何とか乗り切った1週間


先日ここで、人手が足りないので、シェフ急募のお知らせを出させて頂きました。
本当に有難いことに、二人の方に、TATSUMIで働いていただくことが決まりました。
ずっと求人出してても、全然応募がなかったのに、
ブログを通して二人も決まるなんて、まさか思ってもいませんでした。
本当に、読者のみなさんに感謝です。

新しく入った二人は、二人とも経験者で、とても助かっています。
でも、二人とも学生で、ディナータイムしか働くことが出来ません。
そして、今までキッチンハンドとして頑張ってくれていたスタッフに、
これを機に、シェフの仕事をいろいろ任せることになったのですが、
これがまた、「なんで今までキッチンハンドだったんだ?」と思うほどに、
シェフとしてよくやってくれるのです。
しかし、彼女も学生で、ディナータイムしか働けません。

でも、まだみんな始めて一週間ですから、
いくら「できる人」たちといっても、今はまだ教えている最中。
あと一か月もしたら、ディナータイムはなんとかなりそうです。

そして、問題はランチタイムです。
良いスタッフがせっかく決まったけれど、
みんなディナータイムしか働けないので、
ランチタイムにお手伝いいただけるスタッフ、引き続き募集中です。

ランチタイム、いままで4人でやっていたのに、今、二人です。
ホールスタッフを、一人手伝いに入れてはいますが、
調理はできないので、盛り付けや皿洗いなどの手伝いです。

ランチのあとも、片付けや仕込で、休むこともできていません。
それでも、準備が間に合わないままディナータイムに突入。

人手不足による激務で、ダンナとセカンドシェフがとにかく毎日極限状態で働いています。
こんな状態でも、明るく働く二人。
ちょっとハイになってしまうほどの状況なのかと思いきや、
それもあるけれど、レベルの高いところでツーカーで働いているから、
しんどいけれど、ストレスはないんだとか。
だから、激務だけど楽しい。って

嘘でしょ?

まあ、そうでも思わないとやってられないんだと思う。

こんな時でも、心を一つにして頑張ってくれるセカンドシェフ。
彼の支えと頑張りがなかったら、今頃どうなっているか。
でも、二人とも、体力的に限界なのは見てて分かる。
しんどそうで、見ていて涙が出そう。
そして、それをまた支えてくれている奥様にも感謝です。

今日、久しぶりの休み。
一週間の疲れを溜め込み、死んだように眠るダンナが、
ほんとに死んでないかと心配になり、何度も息をしているか確認してしまった。

一週間はなんとか乗り切ったけど、
こんなのがずっと続いたら、ほんと、ヤバい。

店が忙しくなることがこんなに怖かったことはない。
「あまり天気が良くなりませんように。あまりお客さん来ませんように」
こんなことを願うのは、経営者としておかしいことだけれど、
今はそう願わずにはいられない心境です。

先週は、ランチタイムはメニューも限定メニューにして、入場制限も行いました。
それでも金曜日は二人で60人以上やりました。
お客様をがっかりさせたくないので、「これ以上は無理」というところまで頑張って、
あとは席があいていてもお断りしたのですが、
やっぱり金曜日はみんな時間に余裕があるみたいで、
(ランチのあとは、もう仕事ナシっていう人が多い)
待ってでも入りたいって言う人が多くて。
長いランチタイムだった。。。

多くの方にご心配いただいてますが、なんとかやってます。「今は」。
でも、ゴールが見えないので、いつまで頑張れるか。。。
本気で二人の体が心配です。
このままランチタイムのスタッフが決まらなかったら、
今後の店の営業のこと、本気で考えなければいけないですね。

ちょっと、深刻です。。。(涙)

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA