今年に入ってからというもの、いろんなものが壊れすぎ。
まず、バーの冷蔵庫。
突然冷えなくなって、修理にきてもらいました。
2月15日 $300

そのあと、洗浄機の調子が悪くて、修理に来てもらいました。
3月3日 $260(バー用) $650(キッチン用)

おまけに、バー用は、修理後、前よりも変な音がするようになり、
再度来てもらいました。
3月30日 $180

次に、この前冷えなくなった冷蔵庫と同じ冷蔵庫の電気がつかなくなりました。
真っ暗ですよ。電球替えてもつきません。
修理にきてもらいました。
3月20日 $250

そして、オーブンのドアが壊れて、開閉ができなくなり、修理。
これ、ドアを外して、業者に持って行きましたよ。
5月1日 $204

次に、別のバーの冷蔵庫が急に冷えなくなって、
修理にきてもらいました。
5月15日 $660

そして、キッチンのウォークイン冷蔵庫が急に冷えなくなって修理を呼ぶと、
冷却装置の故障で、その部分を丸ごと取り換えるとかで、膨大な費用が。
5月17日 $2000

寒くなってきたので、エアコンを「冷房」から「暖房」に切り替えました。
すると、エラー表示。
修理にきてもらいました。
とりあえず、どこが悪いのか点検して、
部品などを取り寄せるので、また連絡する。といって、
一か月放置。
そして、届いた請求書は、「見た」だけで何も直してないのに、すごい金額。
5月30日 $350

さらに、修理した場合にかかる費用が、別途見積もりが届き、
$1200!だそうで。

見積もりにかかった費用とあわせたら$1550ですよ。
でも、これで修理をお願いしなかった場合、$350支払い損ですよね。

それにしても、NZって、ほんと、なんでも高い!
日本で修理がいくらするのか分からないので、何とも言えませんが、
一回呼べば、確実に$300は飛びます。
日本もそんなもんですか?一回呼んだら3万円。

それプラス、修理に必要な部品代とか、その他諸々が加算されて、
こんな金額になるわけですよ。
エアコンの修理なんて、まだ修理してもらってないのに$350ってありえないし、

冷蔵庫が冷えなくなって修理呼んで6万円も払うなら、
中古のちょっといいやつ買えるんじゃないの?

というわけで、今年が始まってまだ半分も終わってないのに、
すでに「修理」に費やした費用が$4800!!!
もし、エアコン修理したら$6000!

ほんと、破産しますよ。ありえませんよ。半年で60万円の修理代。

修理代払うために働いているみたいですよ。

ま、壊れるときは一度に壊れるっていうけど、一度に壊れるにもほどがある。
しかも、去年だっておととしだって、それなりに修理してるし。
クライスとチャーチ時代からの古いものもあるし、
現在のビジネスを買ったときからあるものもあるし、
古いのは認める。
でも、NZは新品買うのもすごく高いので、
修理しながらだましだまし使うしかないのよね。
日本だと、新品同様の中古厨房器具とか、超安く手に入るのに。。。

日本で修理代がいくらかかるのか分からないので、
一概には比べられないけど、
NZは、これ系の値段が本当に高い。
高いくせして、完成度低い。

今日は愚痴でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA