オークランドから来ていた庭師の方が帰った後、
「春までに、ある程度まで完成に近づける」ことを目標に、
ダンナと二人でせっせと庭仕事を進める予定でいました。

が!その翌日に、「骨折」というアクシデントに見舞われ、
庭仕事は頓挫。
ギブスが取れるまで待っていたら、もう春になってしまうよ。。。
と、半ば諦めモードだったのです。

そこで、思いついたのが、庭仕事エクスチェンジ。
うちは、幸い、空き部屋が2つありますので、
そこに、そろそろフラットメイトを入れようかなぁ。と思っていたのです。
フラットメイトを入れればお金が入るけど、今必要なのは労働力。
ということで、庭仕事をしてくれる人に、無償で部屋を提供することにしたのです。

「一日2〜3時間程度の庭仕事で、お部屋を無料で提供します」

と広告を出して二日後、オークランドから21歳男子の応募があり、
そのさらに二日後、またもやオークランドから27歳男子の応募があり、
二人に来てもらうことになりました。

一人でもよかったんですが、力仕事は二人の方がはかどりますよね。
しかも、二人とも、すでに次の仕事が決まっているので、
その合間に一ヶ月だけ。という期間限定だったのです。
だったら、二人がかりで、一ヶ月で、じゃんじゃん進めてもらう方がきっと良いですよね!
二人きてもらっても、別に給料を倍払うわけではなくて、
空いている部屋を提供するだけですから、私たちにも損はありません。

二人をクィーンズタウン空港までお迎えに行き、
今週から、二人の庭仕事が始まりました!

まずは、砂利を敷くところの芝生を剥がす作業からです。
庭師の人がいる間に、デッキの前の一部分だけ剥がして、3週間もそのままになっていました。

デッキの正面部分だけ終わっていたので、

1日目には、デッキ正面から手前部分を剥がし終え、

2日目には、デッキ正面から向こう側までは剥がし終え、

3日目の今日は、ここから見えない家の向こう側の芝生を剥がす予定です。

芝生を剥がしたところに玉砂利を敷き詰め、
剥がした土は、山をかたどるようにを盛り土にしていきます。
盛り土にしたところには、オークランドから持ってきたモミジが3本、
もともと庭に植えてあった桜、ハナミズキなどを、すでに庭師の方が配置してくださったので、
あとは、形にしていくだけです。

玉砂利を流す部分の芝生をすべて剥がし終わったら、
次は、雑草防止のシートを敷き詰めて、玉砂利を流します。
でも、とりあえずは、シートを敷き詰めるところまでやって、
玉砂利はもっと完成が近づいた最後の方で流します。

デッキの前は、そんな感じで仕上げますが、
庭の入り口から家の玄関側の庭は、芝生はそのままにして、
実のなる木を植えていきます。

実のなる木は、花も咲きますし、果実という実益もありますし、
いつ実が取れるまでに成長するのか楽しみです。
サクランボ、梅、フィジョア、ライム、みかん、レモン、イチジクを植えましたが、
これは暫定で、まだ完成ではありません。

次は、駐車場と庭の境に植えてある木を、すべて道路と庭の間にある柵の外側に植え替えます。
そして、最後は、家庭菜園用の畑の設置です。

ここまで、二人で一ヶ月で終わらせてくれたらいいなぁ。と思ってます。

また、庭が進んできたら、UPしたいと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA