さて、クィーンズタウン二日目。
今回は、のんびりする旅を目指していたので、
帰りの便も19時半。
お昼は毎度お邪魔させていただく友人宅でまったり。
夕方から、湖のほとりに新しくできたというBARに行ってきました。

これが、あの有名な紳士服のブランド「Rodd & Gunn」に併設されていて、ロゴも同じ。
どう見ても、同じだね、オークランドでは見たことないけど。
ときたまクィーンズタウンは、オークランドの先を行っている。

The Lodge Bar クィーンズタウン レストラン

全面ガラス張りで、湖を眺めながらお酒が飲めるテーブルもあり、
広さの割にはゆったりとした席数で、ちょっとラグジュアリーな感じです。
それこそ、ドアマンとかでもいそうな雰囲気でした。

The Lodge Bar クィーンズタウン レストラン

行った時間は18時でしたので、もっと混んでてもいいんじゃないかという時間帯でしたが、
3組ほどしかお客さんももらず、窓に向かって座る席をGET
天気が悪いのは残念でしたが、それでも、特等席ですよ。
早速、ビールとカクテルを注文し、ワカティプ湖に乾杯!

The Lodge Bar クィーンズタウン レストラン

料理は、レストランというよりも、バーメニューなんですが、
とりあえず、鹿肉のタルタルと、昨日と同じくダイヤモンドクラムを注文しました。

The Lodge Bar クィーンズタウン レストラン

シンプルですが、味やトッピングのバランスがとても良く、
皿の完成度の高さを感じさせる一品でした。
いわゆる「他の皿も注文したくなる」っていうヤツですね。

そして、お次はダイヤモンドクラム。
昨日はバターソースでしたが、今日は生です。

The Lodge Bar クィーンズタウン レストラン

もう、ビジュアル的に素敵すぎますよね。
最近、こうやって、石や貝殻の上に盛り付けるのが流行ってますよね。

他にも魅力的なメニューはあったのですが、
なんせ飛行機の時間まで30分ほどしかなかったため、
入ったときから、お酒を一杯と、つまみを2皿だけ注文して帰ることを決めていました。

残念!次はもっとゆっくり行ってみたいものです。
でも、あくまでもバーなので、ここだけでお腹いっぱいにはなりません。
やっぱり、食前か、食後に寄るのがよさそうですね。
いやー。お勧めですよ。

さすがクィーンズタウン。
小さい街なのに、RATAもそうですが、こういうクオリティの高い店があったりする。
いつも言うことですが、日本食だけが遅れているんですよね。
クィーンズタウンには、昔ながらの和食店と、居酒屋しかありません。
それが悪いというわけではなく、十分流行っているんですが、
ジャンル的に、オークランドでいう、EBISUやMASUみたいなのがないんですよね。
絶対需要はあるのに。
まだまだ、クィーンズタウンのJapaneseは、大きな可能性があります。

でね、ちょっとぷらっと立ち寄っただけのBARにしては、
クオリティが高すぎるな。と思い、ちょっと調べてみたんです。
そしたら、シェフのMatt Lambert さんは、オークランド生まれのオークランド育ちで、
ニューヨークのミシュランスターを獲得したレストランのオーナーシェフなんですって。
へー、そんなすごいNZ人シェフがいたのねー。知らなかった。

どうりでクオリティーが高いはずだわ。
Rodd&Gunnとは、昔からの友達で、この新しいBARを任されたらしい。
なるほど。

これからが、ますます楽しみなクィーンズタウンでした。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックお願いします。

(つづく)

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA