日曜日は、ランチの後に、ビニールハウスの植木の手入れなどをする予定だったのに、
午後から雨が降ってきてしまったので2時間ほど休憩して、
夕方から作業を始めました。
その流れで、夕飯を食べようと思ったときにはもう20時。
疲れていたので、さっと食べてさっと帰って来れるところに行こうと、
CITYのスシトレインに行くことにしました。
でも、いつも行っているViaductにあるスシトレインは21時閉店。
今から行ったら30分しかありません。
そこで、行ったことはないんだけれど、去年かおととしかに新しくできた、
Cancery Lane 店の方の営業時間を調べたら、21:30までだったので、
今回は、そっちの方へ行ってみることにしました。

到着したのは20:45
閉店時間に間もないレストランに行くのって、
「まだ大丈夫かな?」っていう緊張感がありますよね。
私たちが行ったときは、他にまだもう一組いました。

カウンターに座り、さっそく流れてくる寿司を取り始めました。
でも、閉店間際のせいか、あまりたくさんは流れていないので、
いつもViaduct店で食べる、
アボカドの細巻と、サーモンとクリームチーズの細巻を注文しました。

注文は、カウンターで寿司を握っているシェフに直接したのですが、
日本語で注文すると「私は日本人ではありません。でも、日本語わかるので大丈夫です」
と言われました。

そのあとも、私たちが何を注文しようかメニューを見て迷っていると、
「今日は、いいマグロ入ってますよ」とか、
「赤貝とイクラがありますよ」とか、
「まさに、そんなのが食べたかった」というのをお勧めしてくれて、
日本人が好きなもの分かってるなぁ。という感じでした。

でも、このCancery 店で一番驚いたことは、
なんと、一皿$3.5均一料金なこと!
同じネタなのに、いろんな色の皿に乗って回ってくるから、
「おかしいな???」とは思っていたのです。
まさか、均一料金とは!!!
Viaduct店では、皿の色によって値段が違ったので、
まさかシステムが違うとは思っていませんでした。

スシトレイン 回転寿司 Cancery Lane

滞在時間30分で、2人で$66でしたが、十分満足できる夕飯となりました。

さて、スシトレインからの帰り道、
Queens St のスターバックスが21時過ぎているのに一階も二階も満席!
すごいなー。
クライストチャーチの大聖堂前のスタバなんて17時閉店だったのに!
さすが、眠らない街オークランド。(「NZでは」ね。)
そして、Queens Stの上の方に、ビアードパパを発見。
CITY店がOPENしたのは知っていましたが、
実際の場所は初めて見ました。
っていうか、ビアードパパまで、まだ開いていることに驚き!
さすが、眠らない街オークランド(しつこい)

そして、ビアードパパの2軒隣に、気になるポスターが。。。

北海道ベイクドチーズタルト

「北海道ベイクドチーズタルト」の店がOPENするらしい。

私、最初このポスターを見たとき、
ビアードパパの姉妹店かと思ったんですよ。
だって、「北海道」って、すごい限定された商品じゃないですか?
きっと日本の企業が出店するに違いない。
しかも、ビアードパパの並びだし、こりゃ系列店だろ。
と。

ところが、家に帰ってから、気になって調べてみると、
全然「ビアードパパ系列」ではありませんでした。
それどころか、日本の会社ですらありませんでした。

北海道ベイクドチーズタルトのwebサイトによると、
マレーシア発祥のお店で、上海、シンガポール、インドネシア、ブルネイなど、
アジアを中心に店舗展開していて、
現在オーストラリアには11店舗(!)もあるらしい。

それが、このたびオークランドに上陸するわけですねー。
とっても楽しみです。
メニューは、チーズタルトのみで、オーストラリアでは、1つ$3.9だそうです。
NZではいくらで販売するんですかねぇ。

私がビアードパパのオーナーなら、
同じビルの2軒隣に、同じ系統の店舗は入ってほしくないけど。
相乗効果となることを期待するしかないですよね。
もしかして、ビアードパパのオーナーが、
北海道ベイクドチーズタルトのフランチャイズ契約をして出店するとか??

勝手にいろいろな思いが交錯してます。

最後に、北海道ベイクドチーズタルトのwebサイトから、
美味しそうな写真を拝借。

北海道ベイクドチーズタルト

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA