クィーンズタウンの発展はめざましい。
ワカティプ湖畔を囲むようにショップやレストランやホテルが立ち並ぶクィーンズタウンの中心部には、昔ながらの小さいスーパーが一軒と、中規模のスーパーが一軒、お金持ち用の高級スーパーが1軒あるだけで、観光客にはそれで十分かもしれないけれど、住んでいる人たちにとっては「買い物」に関しては、とても不便。
それこそ、事務用品とかを買えるようなステーショナリーショップや本屋すらない。

空港の近くにある「Remarkable Park Town Centre」まで行けば、大きいスーパーNew World や、Warehouse、家具屋のSmith Cityなどがあるのですが、本当に、クィーンズタウンには、これしかなかったんです。

それが、今までただの野原だったところが、どんどん開拓されて、信じられないくらいの新興住宅街が広がり(今でも広がり続けている)、これだけの住人が生活していていくための場所として、空港と新興住宅街の間に、大きいショッピングモールの建築が始まったんですよね。

最初にOPENしたのは、「Five Mile」

スーパーマーケットは「Countdown」が入り、「Remarkables Park Town Centre」にあった「The Warehouse」までこちらに移転。
その他、「Warehouse Stationary」「Briscoes」「 Look Sharp」「Bed & Bath Beyond」「Rebel Sports」「Lighting Plus」「Noel Leeming」など、オークランドでもよく見るようなショップが並び、ANZ銀行や、AMI, Domino Pizza などもあって、とっても便利。

しかも、今、ここでは、「Remarkable Residence」という住宅まで建てているんですよ。こんなショッピングセンターのど真ん中に住むって、便利すぎ。

土地があるって素晴らしい。
どんどん広がるショッピングセンター。
現在5階建てのオフィスビルも建築中。

そして、この「Five Mile」のお隣にあるのが「Pak’n Save」と「Mitre 10」。
お隣のショッピングセンターにはこの2軒しかなかったのですが、つい先日「Kmart」が遂にOPEN!
このKmartができたおかげで、別々の入り口から入るしかなかった2つのショッピングセンターが繋がって、行き来がとても便利になったのです!

で、お隣のショッピングセンターにKmart がOPENしたのを皮切りに、12月から来年の3月にかけて、なんと40ものショップが次々とOPENするらしいのです!

大きなチェーン店で有名どころは、すでにお隣の「Five Mile」に入ってますので、こちらはもっと小さい感じの店舗が入るみたいです。

「Vodafone」「2 degree」「Spark」 などの電話会社が3社も!
そして、銀行は Kiwi Bank。郵便局も来てほしい。
それと、お隣の「Five Mile」は、食べ物屋さんがとても少なくて、韓国人経営のHikari Sushiと、ドミノピザとカフェが一軒しかないんですよ。
それが、こちらの「Queenstown Central」には、ドミノピザに対抗して「Sal’s Pizza」。光寿司に対抗して「St Pierre‘s」、カフェに対抗して「Coffee Club」、そして、光寿司は、「Hikari Teppan」をOPENするらしい。
賑わいますねー。
この働き手が少ないクィーンズタウンで、こんなに店をOPENしてどこから人を連れてくるんだ?

私が期待するのはSt Pierre’sの寿司。
今現在は、Remarkables Park Town Centre に小さい店舗があるだけで、街中にもないんですよ。オークランドやクライストチャーチにはあんなにあちこちにあるのに。
韓国人経営であるHikari Sushi は、日本人なら「なにか違う」と絶対に思うはず!なのに、クィーンズタウンには3店舗もあるんです。私は断然St Pierre’s の寿司の方が美味しいと思う!頑張って!

あと、詳細はまったくわからないんですが、ショップリストに「Wu Cha」という名前の店があるんですよ。バブルティーの店なんではないかと期待しています。
バブルティーの店なんてオークランドならNewmarket だけでも3店舗もあるのに、クィーンズタウンにはまだ上陸していないんです。楽しみです。

お隣のFive Mile には、「Remarkable Residences」という住宅ができると言いましたが、こちらには、なんと4階建てのホテルができるそうです。

で、この新しく建設中のショッピングセンターの名前がなんて言うかっていうと、「Queenstown Central 」って言うんですよ!
まぁ、「Shopping Centre」って意味での「Central」なのかもしれませんが、でも、「Queenstown Central」って言ったら、「街の中心部」な感じしません?
街の中心部は、あくまでも、ワカティプ湖畔なのに!

でもねー、正直言って、クィーンズタウンの生活の中心は、完全に空港の向こう側のエリアに移動して行ってる。
Five Mile とQueenstown Centralのせいで、昔からあるRemarkables Park Town Centre はすっかりさびれてしまった感じが漂って、駐車場もいつもガラガラ。
活気も全然ないんです。
なので「Queenstown Central」という名前をつけても、あながち言い過ぎではないような気もするんですけどね。。。

それにしても、クィーンズタウンは本当にものすごく成長してる。
そして、ワカティプ湖畔の町の中心部は、いつも観光客で溢れてる。
その観光客をもてなすためのホテル、レストラン、アクティビティ関係の従業員にも住む場所が必要なわけで、今までの町の大きさではそれが許容できず、どんどん空港の向こうへ居住エリアが広がっていって、そしたら、そっちの方が栄えてきてしまった。。。という感じでしょうか。

クィーンズタウンは、年間300万人の観光客が訪れる観光地。
そこに住む人の数は、たったの2万5000人。
どれだけ働き手が不足してるか分かりますよね?
だからこそ、この観光地を助けるために、就労ビザとかが他の都市よりも簡単に出るというのも事実。
でも、そのぐらいの特典でもないと、正直やってられないくらい観光客は次から次へとやってくるんです。
クィーンズタウンの観光客からの収益が、年間22億円もあるらしく、しかも、この観光客の数と、収益は、年々増加してるんです。
だからこそ、その観光客をもてなすための、「クィーンズタウンの住人」が生活する場が必要なわけですよね。

その「クィーンズタウンの住人」である私にとっては、大きなショッピングセンターができて、生活が便利になるのは喜ばしい事。
しかも、こんな絶景のショッピングセンターって、他にはなかなかないんじゃないの?って思います。

「Queenstown Central」に乾杯!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA