抜糸後、上あごに糸残ってる?⑨


8月7日に抜糸をして、多少は食事が食べれるようにはなった気がしますが、
やはり、歯茎がまだ完全ではないので、食事も完全には戻っていません。

ところで、抜糸が終わった後、ずっと気になっていたことがあって、
なんだか上あごに、糸が残っている気がするんですよね。
舌で触ってみると、なんか糸みたいのがチクチクする。
8月21日に、抜糸後検診があるので、その時にみてもらえばいいか、と思っていたのですが、
なんだか、その「糸が残っている感じ」がだんだん薄れてきて、
糸が歯茎の中に入って行ってしまってる感じがしてきました。

完全に糸が中に入ってしまう前に、行ってとってもらったほうがいいよなー。
とは、思っていたんです。

そんな矢先、抜歯をした歯茎の先端から、
グレーに変色した歯茎がべろーんと取れて来て、
なんか、ピロピロぶらさがってる。

これは、もう恐怖でしたね。
だって、もしかして、せっかく移植した歯茎がきちんとくっついてなくて、
もう壊死して取れてきちゃってるとか!
そんなだったら怖いじゃないですか?

そこで、歯医者に電話して、状況を説明したところ、
「とりあえず、明日きて。それと、そのグレーのピロピロした部分の写真を撮って送って。」
ということでしたので、
間抜け顔で口を開けて、前歯のないところの歯茎がピロピロしている写真を撮って、
歯医者に送りました。

翌日、歯医者で見てもらうと、やはり、上あごには糸が残っていて、
しかも、一週間ほどたっていたので、前よりも糸が奥に入ってしまって、
とても取りにくくなっていたんですね。
ほじくりだすような感じでピンセットで糸を抜いて、結構痛かったです。
歯科助手さん、頼みますよ!!

そして、前歯の歯茎からぶら下がっているグレーの歯茎ですが、
移植した歯茎が取れてしまったんじゃないかと言う心配をしていましたが、
それは大丈夫だったようです。
移植した後の歯茎がきちんと育ってきているので、
これは、かさぶたのようなもので、この古い皮が取れたら、
綺麗な歯茎が出てくるのだと言われました。

実際、このグレーの歯茎が取れた後、綺麗な歯茎ができあがってきたので、
ほっと一安心。

でも、そういうことなら、最初に言っておいてほしい。
ホント、ビビリましたよ。
(言われていたけど理解していなかったのかもしれないけど。。。)

そして、本当なら、抜糸後2週間検診が来週に控えていたのですが、
今回、状態が良好なことが確認できたから、
来週は、もう来なくて良い。ということになりました。

あとは、移植した歯茎が安定するまで3か月ほど待つんだそうです。

というわけで、インプラントの手術は、11月30日で決定いたしました!
わー。まだ3か月もあるのかー。気が遠くなります。

抜糸後は、前よりも、歯茎とデンチャーのフィット感が上がった気がして、
食事も、以前より、多くのものが食べれるようになったと思いますが、
それよりも、グレーの歯茎がとれたあとは、歯茎が出来上がってきたので、
デンチャーがあたっての痛みや違和感もなくなって、
食事は、ほぼほぼ元通りになりました。
ただ、「前歯でかじる」というのはできませんので、
それだけは、あと3か月我慢でしょうねー。

5月11日GPの歯科医$171
6月8日インプラントの歯科医
コンサルテーション
$308
6月15日GPの歯科医
仮り歯の色合わせ
$1740
7月2日仮り歯完成
7月27日インプラントの歯科医
抜歯
骨移植
歯茎移植
$600
$600
$1300
合計 $2500
8月7日抜糸
8月15日取り残した糸を取ってもらいに行く
8月21日抜糸後検診予約キャンセル
11月23日インプラント前レントゲン撮影
11月30日インプラント

(つづく)

信じられない誤請求で、高額支払⑩

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA