我が家には、2匹の猫ちゃんがいますが、姉妹なのに、全然性格が違います。
まあ、人間でも、姉妹だからって性格や好みが似てるかっていうとそんなこともないので、猫でもそうなんだと思いますが、成長するにつれ、2匹の個性が出てきていて面白いです。

茶々は、根っからの甘えん坊。
かまってちゃんで、人の後を付いて回って、お腹を上にしてゴロンとします。
食事中も、テーブルの上に上がってきては、人の食べているものを食べたがり、もう大変です。

ジジは、そんな茶々を、いつもちょっと遠くから眺めています。
そして、茶々が飽きてどこかへ行くのを見計らって、トコトコと近づいてきます。
食事中もテーブルの上には上がらず、キャットタワーの上から眺めています。
でも、外への散歩は、ジジの方が積極的に出かけて、帰ってくる時間も茶々より遅くて、心配することもあります。

そんな、ちょっとクールなジジですが、数週間前から、突然ある行動をおこしはじめました。
それは、お気に入りのオモチャを、私たちのいるところまで運んでくるのです。
しかも、「ふんにゃ。ふんにゃ。ふんにゃ。ふんにゃ。」と、聞いたこともないカワイイ声を出して。

リビングにいれば、ベッドルームからオモチャを運んできて、ベッドルームにいれば、リビングからオモチャを運んでくるのですが、遠い向こうの方から「ふんにゃ、ふんにゃ、ふんにゃ、ふんにゃ。」と声がだんだん近づいてくるので、ジジがオモチャを持ってこっちに向かってきていることがすぐに分かります。
そんな時、「来たぞ来たぞ!」といって、両手を広げて待ち構えるのです。
そして、頑張ってオモチャを運んで来たジジは、私たちの前に、ポトっとオモチャを落とします。

たまに、朝方、ベッドルームのドア付近で「ガチャガチャ」と音がして眼が覚めるのですが、そういう時は、大抵ジジがオモチャを運んできていて、ドアに棒が引っかかるのです。
たまに、棒がドアを通らなくて奮闘したり、諦めたりしてます。
まあ、そもそも、引きずって運ぶオモチャではないですからねー。

最初は、オモチャを持ってきて「遊んで欲しいアピール」をするなんて、普段はクールなジジらしくない。と思っていました。
でも、持ってきたオモチャで遊んであげようとしても、案外そっけなく、向こうへ行ってしまうんですよね。

それで、ちょっと、そういう猫の行動について調べてみたら、これってどうも「狩りの獲物」を私たちに届けているんじゃないか?ってことに気づきました。

「そうか!褒めて欲しいのか!」

それからは、ジジが「ふんにゃ、ふんにゃ」といってオモチャを持って近づいてきたら、思い切り褒めてあげることにしました。
そうすると、満足そうに、向こうへと去っていきます。

まぁ、それにしても、このオモチャを運んでくるジジの行動が可愛すぎて、もうたまりません!
これ、茶々はやらないんですよねー。

実は二人のオモチャの好みも違って、ジジは、キラキラがついたオモチャが好きなんですが、茶々は、鈴の入ったピンクの金魚がお気に入り。
取り合いにならなくてなによりです。

茶々は「遊んでアピール」がもの凄くて、朝からベッドの上に上がってきては、顔をぺろぺろしてくるのですが、ジジは、そっとベッドの上に乗ってきて、私の枕元で頭を擦り寄せて一緒に眠るのです。
私は、そんな控えめなジジが大好きです。
もらわれてきた時から、茶々は美人で、愛想も良くて、甘えん坊で、「かわいい、かわいい」と言われて育ってきたのですが、フラットメイトや友達など、ジジと一緒にいる時間を長く持つ人は、口を揃えて「二人ともカワイイけど、やっぱりジジが好き」と言うんです。

獲物を捉えるハンターの眼

もちろん二人ともカワイイんです。
どっちがどっちなんて言えないくらい。
でも、アピールしなくても「ジジが好き」と言ってもらえるジジって、なんか持ってるんだな。と思います。

実は、私の姉もそうで、自ら何かをアピールするわけではないのに「お姉さん、いいよね。」とよく言われるのです。
うちのお店を手伝っていた時は、かなり多くのファンを獲得していましたし、なんと日本に帰った今でも、当時のお客さんやスタッフたちと繋がっていたりするんです。
人の魅力って、そういうところに表れるんですよね。
私は、いつも、ジジを見ながら姉を思い出します。
妹の茶々をいつも気遣って、一歩下がったところから見守って、いつも妹を優先して自分は控えめ。

現在姉は、仕事が忙しくてNZに来れないんですが、早くジジと対面させたいなぁ。って思ってます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA