さて、山から下りて、いざ、Whangarei の街へ。
とりあえず、Town Basin という、オークランドでいう、Viaductみたいな海辺のエリアへ行ってみました。
途中、街の中心部らしき場所を通りましたが、お店はみんな閉まっていて、
やっぱり日曜日だし、17時もまわってるし、街中は閑散としていました。

Town Basinへ車を停めると、レストランが2軒だけ開いていたのですが、
今日は車を運転しながら「オイスターが食べたい」とずっと言っていたので、
「Love Mussel」という、牡蠣とムール貝を置いている方のレストランへ入ることに。

店内にはいると、時間もまだ17時半くらいなので暇そうだったのですが、
全席予約がはいっているそうで、外席しかダメと言われてしまいました。
でも、まだ明るかったし、食事をしに来たんではなく、オイスターを食べに来ただけなので、
「ま、いいか」ってことで、外席に座りました。


とりあえず、バブルをボトルで注文し、
オイスター1Dozenと、蒸しムール貝を1Kg注文。
ちなみに、これは、夕飯ではありません。
登山の疲れを癒しに来ただけです。

 


「こんなに食べれるだろうか」という不安をよそに、
あっという間に平らげてしまいました。

帰る前にトイレに行ったら、中のテーブルに、「何時から何名」と
全部札がついているんですよ。
そしたら、その中には19:30~とか20:00~のテーブルもあったんです。
私なら、17:30にお客さんが来た時点で、
「19:30までのテーブルでよければ、中でご用意できます」って言うけどな。
あのテーブルが、20:00まで誰にも使われないままに、
多くのお客様が断られて帰って行くことが、本当に残念でした。

さて、お店を後にして、宿にチェックイン。
基本、私たちはホテルじゃなくてモーテルに泊まります。
今回は、「Lodge Bordeaux」というところでした。
宿を選ぶ第一優先事項は、
いつもと同じく「お風呂がついている」というのが重要なポイントです。
シックで清潔感のある、素敵なモーテルでしたよ。

これと同じ大きさのジャグジーが、クライストチャーチの家にはあったんですよ。
いまじゃあ、ジャグジーどころか、風呂さえない暮らし。
オークランドに来てから、生活は便利になったけれど、
生活水準は、かなり下がった気がします。

さて、チェックインをすませたら、夕飯です。
ついさっきまでバブルを飲んでオイスターにマッスルに食べていたくせに、
あれは前哨戦です。

トリップアドバイザーで、「Whangarei 2位」に選ばれていた、
タイレストランへ行きました。
クライストチャーチに住んでいた頃は、しょっちゅうタイレストランに行っていたんです。
なんでか分かりませんが、クライストチャーチにはたくさんあるんです。
それが、オークランドに来たら、マレーシアはたくさんあるけれど、
なかなか良いタイ料理やさんに巡り合えないんですよね。
それと、休みを利用して、こういうオークランド以外の町へいくと、
どの町に行っても必ずあるのが「タイレストラン」
NZってタイ料理がメジャーなんですね、きっと。
あの、グレートバリアアイランドにすら、ありましたから。

というわけで、二位に選ばれていたタイレストラン「Suk Jai Thai Restaurant」
に行ってきました!

到着したのは20時前くらいでしたが、結構混んでいましたよ。
私たちが案内されたテーブルも、前のお客さんが帰ったばかりという感じでしたが、
とにかく、スタッフの動きが素晴らしく早くて感動。
動くのも早い。歩くのも早い。会話も無駄がなく適切。そしてよく気が利く。
素晴らしいね。
まず、歩くのが遅くて仕事ができる人って、ほぼ見たことがない。

というわけで、サービスには非常に満足。
そして、料理なんですが、
私たち、初めて行く店では、いつも同じものを注文します。
冒険はせずに、スタンダードな料理で味をチェックしたいからです。

で、これが、どれも美味しい!
びっくりした!
私たちが行きつけだったクライストチャーチのタイレストランより美味しかった!

やるなー。

なんか、グリーンカレーは、甘すぎず、辛すぎず、
そして、レモングラスがいい感じで効いていて、とっても爽やか。
そのほかの料理も、全部美味しかった!
味付けが絶妙なんですよね。
すべてがちょうど良い。
まさかWhangarei で、こんなレベルの高いタイレストランに出会えるとは、
これだけで、Whangarei に来てよかった!と思えました。

しかも、安いんですよね。
3皿注文して、2杯飲んで、全部で$70くらいでした。

ちなみに、美味しさに感動している間に、
料理の写真を撮り忘れてしまいました。。。

さて、美味しいものを食べて、お腹も満たされ、
あとは宿でのんびりするだけです。
ジャグジーで登山の疲労を癒し、
たまたまTVをつけたらやっていた「キャストアウェイ」を見つつ、
明日に備えて、早めに就寝したのでした。

つづく

Whangarei 二日目は、Tutukaka Coast へ!④

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA