するとどうでしょう。
目の前が動物園!
この時すでに16時だったのですが、動物園は17時までということで、
しかも入園料が無料!
だったので、行ってみることにしました。

動物園といっても、それほど大きいものではなく、
30分あれば十分に見て回れる広さではありましたが、
こんなのが家の近くにあったら、いいでしょうねー。
猿なんて、一日見てても飽きなそうでした。

まずは、私の大好きなOtter
なんてかわいいんでしょう!

そして、私の大好きなアルパカ!

これ、鶴みたいなんですけど、何???

そして、この町に来て、初めて、「日本人」に遭遇。
実は、New Plymouth に来てから、アジア人を見かける機会は本当に少なく、
日本人には一度も会っていませんでした。
正確に言うと、ランチの帰りに、偶然にも、オークランド在住の日本人家族と会いましたが、
ニュープリマス在住の日本人は見かけていませんでした。
「ニュープリマスって日本人住んでるのかなぁ」と、
幾度も口にしていたのです。

動物園でお見かけしたのは、若いお母さんと女の子。
見た感じは、観光ではなく在住でしたよ。
「あー、ニュープリマスにも日本人住んでたー!」
と、なんだか少し嬉しくなりました。

さて、話は戻りますが、動物園を30分で見終わってしまったので、
空港に行くまでまだ30分あります。
そこで、プケクラパークのMAPを見ていると、
「Japanese Hillside」と書いてあるのを見つけました。
ここからはちょっと遠いので、車を出して、別の駐車場へ移動します。

駐車場からパークへおりるのに、これがまた結構急で、
ダンナが、「本当にここであってるか見てきて」と言います。
下までおりて間違えた場所だったら、また登らないといけませんし、
そんなことしていたら、時間がなくなってしまいます。
仕方なく、私は一人で様子を見に、駐車場から公園まで下りて行きました。

ほんと、プケクラパークのことをまったく調べてこなかったことを大後悔です。
まさかこれほどに大きく、これほどに見ごたえのある場所だったとは!
雨でタラナキ山に登れなかった時に来ようと思っていたんですよね。

とりあえず、公園の方まで下りてみると、なんとなくあってそうだったので、
ダンナを呼んで、下まで来てもらって、公園を歩き始めました。

すると、多分自然のものではないと思いますが、
突如、滝と遭遇。

いいですねー。滝。
私、滝が大好きなんですよ。
マイナスイオン全開ですね。

とりあえず、Dawson Fallで滝を見て、吊り橋を渡って、、、という
当初の目標を諦めたにもかかわらず、
小規模ながらも、滝と吊り橋を偶然にも見ることができて、少し救われました。

そして、少し歩いたら、ありましたよ!
「Japanese Hillside」って、どういう意味かと思っていたら、
斜面に鳥居が!

これ、日本に古来から伝わる、伝統的な方法で造られたものらしいですよ。
(と、石碑に書いてあった)

というわけで、無事に鳥居の見学も終了し、一路空港へ!

17:40のフライトだったので、17:00到着を目指していたのですが、
時間ぴったりに到着。
時間通りの行動に、私てきには大満足だったのですが、
ダンナに、「他の誰かと一緒に旅してたら、”いつもこんなにギリギリなんですか?”ってきっと驚かれるよ」と言われました。
確かにそうかも。

空港に到着してからは、預け荷物もなかったので、
自動チェックイン機でチェックインして終わり。
と思っていたら、自動チェックインマシーンが故障中。
仕方なくカウンターへ行きました。
いつも、ペーパーレスで、スマートフォンのアプリを使って、
バーコードをかざすだけでチェックインできるのですが、
その画面を出してカウンターへ行ったら、
「それ、搭乗するときに、入り口でかざせばOKだから大丈夫」
と言われました。

知らなかったーーーーーー!!!
ペーパーレスどころか、チケットレスですね。
っていうことは、17:40の飛行機なら、それこそ17:30に空港に来ればいいってことだ。
でも、小心者の私としては、あらかじめチェックインして、チケット持ってないと、
なんか不安だなぁ。

出発ロビーから見えた夕日。

このプロペラ機に乗って帰ります。

ちなみに、行きは、左側に座ると、ずっと海岸線を見ながら飛行が楽しめます。
右側は海しか見えません。
だけど、右側に座ると、到着直前、飛行機からタラナキ山が見えます。

帰りは夜間飛行でしたので、
オークランドの夜景がとっても美しかったです!
私、夜間飛行って、なんだか得した気分になれて好きです。

たったの一泊二日の旅でしたが、
4回に分けてお届けしました。

このあと、番外編に続く。。。

今回のポカ2つ ⑪

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA