突然の閉店と突然の開店


私のブログでも、他の人のブログでも、何度も紹介されている、
Newmarketの美味しい小籠包やさんが、
なななんと!突然の閉店。
しかも、私、前日行ってたし。

日曜日の夜に食べに行って、小籠包を注文したら、
「売り切れ」と言われ、「えーーーーーーー」って思ったけど、
ま、また来たらいいか。っていう程度だったんです。

ところが、次の日の月曜日、
店の前を通ったら、突然の閉店!!!!
「For Lease」ってはってある!
ってことは、店の契約が切れて、次にここに入る人を探しているってこと。
つまり、なくなっちゃったってこと!!!!

「Business For Sale」だったら、オーナーがこの店を売りたいってことなので、
誰か他の人がオーナーになっても、店はそのまま継続される可能性があったのに、
「For Lease」ってことは、小龍包やさんは、出て行っちゃったってことでしょう?

なんてこった!
こんなに近くで、美味しい小籠包が食べられる、最高の店だったのに!

そこで、話題は、
「あのシェフどこいったんだ?次はどこであの小籠包が食べられるんだ?」
ってことです。

そして、「For Lease」の看板はほどなくしてなくなり、
新しい店の準備みたいなのが始まりました。
そして、一か月後には、新しい店がOPEN!

早い!

ところが、ですよ。
どうみても同じ店なんですけど。。。
店の名前も同じだし、メニューも同じ。
でも、「For Lease」だったから、前の店は出て行ったはず。

ここは、味がどんなもんだか挑戦してみないわけにはいきませんよね?

ってことで、早速行って来ました。

メニューは、前とほぼ同じ。
だけど、メニューは、ブックレットだったのが、一枚の紙になっていて、
表が英語、裏が中国語。
小籠包も、8個で$10に値上げされていました。

お味の方は。。。。
まず、上海焼きそばは、味は同じなんだけど、麺が前より細くなってました。
私は、前のより、新しい面の太さの方が食べやすいかも。

そして、問題の小龍包ですが、
結果からいうと、ま、合格点。
味は同じなんだけど、1つ1つの成形が不恰好で、
あと、多分皮も少し薄くて破れやすい。
少し小さくなった気も。。。

おそらく、なんですが、これは想像の域を出ませんが、
「前のレシピを見て他の人が作った」感じがする小籠包でした。

多分、前のお店の人が、レシピを置いて行ったのではないかと。
だから、味は同じだけど、麺の太さや、皮の厚さに違いがでているんじゃないかと思うんですよね。
だけど、「For Lease」の物件で、ただその物件を借りただけで、
前と同じ店の名前で、前と同じメニューで、前と同じレシピだなんて、
本来であれば「Business For Sale」であるべきところですよ。
新しいオーナーは、だいぶラッキーでしたね。

どちらにしろ、小龍包が復活!したということで、
私たちは、万々歳でございます。

だけど、あの店が閉店していたのはほんの一か月ほどのことなので、
あの店がいったん出て行って、他の店がそのまま入ったなんてこと、
ほとんどの人が知らないまま、またあの店に行くことになると思うんですよね。
なので、もし次回、またあの店に行く機会がある人がいたら、
「前とは違う部分」探しをしてみるのもおもしろいかもしれませんね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA