店舗拡張してからも、相変わらず飛躍を続けている「Chikos」
今回、新しく「O-Bento Platter」なるものを始めたので、早速行ってきました。

「O-Bento」とはいえ、お弁当とは違うんですけど、
いろいろなものが少しずつ食べられるセットミールです。
確かに、「お弁当って何?」と聞かれれば、
「いろんなものが少しずつ入ってる。。。」となりますので、
箱にはいってないだけで、こりゃ弁当なのか?

さて、どんな内容なのかというと、

前菜、メイン、デザートを、1つずつ選べるんですけど、
前菜とデザートは3種類。

A) エビ & マンゴープリン
B) モッツァレラチーズとトマト &ジャックフルーツカスタード
C) タイビーフサラダ & ミックスベリーコンポート

メインは、7種類あって、
上記ABCの中のどれかと、お好きなメインを1つチョイスして$26

まず、思ったこととしては、
「Chikos、こんなに流行ってるのに、なんでわざわざお得なランチセットなんて始めたんだろう」
ってことでした。

ところがどうでしょう、
実は、大食いの私たちは、前菜、メインと二皿いくので一人$40前後になりますが、
多分、みんなランチタイムには一皿しか注文しないと思います。
となると、普通、Chikos でランチを食べたら、一皿$20前後なんですよ。

なんと!
ランチセットを注文すると、一人$26で、客単価UP!!!!

すごいなー。
普通はランチセットでお得さをアピールして、
薄利多売になるのが通説。

ところが、今回のChikosのランチセットは、
実は、単品だけ注文するよりも「客単価が上がる」という内容だったのです。

でも、まわりを見渡すと、ほぼ全員、このランチセットを注文してる。
つまり、お客様にとっても、「お得」であって、決して高くはないということです。

すごいなー。
お得なランチセットでお客様もハッピー、
客単価があがってお店もハッピー、
さすがChikos。奥が深すぎる。
こういうメニュー構築には、経営者として尊敬します。

ちなみに、私はBセット&サーモン

ダンナはCセット & 子牛のカツレツ

うふふ。
そして、大食いの私たちは、このランチセットだけではちょっと足りなくて、
追加オーダーをしたのですが、
これも、Facebookで見てから、ずーーーーーっと気になっていた一品。

Sisig Toasted Sushi.

うちの店もそうだけど、モダンジャパニーズと謳っているレストランは、
寿司、刺身、天ぷらなどの、トラディショナルな和食を、どうやってモダンにするか、
これって、永遠の課題なんですよね。
寿司は寿司、刺身は刺身、天ぷらは天ぷら、
盛り付けや皿をモダンにしても、
料理そのものに手を加えてしまったら、
それはもはや、寿司でも刺身でも天ぷらでもなくなってしまう。
そのラインって、とっても難しいと思うんですよね。

で、Chikosの新メニュー。
「Sisig Toasted Sushi」
どんなものなのか、とっても興味がありました。

さて、やってきた料理はこちら。

なんと美しく、そして斬新。

第一印象は「チラシ寿司?」
でした。

ところがどうでしょう。違うんですよ!
海苔に、酢飯をのせてトーストしてあるんです!
そして、それに具をのせて巻いて食べる。

これが、もう、新しい味!
最初は恐る恐るでしたが、一口食べると、なんだこりゃ!美味しいんですけど!

雰囲気はちょっと手巻き寿司な感じなんですが、
手巻き寿司の欠点って、食べにくいこと。
海苔がうまく噛み切れない。

ところが、これはトーストしてあるので、
海苔もご飯も、上手に食べられるのです。
しかも酢飯ってのが斬新。
寿司なんだから酢飯なのは当たり前なんですが、
トーストしてあるんですよ?超斬新ですよ。
しかも、意外や意外、これが香ばしくて美味しいんですよ。
これ、日本人じゃ考え付かないんじゃないかな。
日本人じゃない人が日本料理に手を出してやってる創作って、
「なんか違う」ってのが多いけど、
これは、斬新だけど美味しかった。すごい!さすがChikos!
私が愛して止まないレストランです。
(決してまわしものではありません)

私がChikosの何に感動するかっていうと、
その料理のクオリティの高さや、味だけではないんです。
これは、経営者的視点かもしれませんが、、、
こんなに流行ってて、店舗も拡張して大きな店になっても、
決してそれに甘んじることなく、さらに新しいことにチャレンジしていること。
今のメニューのままでも、十分すぎるほどに忙しくて、
今のままのほうがきっと楽なのに、
わざわざ新しいランチセットを始めたり、
このトースト寿司のような新メニューを考案したり、
本当に本当に、そういう料理に対する真摯な取り組みが、
頭が下がる思いなのです。

私たちは、クライストチャーチからオークランドにやってきて、
なかなか思うようにいかなくて、
それはもう、軌道に乗るまでの3年間は挫折と苦しみの日々でした。
そこから抜け出すために、日々試行錯誤をしながら、
人生においてこれほどまでに努力と挑戦を続けたことはないほどの苦労を経験しました。
でも、それは、暗闇から抜け出すためでした。
でも、Chikosは違うのです。
すでに素晴らしく良好な状態であるのに、
進むことをやめないのです。
私なら、きっと甘えが出て、「現状維持」に走ってしまうんじゃないかな。

料理のクオリティのみならず、経営者としての真摯な姿に、
本当に、尊敬の意を表します。

というわけで、またもやChikosにノックアウトされた私だったのでした。

(本当に、まわしものではありません)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA