ダンナの足の骨折の手術から2週間経ち、
金曜日が2週間検診の日でした。
手術はインバーカーギルで行いましたが、
2週間後検診はクィーンズタウンで出来て、
しかも、最初に行ったメディカルセンターではなくて、
ホスピタルにある骨折専門のクリニックで見てもらえるとのこと。

そもそも、メディカルセンターも病院で、ホスピタルは大きい病院、という程度の認識だったのですが、
メディカルセンターは私立で、ホスピタルは公立らしい。
Queenstown Medical Centre が私立で、Lakes District Hospital が公立って、
一般人にはとっても分かり難い事実でした。
最初からホスピタルへ行っておけば、手術の順番ももっと早かったらしい。って聞いて、
無知って怖いな。って思いました。

そして、術後のケアはホスピタルの方でやっていただけるってことで、安心してました。
ところが、術後検診の時間の連絡が、3日目になっても来ないんです。
金曜日ってことはわかってたので、時間の連絡だけ来ることになってたのですが、
私は「まだ3日もあるし、そのうち連絡くるんじゃない?」くらいに思ってました。
でも、ダンナは、どこか信用できなかったようで、
金曜日の術後検診の予約がどうなっているか、ホスピタルへ直接確認しにいったのです。
そうしたら、心配した通り、金曜日に予約が入っていなかったのです!
受付の人は、すぐに、インバーカーギルの病院に確認して、連絡させるって言ってくれたので、
とりあえず、予約時間の連絡を待つことになりました。

ところが、前日になっても、病院からはなんの連絡も来ず、
ダンナは朝イチでホスピタルへ行き、「今日の検診どうなってますか?」って聞きに行ったのです。
そうしたら、インバーカーギルの病院からは、結局予約が入っておらず、
今週はいっぱい。しかも、来週の金曜日もいっぱい。ってことが発覚。
そもそも、クィーンズタウンの病院の、骨折専門クリニックには、
毎週金曜日しかお医者さんが来ないんだそうです。

そこで、仕方なく、一番最初に行ったクィーンズタウンメディカルセンターへ行き、
事情を説明すると、
「術後検診できるよ」と言ってくれて、
めでたく来週の月曜日に予約を入れることができたのです。

術後検診の予約が入っていなかったってのは、本当に信じられないことなんですが、
今週も来週もだめって、そりゃないですよね。
今回は、たまたまメディカルセンターで予約が取れたから良かったけど。。。

と、しばらくしてホスピタルから連絡があり、
「来週の金曜日に空きができたので、検診に来てください」って。

え???もうメディカルセンター予約しちゃったよ。
ダンナが、そういった事情を説明し、「メディカルセンターの方はキャンセルした方がいいか?」と聞くと、
「あなた次第。好きな方でいいわ」と言われちゃいました。
そんなこと言われても、どっちの方がベターなのか、ダンナには分かりません。
せめて、どうしたらいいかの指示が欲しいですよね。

そこで、ホスピタルで働く日本人の看護士さんに相談させてもらったら、
骨折した足をぶつけたとか、痛みや腫れがあるとか、
そういったことがない限り、術後検診は多少延びても大丈夫。とのアドバイスをいただき、
結局、来週の金曜日に、ホスピタルの方で検診をしてもらうことにしました。
だって、今後もずっとホスピタルの骨折クリニックでケアをしてもらうんだったら、
術後検診もそっちでお世話になった方がいいですもんね。

というわけで、せっかく取ったメディカルセンターの方の月曜日の予約をキャンセル。

本来であれば、この前の金曜日の術後検診で、問題がなければ、
もっと軽いファイバー製のギブスに付け替えるか、
重いけれど歩くのが楽になるムーンブーツに履き替えるかできたんです。
そうしたら、生活が、今よりずっと楽になるはずだったのに。。。。

一週間後まで据え置きとなりました。
残念。

眠くて機嫌が悪そうなジジ

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA