私の場合、朝活と言っても、普通にお勤めしていたり、お子さんを学校に送り出すお母さんに比べたら、全然遅い朝なんですよ。
それでも、オークランドにいた頃に比べたら、現在の私は、とっても早起き!そして充実した一日を送っています。

まず、オークランドにいた頃の私の一日のスケジュールは、
10時30分起床 → 出かける支度 → 11時20分出勤 
11時30分仕事開始 → 24時帰宅 → シャワーを浴びて寝る準備
3時まで、今日のニュースとドラマを視聴後就寝

以上

現在の私のスケジュールは、
7時30分 朝日とともに猫ちゃんに起こされて起床、8時まで猫ちゃんたちと戯れる
8時      携帯でメールチェックと、その日のニュースのチェック
8時半  ダンナがプールへ出かけるとともに活動開始
9時半  身支度すべてを整えて寝室を出る

掃除、洗濯、庭仕事、昼食の準備、ブログなど、今まで出勤前にやらなかったをする時間が2時間もできた!

11時半   プールから帰ってきたダンナと昼食
12時15分   片付けして、出勤
23時   帰宅。今日のニュースとドラマを視聴
1時   シャワーを浴びて就寝 (必ず2時までには寝る)

起きる時間が3時間も早くなっただけではなく、出勤時間が1時間遅くなったこと、帰宅時間が1時間が早くなったこと、そのすべてを合計したら、今までに比べて「5時間」も、自由な時間が増えたのです!

寝る時間が1時間早くなっただけで、3時間も早く起きられるのかって、不思議なことなんですが、起きられるんですよね。
もちろん猫に起こされるってのもあるんですが、実際には、そこからもう1時間ベッドの中で猫と遊んだり携帯をチェックしたりする時間があるので、そこでしっかりと目だけでなくて体も目覚めます。


↑ 朝日で目覚めたくなくて、アイマスクをして寝ている私を起こす猫ちゃん

掃除も洗濯も、前は休みの日にまとめてしていたのに、今では毎日する余裕ができて、気持ちも家もリフレッシュ!さらに庭仕事をする時間まであります。
そして、そこから昼食の準備。
なにがすごいって、昼食を毎日家で食べているって事なんです。
オークランドの時は、家でごはんを食べた事は一度もありませんでした。

「毎日昼食を作って、食べる」というこれだけでも、とても画期的なことで、体のリズムも整って、「生活をしている」という感じがとてもするのです。
今までは「仕事をしている」だけでした。
普通の人にとっては普通であろう、こういう暮らしから、何年も遠ざかっていたのです。

朝活の何が凄いって、朝、目覚ましをかけて無理やり目覚めているわけではないということ。
そして、夜は1時になったら自然に眠くなるという事。
これってすべて、からだのリズムの問題だと思うんですよね。

3時に寝て、10時半に起きていた時は、毎日7時間半しっかり寝ていましたが、「睡眠をきちんと取る事」が、それだけで「健康な暮らしをしている」ような気がしていました。
でも、違ったんですよね。
たとえ睡眠時間が短くなっていても、無理やりではなく自然に目覚めるのであれば、それは体にとって「十分な睡眠をとった」ということで、早起きする事で、きちんと家でご飯を食べて、太陽の下でガーデニングをして、猫ちゃんたちと遊んで心が癒されて、そういうすべての総合的側面から見た場合、睡眠を7時間半とっていた時よりも、今の方が、ずっとずっと健康的な暮らしをしている気がするのです。

「朝の1時間は夜の3時間に匹敵する」と言われていますが、本当にその通りだな。と実感しています。
夜に3時間という余分な時間があっても、多分テレビを見たり、ワインを飲んだりして終わり。
でも、朝に3時間の時間があったら、テレビを見て終わりってことは絶対にない!
掃除、洗濯、料理、ガーデニングと、何かしらの活動に勤しみます。
しかも、「やらなくてはいけないからやる」のではなくて、「やりたくてやる」のです。

今まで、仕事仕事で時間がなくて、いつも追われていて、やりたいことがあってもできなくて。。。って、でも、それは、そう思っていただけで、早起きしたらよかっただけなのです。
でも、オークランドにいた時は、早起きが「できなかった」んです。
「早く起きよう」と思うだけでは、起きられない。
目標があったり、やりたいことがないと、人って仕事でもないのに、わざわざ朝早くに起きられませんよね?

私は、あの狭いニューマーケットのアパートで暮らしていた時は、「家で何かする」なんて考えた事がなくて、家は「寝る場所」でした。
でも、このクィーンズタウンの家に引っ越してきてから、家のことをあれこれやりたいし、猫とも遊びたいし、料理もしたいんです。
なにしろ私、店を始めてから10年、大げさではなく、ただの一度も、家で料理をつくったことがありませんでしたから。
ずっと料理がしたかったんです。(実は昔から料理が好きな私)

環境が変わっただけで、こんなに暮らしが変わるんだなぁ。と実感。
しかも良い方へ変わった今回の環境の変化は、46歳にして初めて、「体に良い事してる!」と実感するとともに、人生も充実している気がするのです。

そう。たくさんのお客さんに「クィーンズタウンへ引っ越してどう?オークランドにいた時の方がビジネスは儲かってたんじゃないの?」って、本当によく聞かれるんです。
だから私は、いつも「オークランドの時の方がビジネスは順調だったけれど、クィーンズタウンに来てからの方が、私の人生が充実している。」と答えています。
すると、お客さんはみんな「It is important! Congratulations!」と言ってくれるのです。

本当に健康的で充実した暮らしを目指すためには、本当はここに、ジョギングだとか、ヨガだとか、そういう運動の要素が加われば尚よいとは思っているんですが、なにしろ、運動はまったくしない私。
いつか、そんな日はくるのでしょうか。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA