2007年に、クライストチャーチで巽をOPENしたときに、
ロゴは「漢字」でした。
やっぱ、日本食レストランは漢字表記だよね~!って思っていたからです。
漢字は一文字で「巽」
読めない人もいて、「翼(つばさ)」と間違えられたりしたなぁ。

その最初のロゴがこちら。

エントランスに、看板代わりに日よけ暖簾を作ってもらいました。
この写真だと分かりにくいんですが、
漢字の下に英語表記もあって、箸のデザインをあしらっています。

オークランドに行くときに、普通の暖簾に作り替えて使い続けました。

オークランドへ移転する時、ロゴを変えることにしました。
というのも、オークランドは都会だから、
日本食レストランでも、店名が英語表記のみの店が結構あったのです。
目指すは居酒屋ではなく、高級志向の店だったので、
漢字表記は、店を安っぽく見せてしまうような気がしました。
そこで、考えらえた新しい英語表記のロゴがこちら。

この看板はかっこよかったですが、難点もあって、
店構えのせいもあり、日本食レストランだと認識してもらいにくかったのです。

そして、クイーンズタウンにやってきて、今度はロゴをどうしよう。と考えたとき、
やはり、「和食」であることは入り口でわかった方がいいのでは?と思うようになりました。
というのも、今度の店は2階なので、店内は全く見えず、エントランスしか主張するところがないのです。

そこで、新しいロゴは、クライストチャーチのロゴと、オークランドのロゴをMIXすることにしました。
そしてできあがったのがこちら。

漢字表記と箸のデザインはクライストチャーチの時のもの、
下の英語表記はオークランドの時のものを使うことにしました。
そして、この新しいロゴのデザインを入れて作った、エントランスの足マットです。

看板は、オークランドの時のものをそのまま持ってきて取り付けました。

当然、クライストチャーチの時の暖簾も使ってます!

こちらは、クライストチャーチ時代に、お客様が焼いてくれた飾り皿。
2枚あったのですが、一枚は地震の時に割れてしまいました。
残った一枚は、少し欠けてはしまいましたが、今でも飾っています!

現在のクィーンズタウンのお店のエントランスは、こんな感じに仕上がってます。

クィーンズタウンのお店は、いろんな意味で、クライストチャーチとオークランドの店の集大成だと思っているので、
私は、その2店舗のロゴを使って作った今回のロゴ、とっても気に行ってます!
このマットが届いたのが先週のことなんですが、
心なしかお客様が増えたような気がしています。
気のせいかな?

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA