レタスやら、白菜やら、葉物野菜がじゃんじゃん収穫できる中、ブロッコリーとカリフラワーは相当巨大に育ちながらも、いつになったら収穫できるの?っていうくらい、葉っぱばかりがグングン育っていました。

畑からもはみ出るくらい巨大化。
白菜も巨大化していましたが、白菜は葉野菜だから、全部食べられるから良いとして、ブロッコリーはこんなに大きくなっても、収穫は1株1つですよね?
そう思うと、なんだか畑を占領するだけ占領して、だいぶ収穫が少ないではないか!

白菜も、こんなに大きく育っているけれど、ブロッコリーと比べると、なんと小さく見えることでしょう。

そして、そんなブロッコリーも、とうとう収穫の時を迎えました!

収穫は嬉しいんですけど、収穫した後残された葉と株の大きさに、なんだか寂しい気もします。こんなに大きい株から、これだけ?っていう感じ。

スーパーで1株99セントとかで安売りされているブロッコリーのことを思うと、農家が可哀想に思えてきました。こんなに場所とって、やっと収穫して99セント?みたいな。

収穫が終わった畑の光景は、収穫前と何も変わらずっていうくらい、巨大な葉っぱと株が残っています。

ブロッコリーの葉っぱを食べるってあんまり聞いたことないけど、調べてみると、炒めたりして食べられるそうです。あまりに大量になるので、捨てる前に試してみようとは思いますが。。。うちでも、ブロッコリーの茎はよく食べるんですけどねー。

さて、こちらのブロッコリーですが、モンシロチョウがたくさん飛んでいたので、嫌な予感はしていたんですが、結構青虫がついてらっしゃいました。
無農薬だからしかたないけど、葉っぱについているのと違って、茎と茎の間に縫うように生息している青虫たちを駆除するのは苦難の技。
この苦労を考えても、ブロッコリーはもう自家栽培しなくてもいいな。。。と思っちゃいました。

意外にも、今年の収穫で一番美味しかったのは、スナップエンドウ。
これだけ畑を占拠していたブロッコリー&カリフラワーを全部抜いたら、次はスナップエンドウを追加で植えようかなぁと思っています。
ちなみに、ピーマンとトマトも植えていたんですが、ピーマンは植えたときのまま、まったく成長せず、トマトはようやっと小さな実をつけはじめたところです。
オークランドでトマトを育てていた時は、大量に育ち過ぎて困っていたくらいだったのに!やっぱり気候の問題ですかねぇ。

そういえば、家の裏に植えていた大葉も、やっと育ってきました。

でも、この隣は、全然なんです。

同じ畑の右側と左側で、土も日当たりも同じはずなのに。
種が違った?
理由はよくわかりませんが、とりあえず種ができたら、左側の大葉の種を来年用にとっておこうと思います。

そういえば、果樹園エリアに植えていたフィジョアが花を咲かせていました。
私、フィジョアの花って初めて見たのですが、可愛いんですねー!
今年植えたばかりなので、他の木たちは、葉を出すだけで実をつけるところまではいかなそうなのですが、これはもしかしたら、フィジョアは実をつけてくれるかもしれませんね!

まぁ、今年は実験的にいろいろやってみてるので、来年は、今年の反省を踏まえ、もっといろいろ収穫できるように、きちんと計画を練っていきたいと思います!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA