今年のクィーンズバースデーはクィーンズタウンに行こう!
と、正月にクィーンズタウンを訪れた時から決めていました。
というのも、行きたいレストランができたから。

クィーンズタウンといえば、世界を代表する観光地で、
北半球が真冬の間に夏真っ盛りのニュージーランドでは、
夏の間は、寒い国から来た多くの観光客でにぎわい、
反対に、北半球が真夏の間に真冬を迎えるニュージーランドでは、
冬の間は、暑い国から来た多くのスキーヤーでにぎわうのです。
これだけ世界中の人に一年中求められる観光地って、
なかなかないと思うんです。

これは、私が、クリスマスにクィーンズタウンに行ったときに撮った写真。
まさに、真夏のクリスマス!

こんなの北半球(世界のほとんどの国は北半球)では考えられませんよね。

そして、日本が夏に近づいてきている今、
ニュージーランドには、冬が近づいてきているのです!

先週、だいぶ雪が降ったそうで、
冬のクィーンズタウンが久しぶりな私たちは、
大分寒さに備えて行きました。
なんて言ったって、オークランドでは、
冬でもダウンジャケットいらないくらい暖かい。
(オークランドの人に言わせると寒いらしいですが、
南島から来た私たちにはたいしたことない)

久しぶりの「寒い冬」を、少しだけ楽しみにして行ったのでした。

さて、クィーンズタウン空港といえば、
とあるプライベートジェットの会社が選んだ
「着陸時の景色が美しい空港」で、
なんと、一位を獲得した空港です!

さあ、その美しい景色を、どうぞお楽しみください!

とまあ、こんな感じの着陸風景でした!

昔から、この風景は大好き。
でも、世界一に選ばれるとは!
ほんと、嬉しいですね。

さて、クィーンズタウンに到着すると、
いつものように友が迎えに来てくれていました。
彼らがクィーンズタウンに初めて来たときに、
私がお世話をさせていただき、
ダンナの家で家族全員でフラットをして、
ほんと、家族ぐるみのおつきあい。
今では、永住権を取って、自分で店をはじめ、なんと、今回家まで購入!
ということで、そのお祝いもかねて行ってきました。

この家の娘たちは、驚くほど芸術の才能にあふれていて、
家には、次女が作った切り絵が飾られていました。

長女の絵もすごい。

ここの家族は、夫婦ともに体育大学卒業で、
もちろん、娘二人の運動能力もすごいのですが、
ではなぜ、二人揃って、こんなに絵の才能に長けているのか。。。
というと、NZでは、日本と違って、「お小遣い」という制度がほとんどなく、
家のお手伝いをしてお小遣いをもらったりするのが普通。

この家の場合、スーパーマーケットなどで行われる
「こどもぬりえコンテスト」みたいなのに応募しまくって、
賞金稼ぎ(お小遣い稼ぎ?)をしていたのです。
それが、今では、ここまでの才能を発揮するまでに育つとは、恐るべし。

まだ中学生なのに、
お店の看板は、二人におまかせ!

例えば、イースターだと、看板と切り絵でこんな感じ。

いやー。頭が下がります。

尊敬。

子供の育て方っていろいろだし、
子供がどうやって才能を発揮していくのかも、いろいろだと思うんだけど、
本当に、ここの娘たちには、「感心」のひとことに尽きます。
好きこそものの上手なれ。といいますが、
彼女たちは、これを 趣味のひとつとして終わらせるのか、
それとも、こういった芸術の道に進んでいくのか、今から楽しみです。

毎回、クィーンズタウンを訪れるたびに、
彼らの家を訪問するのが、楽しみのひとつです!

そして、今回の目的であったレストランは、
次回ご紹介します!

Rata@Queenstown ②

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA