今回、一番の目的としていたTutukaka Coast は、旅の二日目に。
というのも、帰りは17時半の便だったので、二日目の方がゆっくりできると思っていたからです。

朝起きた時には素晴らしい快晴だったのですが、
だんだん雲行きが怪しくなってきまして、
雨こそ降らないものの、ずっと曇り空でした。

Tutukaka Coast には、綺麗なビーチがたくさんあるのですが、
まず最初に行ったのが、Kowharewa Bay


静かなビーチで、親子が貝拾いをしていました。
とても静かな海で、波も全然ありませんでしたよ。

次に向かったのが、Matapouri Bay
もう、すでに大分曇って来ていました。

白い砂浜と透き通った海が、とても美しい場所なんですが、
やっぱり雲が多いと、美しさが半減ですね。

で、ここから歩いて30分くらいのところにあるWhale Bay までは、
引き潮のときだけ歩けるのですが、
私たちが行った時間は、まさに干潮。

でも、昨日の登山で体中が痛んでいたもので、
あえてここは歩かずに、車でWhale Bay まで向かいました。

駐車場はいっぱいで、釣り道具を持ってる人がたくさんいました。
ビーチなのに釣りなんですね。
駐車場からすぐのところにビーチがあると思っていたのに、
ビーチまでは山道を700Mほどくだったところにあるみたいなんです。

700Mか。どのくらいだろう。
でも、ここまで来たんだし、行ってみようか。。。

昨日の登山で、「歩くこと」にだいぶ弱気になっていた私たちですが、
階段ではなく山道であれば行けるんではないかということで、
Whale Bayまで下りてみることにしました。

雲行きは更に怪しくなってきましたが、海は素晴らしく綺麗でした。
ビーチもあるんですが、岩場の方へ行くと、釣り人がいっぱい。

多分、ここ、ウニも取れると思いますよ。
浅瀬の岩場には海藻がたくさんあって、その中には、ウニの大好物の丸い海藻もありました。
もうちょっと気温が高かったら海に入ってみようと思うんですが、
さすがに今の季節はまだまだ寒いですね。

岩場には、こんなに小さくてかわいい、米粒サイズのツブ貝の赤ちゃんがいました!

あと、これ、海苔だと思うんですが。
ちょっと食べてみたら、塩味きいてて、普通に美味しかったです。

釣りをしている人や、槍みたいのを持って潜っている人がいたので、
多分、魚も獲れるんでしょうね。

実は、今年挑戦したいことの1つとして、
「海の幸の捕獲」というのがあります。
釣りじゃなくて、捕獲。

ウェットスーツとか足ひれとか、今吟味中ですよ。

さて、天気があまり良くなかったので、思いのほか早くWhangarei の町に戻ってきました。
どこかでランチを食べようと、町をうろついて、和食やさんを3軒見つけたんですが、
メニューを見た感じ、どこも韓国人経営みたいな気がします。
だってメニューにブルコギあるし、照焼チキンじゃなくて、スパイシーチキンだし。
どの店も「どんぶり」「うどん」「とんかつ」中心のメニュー。
店の名前も、「Asahi」に「Sapporo」に、ビールの名前だし。
この町の人は、和食は安いファーストフードのイメージを持っているのかもしれませんね。

さて、ランチを食べても、まだ飛行機まで時間があったので、
植物園へ行ってみました。
でも、思っていたよりも小さくて、ここもすぐに見終わってしまいました。

去年は、17時半のフライトで17時15分の空港に着くという、
大変な思いをいたしましたが、
今年は1時間前に空港に着くという快挙。
いつもこのように、余裕を持って行動できたらいいんですがね。

最後に、植物園で見つけた不思議な木。


最初はキノコに犯されているのかと思いましたが、
近くで見ると、ちょっとイチジクっぽい。
なんなんでしょうね、これ。

(おしまい)

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA