オークランド時代から、ダンナの毎朝の習慣は、「仕事の前にプール」
泳ぐだけではなく、SPAで体をあたため、サウナでストレッチして、そしてまた泳ぐ。
という、なんとも健康的な生活。
クィーンズタウンのプールには、残念ながらサウナがないため、SPAの中で地味にストレッチをしています。
昨年、スキーで骨折をしてからは、泳ぐことよりも、ストレッチとリハビリのために、プールに通い続けています。

そして、毎週月曜日、ダンナがSPAで会う日本人の女性の方がいらして、その方が「骨折後の足がなかなか良くならないなら、腱引きをやっている人がいるから紹介しましょうか?」と声をかけてくださって、幸い月曜日は店の定休日だったため、その日の午後すぐに、腱引きの方にお会いすることができたのです。

施術を受けたダンナの感想はというと「なんか、筋肉オタクみたいだった」とのこと。
筋肉オタクといっても、ジムで自分の筋肉を鍛え愛する人とは違う意味でのオタクで、「ここの〇〇筋と○○筋が、なんちゃらかんちゃらで・・・」と、素人では分からないような筋肉の名前がたくさんでてくるんだそうです。

そもそも、「腱引き」ってなあに?って話なのですが、いわゆる、人間の体を構成する骨を整えるのが「整体」で、こちらは、みなさんご存知の通り、生活の中でずれてしまったり、歪んでしまったりした骨を、元の位置に戻す施術ですよね。
「腱引き」っていうのは、それの「腱バージョン」なのです。
すべての骨は、当然、腱と筋肉によって支えられ繋がって体を構築していますよね?その腱を「正しい位置」に戻すのが腱引きなのだそうです。

ダンナは、骨折後、未だ足の腫れが引かず、靴下の上からでも分かるくらいパンパンだったりしていたので、「腱引き」によって、「○○筋と○○筋の間を指でさすって、くっついた筋肉を剥がしてください」という指示に従って、毎日スパでマッサージを続けたのです。
するとどうでしょう。1週間で、腫れが大分引いたばかりか、足首の可動域が著しく広がったのです!
ただし、ダンナは、マッサージのしずぎで、脚の皮が剥がれましたが。。。
なんでもやりすぎなのです。
でも、それは、効果を感じるからこそやり過ぎてしまったのでしょう。

そこで、今週は、私も一緒に「腱引き」に行ってきたのです。
というのも、昨年の交通事故のあとから、首と頭蓋骨にずっと違和感を感じていたので、なんかどこかがズレていないのか、見て頂こうと思ったのです。

先日のマッサージのMiyuki さんには「極めてFit」だと言われた私の体。
「腱引き」の先生は、どう判断するのでしょうか。
足の先から頭の先まで、腱を整えて頂きました。
まず、足の裏が「ゴリゴリ」。これはMiyukiさんにも言われました。
やっぱり立ち仕事なんでね。明日の裏はだいぶ凝り固まっているようです。
そして、足の筋肉が、右足の方が発達してる。つまり、いつも右側に体重をかけて立っている。
でも、いつも着物を着ているせいか、姿勢が良いので、背骨や首もまっすぐで、歪みはなかったそうです。あー良かった!
最後に、ムチウチの人にするという施術をしていただき、これはかなり引っ張られる感じがして痛かったですが気持ち良かったです。
まあつまり、特に気になる悪いところはなかったってことで、めでたしめでたし。

先生の施術を見ていると、先生の頭の中には、よく病院で見るような筋肉標本が見えているのだなぁと実感しました。まるで筋肉を透視されているようでした。

そして、ダンナですが、先生も、1週間でダンナの足首がかなり改善していることに驚いていました。凝り性なので、始めるととことんやり続ける性格だというと、老後のために「腱引き」の資格を取るのはどうか?と勧められました(笑)

また、ダンナは、手足は細いのにお腹だけやけに出ているんですが、ビール腹というよりも、お腹の上部の方が出ているんです。
それを見た先生が「あなた、お腹気にならない?」って(笑)
そりゃ、気になりますって。

昔腰痛で、ずっと腰痛ベルトを装着し続けていて、その時、ベルトのところは締めつけられて、その上にお腹が乗っている状態が何年も続いていたので、腹筋がおかしくなっているのが原因だと。
なんちゃら筋となんちゃら筋を意識して呼吸するようにすれば、なんちゃら筋が鍛えられて、お腹がへこんでくる。ような話。でも、その「呼吸法」が難しく、今週の宿題はそれです。
でも、この呼吸法をマスターすれば、いろいろ体に良いみたいなので、ひとまず頑張ってもらいましょう。

というわけで、初体験の腱引き。
マッサージは、筋肉を押して揉みほぐすものだけど、腱引きはその逆で、筋肉(腱)を引っ張ってもとの位置に戻す。という真逆の発想。
引っ張ると言っても、実際に引っ張るのではなくて、腱と腱の間に指を入れてさすって伸ばして剥がす。といった感じでしょうか。もちろん剥がすと言っても、ビリビリとはがすわけではなくて、ずれたのを戻す感じなので、痛みなどは一切なく、タッチもマッサージよりも柔らかいので、マッサージをされているときのような気持ちよさとはまったく違うのですが、終わった後のスッキリ感は高いかもしれません。
特に、頭のマッサージで、最後に頭の頂点のあたりをグッと押されたとき、脚の指先まで血が巡るような感覚が走ったのです。あれは気持ちよかったなぁ。ツボみたいなやつだったのでしょうか?

私は、どうも、思っている以上に健康体のようですので、施術は必要ないみたいですが、ダンナには足が良くなるまで、しばらく通っていただきましょう。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA