Queenstownの日本食レストランといえば、本当に数えるほどしかないんですが、その家賃の高さから、なかなか新しく参入するのは難しいのが現実。
30年以上前からある”南十字星”、そして、”KAPPA”。あとは、韓国人経営のところしかなかったんです。
そんな中、3年ほど前に、クィーンズタウンに新星のごとく現れた日本食レストラン”Tanoshi”。瞬く間にローカルに支持され、トリップアドバイザーでも高評価。居酒屋ですが、オーナーのケイタくんのホスピタリティが素晴らしいのです。
私も、すぐにTanoshiのファン。というよりは、ケイタくんのファンになりました。
まだ若いのに、経営者として素晴らしいと思う。マネージャーですが、キッチンにホールに皿洗いに、なんでもこなします。Tanoshi からは、ケイタ君と、ケイタ君を慕う若い仲間たちの、みなぎるパワーを感じるのです。
さて、そんな乗りに乗ったTanoshiが、このたび、姉妹店”Tanoshi Iko”をオープンしました!

Tanoshi Iko は、居酒屋のTanoshi よりも、更にカジュアルなスタイルで、メニューもいたってシンプル。

主には、弁当$15が5種類、餃子$15が5種類、ラーメン$15が4種類。
あとはサラダとか、サイドディッシュが多少。

実は、Tanoshi は”Teppan & Sake Bar”なんですよ。
お好み焼きとか、鉄板メニューがあるんで。(でも、そこまで鉄板は感じない)
でも、この”Teppan”って響きが外人には受けるのかもしれません。
で、このTanoshi Iko ですが、”Teppan Take Away”っていう名称なんですよ。
う~ん。このメニューなら、”Gyoza & Ramen Bar” のほうが良い気がするんですが。
鉄板で焼くの、餃子だけだよね。
まぁ、まだオープンしたばかりなので、これから変わっていくのかな?
ま、その辺はおいといて、ケイタくんにお祝いの酒を届け、挨拶をして、早速ランチをいただいてきました!

まず、ダンナはラーメン。
4種類ある中から、Tanoshi にはなかった新メニュー、”スパイシーラーメン”

これ、すごく量が少なく見えますが、すり鉢状の結構深い器なので、量的にはTanoshi で出しているラーメンと変わらないと思います。
ランチとディナーの間の時間を閉めずに営業しているので、こうやって、私たちもランチ営業の後に遅いランチでラーメンを食べに来られます。
これ、サイコーですね。

そして、私は弁当を頼んだのですが、この「弁当」には驚いた!
普通、レストランで弁当を注文したら、こういうのを想像しません?

(↓これは、巽オークランドの時の弁当。)

それが、Iko の弁当はっていうと。。。

これなんですよ!
ビックリした!
本当の弁当箱じゃないですか!!!

そして、ふたを開けてみると、こんな感じ。

本当に弁当みたい。。。
なんか懐かしい感じ。むしろ、それが新しい。
からあげ、ギョーザ、コロッケ、エビフライ、ごはん、おしんこ。
$15です。
レストランで、こういう弁当箱が出るのって初めて見た。
これはテイクアウトして、公園とかで食べたい感じ。
でも、ここまで家庭の弁当感を出すなら、彩として、ミニトマトと玉子焼きが欲しいところだけど、そこまでやったら$15では出せませんよね。
なんでもそうだけど、その辺の値段と内容の折り合いというのは、どの辺でつけるのかが難しいところです。

そして、二人でシェアするのに、大根サラダとギョーザ盛り合わせ。

大根サラダは梅干しドレッシング。
ギョーザは、豚肉、牛肉、海老、野菜と4種類の中から6P盛り合わせ。
欲を言えば、ギョーザはもっとカリっと焼いていただければ◎。

本当に小さいお店なので、スタッフ二人とケイタくんの3人でまわしていましたが、あのくらいのサイズの店って理想。
夫婦二人とアルバイト一人とかで出来そう。
本当は私たちも、このくらいのサイズの店をやりたかったんですよねー。
なのに、店を移るたびに、どんどん店がデカくなるっていう。。。

金髪がトレードマークだったケイタくんが、黒髪になって、なんか違う人みたい。
いつも働きすぎを周りに心配されるくらい働きまくっているケイタくん。
どうぞ無理しすぎないように。
うん、でも、分かる。私もダンナも、同じく、自分で動いちゃう人だから。
でも、ケイタくんはまだまだ若いので、私たちとは違って未来があるなぁ。
ほんと、応援してます。
うちの店とは、全然スタイルが違うんだけど、人手不足のクィーンズタウンにおいて、プロの料理人が出すようなレベルを追求せずに、いかに簡単で、普通に美味しいものを出すかということをきちんと研究している。その点においては、本当にすごいと思います。彼には才があるし、センスもある。
オークランドでは、”icco”のイッコーくんとジュンコちゃんを全力で応援してましたが、クィーンズタウンでは、断然ケイタくん押しの私たち。
頑張る若者は応援したくなりますよね。
しかも、ちゃんと成し得る力もある。
私が大金持ちだったら、こういう若者に投資したいと思うんですが、そんな資金力はないので、こうやって、ブログで全力で応援します!
まだOPENして間もないので、これからしばらくは、マイナーチェンジをしていくことと思いますが、どうか倒れない程度に頑張って。
期待してます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA