さて、前回のブログの続きです。

オークランドのアパートのローンを完済したことにより、
なんだか一区切りついてしまった私たち。
次のことを考えるときがやってきました。

元々、私たちは、オークランドは「仮住まい」だと考えていて、
何年暮らしても、「自分たちはよそ者」感でいっぱいでした。
いつまでたっても、私たちはオークランド人にはなれない。
大好きな南島に帰りたい!

南島に行ったことがある人にはわかっていただけると思いますが、
南島こそがニュージーランドだと、私は思っています。
日本も、東京が日本で一番の都市かもしれないけど、
「JAPAN」といってイメージするのは、
「富士山」だったり、「京都のお寺」だったりするわけですよ。
ニュージーランドのそれって、やっぱり、南島だと思うんですよね。

というわけで、南島に帰る。という選択肢は、私たちのなかで常にありました。
いや、むしろ、「いつか南島に帰ること」を夢見て、
大都会オークランドで身を粉にして働いてきたと言っても過言ではありません。

そして、その南島の話なんですが、
単純に言って、多くの人は、私たちが「クライストチャーチ」へ帰ると思うことでしょう。
でも、違うんです。
私たちが帰ろうと思っているのは、「クィーンズタウン」なんです。

11年前、まだ結婚前にクィーンズタウンでクリスマスパーティ
二人とも、若いね。

元々、クィーンズタウンは、私とダンナが出会った街でもあり、
毎年必ず訪れる場所でもあります。
世界遺産の中に暮らしているような、絵画の中の世界のような、
そんな美しい場所です。

そして、クィーンズタウンは、世界のセレブが集まる観光地でもあります。
なんていうのかなー。大都会ではないんだけど、田舎町じゃなくて、
オシャレなショップや、素敵なレストランやホテルもたくさんあるんですよ。
ちょっと違うかもだけど、軽井沢みたいな?違うか。

ま、そんなわけで、オークランドで散々働いて、「やりきった」と思えたら、
クィーンズタウンへ引っ越したいとずっと考えていました。

最初は、クィーンズタウンでまた巽をやることも考えていたのですが、
なんせ小さな町なので、まず物件がでない。
出ても超高くて手が出ない。
というわけで、クィーンズタウンで店をやるというのは、非現実的すぎて、
ちょっと無理かな。って

そんな時に思いついたのが、プライベートシェフ。
そんなのやってる人たくさんいると思うんだけど、
巽みたいな料理のスタイルでプライベートシェフやってる人はいないと思う。
クィーンズタウンは、豪邸に住むお金持ちがたくさんいるから、
そういう人の家にいって、料理を作るんです。
そして、私が着物で料理を提供したりして。
ただ料理をケータリングするんじゃなくて、
お客さんの家が、「巽そのもの」になるようなケータリング。
素敵じゃないですか?

なんか、そんなプランとかも考えたりして、
いろいろ盛り上がっていました。

夢を語るのは自由ですからね。

でも、私たちには、「クィーンズタウンへ行く」というプランA以外に、
「日本へ帰る」というプランBもありました。

長くなったので、プランBについては、また次回。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA