ゴルフもしないのにゴルフリゾートに宿泊 ⑤


さて、今回のノースランドへの旅ですが、
最初は一泊二日なので、それほど遠出をせずに、
パイヒアかラッセルに宿泊しようと思っていました。
ところが、せっかくノースランドに行くならば、
最北端を目指そうではないか!ということになり、
一日目のうちに、行けるところまで行こう!と思ったのです。

最北端の町は「Kaitaia」。
ところが、カイタイアの町は小さくて、
宿らしき宿があまりなく、
私たちが宿を決める際の必須条件である「お風呂付」の宿がなかったのです。
そこで、Kaitaiaに近いところにある「バスタブ付」の宿を探したところ、
この「Peppers Carrington Resort Hotel」を発見したわけです。
しかも、ちょっと僻地にあるからか、値段もそれほど高くない。

最北端との関係はこんな感じ

でも実は、走行距離や、帰りの飛行機の時間などを考えた場合、
やっぱり、最北端のCape Reinga までいくのは難しいんじゃないかってことで、
もう、最北端行きはあきらめていたのです。
しかも、天気予報は雨。
カイタイアから最北端のCape Reinga までは、片道1時間半ありますから、
往復したら3時間です。
それで雨じゃあ、がっかりです。
しかも、そこからまた、カウリの森へ行って、空港へ行って、という行程を考えると、
最北端は今回はあきらめようとなってました。

でも、だったら、正直言って、もはやこんな遠くに宿泊する必要もなかったのですが、
当初の予定に合わせて、すでに予約していたので、
とりあえず、ここまで足を伸ばしてきたのです。

ホテルに到着したのは、夜の21時。
まわりには建物が全然ないので、
もう、空を見上げたら、満天の星空。
いや。空を見上げなくても、地平線から地平線まで星空という美しさ。
これはほんと、私のカメラでは到底撮影できないのが残念でなりません。

さて、ホテルのフロントがある建物へ進むと、
どうも電気が消えていて、玄関に鍵がかかっています。
そして、ドアには、私宛の封筒がテープで貼り付けられていました。

封筒の中にはレターがはいっていて、
「レセプションは17:30までなので、そこにある館内電話で、当直のマネージャーに電話してください。
もしくは、レストランに行けば彼に会えます。」

確かに、私たちの到着は遅かったけど、
17:30までとは、ずいぶん早く閉まるんですね。
とりあえず、もう直接レストランへ行くことにしました。

ほど近いところにあるレストラン棟へ行くと、
当直マネージャーがレストランで働いていて、
チェックインの手続きをしてくれました。

さてお部屋ですが、これが、結構広くて、素敵でしたよ。
高級ホテルみたいな洗練された感じよりはむしろ、
コテージ風っていうんですかね。
全体的に、木のぬくもりを感じるデザインでした。


念願のバスタブ付ですよ。

しかも、実は、ここはゴルフリゾートなので、プールサイドにスパもあるらしい。
ホテルインフォメーションによると、21時半までってことで、
残念ながら今日はもう閉まっているので、
明日の朝、何時から開いているのか、当直マネージャーに電話して聞きました。
するとどうでしょう。
「あ、管理している人はいないけど、24時間鍵はあいているので、
いつでもはいれるよ!」
とのこと。

洞窟で体を痛め、ロングドライブで体が疲れているので、
スパに入れるとは有難い!
もちろん、部屋のバスタブでも十分だけど、
大きいスパで足を伸ばしてゆったり入れたほうが、もっといい!
というわけで「これはやったー!」と、喜び勇んでスパへと向かいました。

さて、地図上のプールがあるところ、真っ暗でなんにも見えません。
いくら時間外とはいえ、ライトくらいあってもいいんでは?
とりあえず、ゲートをくぐって、手前の芝生みたいなところを横切り、
奥の施設のドアを開けると、、、、
そこにはシャワーとトイレしかありません。

え?スパどこ?プールどこ?

いったん外に出て、もう一回はいって、
でもやっぱりプールもスパもありません。

えー?どういうこと?

そこで気づいてしまいました。
真っ暗すぎて気づかなかったのですが、
芝生だと思って横切ったところがプール。
そして、その傍らには、なんとSPAらしきものがあるじゃないですか!

まさか屋外だったとは!!!

おそるおそるSPAに手をいれてみると、
「ぬるい!」

屋外でこの温度ではいったら凍え死にますよ。
というわけで、SPA却下。
せっかく来たけど、部屋へ帰っておとなしく風呂に入って寝ることにしました。

そして、まずはダンナがシャワーを浴びて、そのあと私がシャワーを浴びて、
そのあとバスタブにお湯をためて、ゆっくり入浴するという計画でした。

ところがどうでしょう。
私がシャワーを浴びている途中で、お湯の温度はどんどん下がり、
最後は水に!
どうも、ここのシャワーはホットウォータータンクのようで、
二人でシャワーを浴びたら、お湯がなくなってしまったのです!

というわけで、こんなにクタクタなのに、風呂にも入れず、
最後は冷たいシャワーを浴びる羽目になり、
さっさと寝ることにしました。

翌朝の朝食ブッフェが8時からということで、
7時に起きて、念願の入浴を果たしました。
やっぱりいーねー。お風呂は!

そして、8時からの朝食に7時55分に行った私たちは一番乗り!
まだ誰も手をつけていない作りたての料理をいただくことができました。
品数はそれほど多くないけれど、そんなにあってもどうせ食べられないし、
目移りすることもなく、私たちには、十分に満足な朝食でした。
だって、作りたてだったら、ブッフェといえども、キッチンから出てくる料理と変わりません。


ベーコンカリカリの、ソーセージの皮パリパリの、ポーチドエッグとろとろです。
食事をしている間に、フルーツも出てきて、
最後までおいしく頂きました。

滞在時間は本当に短かったけど、
美しい星空、快適な部屋、美味しい朝食、
とても良い滞在だったと思います。

さて、ホテル出発!

90マイルビーチに降り立つ。⑥

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA