私たち、インドカレーが好きで、よく行くんですが、いわゆる普通のインドカレー屋さんとは少し違った、お洒落な感じのカレー屋さんをワカティプ湖畔に発見。

メニューを見てみると、なんだか、メニューも普通のインドカレー屋さんとは違う感じ。
Degustation とかあるんですよ!
そして、単品のメニューを見ても、よく見る名前のカレーが見当たらない。
例えば、バターチキンとか、チキンティッカマサラとか、そういうのがない。
3人で行ったので、とりあえず、前菜を2品とカレーを3品注文することに。

前菜も、20種類くらいあって、よく見るインド料理やの前菜とは違うものがいっぱい。
私たちは「ラムラック」と「ソフトシェルクラブ」を注文。
両方とも、うちの店のメニューにあるので、値段の参考にしたいというのもありました。
カレーは、もうよくわからないので、私は、スペシャリティと書いてあった「Nilgiri Murg」というカレーを注文。
あと2つは、ラムとサーモンを注文しました。

まず、前菜で注文したラムとソフトシェルが、両方美味しかった!
実は、美味しいラムに巡り合うのは、本当に難しいんですが、オークランドのフュージョンインド料理「Cassia」で食べたラムが、今までで一番美味しかったなぁ。
それ以来の美味しいラムとの出会いでした。
ラムって言ったら洋食のイメージですが、グリルするだけではなくて、インドのスパイスとラムがきっと合うんでしょうねー。

そして、カレーなんですが、3つとも美味しかったんですが、どれも斬新。
なんか普通のカレーとは違うんですよ。
そして、一番美味しかったのは、スペシャリティの「Nilgiri Murg」でした。

実は、このあとすぐ、二度目の訪問をしているのですが、この時食べた「Nilgiri Murg」がチキンだったので、今度はエビを注文しました。
これも美味しかったけど、チキンの方がこのカレーには合ってる気がしました。

まず、この盛りが普通のインドカレーと違いますよね?
チキンやエビのソースとしてカレーがかかっている感じで、一品料理のよう。
それとは別に、カレーのみの器と、お口直しのキュウリ。
これ、いいわー。

この、サーモンのカレーも斬新じゃないですか?

2度目、3度目の訪問では、違う前菜にもトライ。

ラムはめっちゃ美味しいので、とりあえず行くたびに必ず注文します。

前にも書きましたけど、クィーンズタウンって、レストランの数は少ないんですけど、結構レベルが高いんですよね。
もちろん、すべての店がそうではありませんが、数が少ない割に、レベルの高い店が多いんです。
例えば、オークランドで満足できる店が100軒に1軒くらいだとしたら、10軒に一軒くらいの割で良い店に出会える。
とはいえ、絶対数が全然違うので、結局オークランドの方がレベルの高い店が多いことになるんですけどね。
オークランドには、食べに行きたいレストランがたくさんあります。
でも、クィーンズタウンって、実はオーストラリアだけ国際線が飛んでいるので、同じ美味しいものを食べるために飛行機に乗るなら、オークランドじゃなくて、シドニーやメルボルンに飛んだ方がいいや。って気もする。
でも、もしオークランドにまた行く機会があったら、行きたいのはやっぱり「AMANO」と「CASSIA」かなぁ。
この2軒は、ファインダイニングじゃないけれど、味は間違いない。何度行っても裏切られないんですよね。

そうそう、この「Taj」ですが、なんとトリップアドバイザーで1位でしたよ。
そんなに大きな店じゃないし、いつも行くのはランチタイムだからかもしれないけど、そんなに混んでた試しもない。
そうかー。美味しいと思ったら、クィーンズタウンで人気ナンバーワンだったか。
恐れ入りました。
でも、予約もせずに気軽に行ける美味しい店って貴重ですよね。
これからも通いま~す!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA