水曜日、病院から電話がかかってきました。

「金曜日に先生が手術できるので、木曜日にインバーカーギルに来てください。
今のところ、まだベッドは空いていないんだけど、きっと金曜日には空くと思います。
前日には入院できないので、近くの宿を自分で手配してください。」

え?金曜日?
「平日はなんとかなるけど、金土だけはやめて。」
と思っていたのに、まさかの金曜日。
金曜日手術ということは、木、金、土、日の4日間は出勤できないことになります。
希望は、日、月、火、水の4日間だったのに。。。
上手くいかないものですよね。
木、金、土は予約も入っているので閉められないし、なんとかするしかありません。
残されるスタッフとも相談し、とりあえず、予約だけはやろう。
ということになりました。

そして、木曜日のインバーカーギル行きのタクシーと、宿の手配の件で、
ACCから電話がかかってきたのですが、
毎日朝8時に、クィーンズタウンホスピタルからインバーカーギルホスピタルまでシャトルバスが出ているらしいんです。
なので、それに乗ってくれって。
それと、宿代は$55までサポートするので、それ以上は自費。

宿を探しましたが、そんな安い値段の宿だとシャワー共同だったりするんですが、
ギブスで松葉杖の状態で、シャワー共同とか無理なんで、
普通に部屋にシャワーがついている宿にすると、やっぱり安くても$120くらいはかかってしまうんですよね。
ダンナは、シャワー共同で$55の部屋でも仕方がないか、と言っていましたが、
一人で行くわけだし、できるだけ不便は回避したいので、シャワー付きの部屋を予約してもらいました。

それと、朝8時のシャトルだと、宿に着いたときにまだチェックインできないし、
シャトルに乗るために病院までタクシーで行かないといけないし、
手術は金曜日なのに、木曜日の朝8時に出発する必要もないんじゃないか。ってことで、
自分で民間のシャトルバスを予約しました。こちらは$60でしたが、この代金は、ACCが支払ってくれるそうです。
出発時間は13時で、家まで迎えに来てくれるので、完全にこっちの方が良いに決まってますよね。

というわけで、宿とシャトルの予約を済ませて、3泊4日分のお泊りセットを用意して、
あとは、お店のスタッフに、ダンナがいなくても大丈夫なようにいろいろ引き継ぎをして、
いざ、出発の木曜日。
インバーカーギルの宿についたら、車もないし、松葉づえで外出もしないので、
お昼ご飯と夕飯用に、おにぎり2個と、ラ王のカップ麺と、UFO、冷たいお茶と、ポットに入れた温かいお茶を持たせました。

無事に手術が終わればいいんですが、「金曜日にはベッドが空くはず」という憶測の元、出発しているので、
万が一空かなかったら、やっぱり手術はできないんですって。
それでも、金曜日の朝7時に病院に来るように言われているらしいので、
もう、そこで無事に手術をしてもらえることを祈るばかりです。

木曜日の夜、ダンナから送られてきた写真。

茶々か???
まさか連れて行ってないよね???

と思うくらい、茶々にそっくりな猫ちゃんが宿にいたようで、
今夜は猫ちゃんと相部屋で、寂しくない夜を過ごせそうです。

そういう私も、ダンナがいなくても、猫ちゃんたちがいるので、
寂しくありません。

そして、金曜日。
朝から、ダンナからはなんの連絡もないんですよ。
こちらからメッセージを送っても、一切返信なし。
通常であれば、「病院行ってくる」とか「病院ついた」とか「手術〇時からになった」とか、
なんか連絡来てもいいと思うんですよね。
「便りがないのは元気な証拠」といいますが、
病院ついて速攻手術することになって、まだ麻酔で眠っているところで、返事がないならいいんですが。。。
猫を餌に、拉致られたりしてないでですよね???

というわけで、現在、連絡待ちの状態です。
無事に手術が終わっていることを祈ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA