抜歯後の仮歯を作るために再びGPへ⑤


さて、先日、インプラントについての説明を受け、
とうとうインプラントに向けて動き始めました。

今回は、再びGPへ行って、抜歯したあと、
インプラントにするまでの数か月間使うことになる「仮歯」を作りに行ったのです。

抜歯するのは右の前歯なので、左の前歯と色を合わせるため、
様々なサンプルをあてて、どの色にするのかを決めていきました。

「君の歯の色は、見たことがないような変わった色だね!難しいよ!!!」
と、歯科衛生士とともに、いろんな色を試していました。

歯の型は、前回とっていたので、今回は本当に色合わせだけ。
時間も15分ほどで終わりました。

そして、お会計。

「一括で払う?」と言われ、
「え?そんな高額なの?」と思いつつ、
どのみちクレジットカードなので、一括でお願いしました。

そして、その金額を見てびっくり!
な、な、なんと、$1740!!!!

えーーーーー!!!!ですよ!

日本円でいうと、15万円くらいの感覚でしょうか。

だって、「仮」の歯ですよ。
仮で数か月しか使わないのに15万は高すぎるでしょ?

でも、ま、払ったんですけど。
だって、払うしかないですよね。

次回は、今日の色合わせで作った「仮歯」が完成したら連絡がくるので、
そしたら、とうとうインプラントの歯医者で抜歯です。

2~3週間で出来上がると言われたんですが、
7月2日に「できあがりましたよ」と連絡がありました。
まさに3週間後でしたね。

というわけで、とうとう、インプラントの歯医者を予約することになったのですが、
せっかく仮歯ができたというのに、予約は結構先で、
7月27日になりました。

こんな先になるくらいなら、仮歯ができてから予約を入れるんじゃなくて、
予約を先に入れておかないと、どんどん予定が遅くなっていく気がします。

というわけで、ここまでの流れ。

5月11日GPの歯科医$171
6月8日インプラントの歯科医
コンサルテーション
$308
6月15日GPの歯科医
仮り歯の色合わせ
$1740
7月2日仮り歯完成
7月27日インプラントの歯科医
抜歯の予約

(つづく)

とうとう抜歯。困難のはじまり⑥

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA