手術無事終了後、夜仕事⑬


無事に手術終わりました~!

やはり二回目ともなると結構余裕。
どこに行けばいいのか、何を聞かれるのか、これから何が始まるのか、
全部分かってるので、ちょっと緊張感が足りなかったくらいでした。

オペ室に案内されると、総勢8名の医者やら看護婦やらがいて、
たいしたことない手術でも、こんなに人が必要なのかとびっくり。
今回も、相変わらず気づいたら眠りについており、
気付いたらリカバリー室にいました。
眠っていた時間は1時間くらいかな。

前回は子宮の入り口の手術だけど、
今回は子宮内部の手術ななので、
前回よりも麻酔の量が増えて、眠りも長くなると説明を受けたのですが、
すっきりと一時間ほどで目が覚めました。

そして、朝から何も食べていなかったので、
付き添いの友人持参のポッキーにむさぼりつき、
ナースが持って来るサンドイッチを首を長くして待っていました。

このサンドイッチ、前回も結構おいしかったのですが、
今回のもおいしかったですよ。
アボカドとか入ってるの。
あと、アイスクリームと紅茶ね。

さっさと食べて、さっさと着替えて、「さて帰ろう」と廊下に出ると、
どうも、まだ帰ってはいけなかったらしく、
「今から書類作るからちょっと待って。。。!」と言われてしまいました。

前回は、いつ帰っていいのかタイミングが分からなかったんだけど、
二回目ともなると、帰っていいとも言われてないのに帰っちゃう。っていう失態。

あとは、前回は、帰り際に、受付で処方箋をくれて、
痛み止めと、抗炎症剤をもらいに薬局に行ったのですが、
今回は、それもなかったんですよね。
忘れられてる?
それとも私が忘れた?

よくわかりませんが、まあ、とにかく、無事に帰宅。

本日の夜は、10名の予約に加え、数件の予約が追加になり、
さらにお得意様の接待の予約まではいってしまったので、
出勤することにしました。

でも、着物は勘弁して。

スーツで出勤しました。
別に全然違和感なかったですよ。
ラクだわ~。

前回も、自宅待機といっても、家でブログを書いてTV見るくらいで、
別に寝るわけでもないし、ダルイわけでもなく、
ただ、全身麻酔明けというのがどんな体調か分からないので、
念のためお休みしたんですよね。

なので、今回も、麻酔から目が覚めたら、
意外に普通で、むしろ「ゆっくり眠れた」という爽快感があったりして、
夜の仕事は問題ないな。というのは感じていました。

「お店大丈夫かな?」と心配しながら家でやきもきするよりも、
店に出ていた方がよっぽど気が楽なのです。
40度の熱で倒れて動けなくなったときにはさすがに休みましたが、
今回はまったく問題ありませんでした。

というわけで、これですべて無事終了し、
次回は一年後の検診でいいそうです。
あー、よかった。

っていうか、NZって医療費超高いですよね?

同じ手術を日本でしたら3~5万円くらいって聞きます。
でも、今回の費用は$4000
事前の検査も入れたら$5000ですよ。
たかが子宮ポリープで50万????
ありえん。

保険に入ってて本当に良かった。
NZは、医療費無料だとかいうけど、それ、公立病院だけなんで、
今回みたいにすぐ検査、すぐ手術ってなったら私立病院。
そうなると、これだけ費用がかかるってことです。
日帰りのポリープ切除手術よ?
すごい値段ですよね。

というわけで、「自分は大丈夫」は禁物。
保険には絶対加入しましょう。
そして、40過ぎたら、健康診断を忘れずに。
NZは、日本みたいに人間ドッグとか、会社の健康診断とかないから、
みんなどうしてるんでしょうね。
日本に帰国時には、忘れずに人間ドック受けましょう。

そうそう、それと、
昨日のブログを読んだ友人から、
「そういえば、私もポリープとったら妊娠した!」というメッセージが!
まんざら噂だけではなさそうですね!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA