クィーンズタウンのハンバーガーといえば、Ferg Burger が有名ですが、クィーンズタウンへ来てすぐの頃、「Zamora」のハンバーガーが美味しい。という話を聞きました。
Zamoraというのは、ソーセージとかサラミとかのお店なんだけれど、そのお店が、サタデーマーケットで出しているハンバーガーが美味しいらしいのです。

写真は、アンガスビーフバーガーと、ポークベリーサンドウィッチ。
(写真はZAMORAのページから拝借しました)

クィーンズタウンのローカルの間では、有名な美味しいハンバーガーなんですが、このZAMORAが、クィーンズタウンセントラル(現在まだ建設途中のショッピングモール)に出店するということで、多くの人が、首を長〜くして待っていたのです。

私は、The Meat Preachers というお肉屋さんの中でハンバーガーを売るのかと思っていたのですが、実際に行ってみると、このお店そのものがZamora だったのでした。

大きなお店ではなく、カウンター席と、窓際にテーブル席がちょっとあるだけですが、キッチンはいたってシンプル。直火焼きの店って感じです。

しかも、メニューを見ると、ハンバーガーとサンドウィッチだけではなくて、肉料理を普通に置いていたんです。

というわけで、私たちは、敢えて、肉料理を注文。
ダンナはリブアイステーキ。私はSlow Cooked Smoked Brisket です。
両方とも、値段は普通のレストラン並みで、一皿$30越え。
結構高いけど、肉だからしょうがないのか?

ボリュームはかなりありましたが、皿はいたってシンプル。
ステーキは、レアで注文したんですが、ミディアムウェルダンの焼き加減で出てきたので、ミディアムくらいなら黙っていようと思ったんですが、迷ったあげく、焼き直しをお願いしました。
やはり、直火焼きの炎で焼き加減を調整するのは難しいのかもしれません。
私が注文したブリスケットは、とっても柔らかいのは良かったですが、全然味がなくて、一口ごとに塩を振って食べました。
うーん。よくわかりませんが、レストランではないし、焼いた肉は自分で調味して食べるということでしょうか。テーブルに塩があったし。
ちなみに、smoked brisket とあったので、私はもっと燻製の風味を期待していたのですが、まったく燻製ではありませんでした。ここで使われる”Smoked”の意味は、”燻製”という意味ではなくて、”燻り焼き”という意味だったんですね。

というのも、私たちがオークランド在住時によく行っていたWoodpecker Hill というお店があるのですが、そこ”Smoke House”とサブタイトルがついていたんです。

なので、いろんな燻製料理を出す店かと思っていたら、直火焼き(つまりBBQ)のような感じで焼いた肉を出す店だったのです。
ちなみに、Woodpecker Hill で注文した、Smoked beef Brisket の写真はこちら。

これ、大きな皿から取り分けた後の写真で申し訳ないんですが、ペロっと食べられてしまう柔らかくて美味しいお肉でございました。
実は、今回も、これを期待して注文したんですが、完全にWoodpecker Hillに軍配が上がりましたね。
ちなみに、こちらは、ビーフリブアイステーキの写真。
まわりはちょっと焦げててカリッとしてて、中は柔らかくて美味しい!

つまり、直火焼きでも、こんなに美味しく焼けるってことではありませんか!

今回学んだことは、この店ではハンバーガーかサンドウィッチを食べよう。ってことです。安いならいいですが、一皿$30以上しますからね。
ハンバーガーなら$15で安くて美味しい!次は絶対ハンバーガーを食べよう!
美味しいステーキを食べたかったら、「Jervois steak house」 か、「Botswana butchery」に行ったらいいのです。
(この2店舗は、実は、オークランドだけじゃなくてクィーンズタウンにもあるんです)
ただ、両方とも高級店なので、もっとカジュアルに、美味しいステーキが食べられる店がないかな。ってことで試してみたんですよね。

まだまだクィーンズタウンでのレストラン探求は続きそうです。

ショーウィンドウに飾られていたのを見て、一目惚れして購入した猫のシャツを着て、ご機嫌なダンナ。
(猫じゃなくて、ヒョウだと思うんだけどね。。。)

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA