さて、12月初旬に取り付けた猫窓。
寝室からの、「開けて開けて攻撃」と「出して出して攻撃」から安眠を守るために取り付けました。
でも、まだ新しい猫窓は、磁石も強力なので、全然開けることができなかったので、とりあえずは、「この窓から出入りする」ことを覚えてもらおうと、猫窓を全開にして、テープでとめていました。

そのおかげで、無事、猫ちゃんたちは、この猫窓からの出入りを覚え、私たちは安眠を邪魔されることなく、朝までぐっすり眠ることができるようになりました。
夜も、わざわざ寝室に連れてこなくても、来たい時に来ては、出たいときに出ていきます。
それでも、大体8時には私の上に乗っかってくるんですが。。。

で、その猫窓なんですが、出入りを覚えたところで、そろそろ自力で猫窓を開けてもらおうと、昨夜、このテープをはずしてみたのです。

すると、出ようと思った部屋の窓が急に閉ざされ、ドアの前で立ち往生する二匹。

「開かないんだけど?」的な視線を送ってくる二匹

ジジが、ガムテープをいじり始めましたが、そこではない。ジジ!窓を攻撃しろ!

しばらくドアを見つめながら、ドアにアタックを始める茶々
猫パンチを繰り出していきます。

お!ちょっと開いたぞ!その隙間から体をねじこむ茶々。
それを見守るジジ。

よし!ジジ!次はお前の番だ!!

そして、すぐに諦めるジジ。

そして、猫窓の向こう側とこっち側で見つめ合う、ジジと茶々。
まるで刑務所の面会のよう。

かくしてジジは、猫窓を開けることをあきらめて、私たちの寝室で一夜を明かしたのでした。

ジジ!出たければ、自力で出るのだ!!
そして茶々よ。入ってきたければ、自分で入ってこい。
冬になったら、寒いから猫窓閉めますからね!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA