3年ほど前、3歳ほど年上の友人から、
「この歳になると、体のどこかが常に調子が悪いんだよね。」と言われたことがあったんです。
その時は、たいして気にもしていなかったこの言葉。
最近、身に染みております。

疲れとか、ストレスとか、いろいろ要因はあるにせよ、その最たるものは「歳のせい」なんではないかと。

回復力が落ちてきているのは、数年前からヒシヒシと感じてきてはいましたが、最近では、回復力のみならず、体力もバイタリティも、すべての面において落ちてきている気がします。
「あー、若い頃のようにはいかないなぁ」と。

去年、交通事故と、インプラント、という、大きな外的要因による体への影響があったわけですが、それを未だに引きずっているのか、はたまた、それとはまったく関係なくて、ただただ不調なのか。

例えば、口内炎とか、奥歯の歯茎が炎症して腫れたりとか、ってのがあると「インプラントの影響かな」とか思ってしまったり、
例えば、片頭痛や首の痛みが長く続くと、「交通事故の影響かな」と思ってしまったり。

歯茎の痛みや口内炎は、大体リステリンでうがいをすることを継続して治しています。
効果があるのかどうかは分かりませんが、なんか「殺菌消毒」という意味では、多少なり良いのかな。と。
でも、その歯茎の痛みから、リンパの方まで痛みが来ると、もうリステリンは届きませんので、抗生物質が欲しくなりますよね。
だけど、病院に行くのは面倒くさい。

私の風邪はいつも喉から来るのですが、今回は、まずダンナが喉の痛みを訴え高熱をだして、そのあと私にやって来ました。
私は、高熱こそ出ませんでしたが、喉の違和感から始まり、三日目には声が出なくなり、4日目にかすかな声が出るようになったものの、喋って喉を刺激すると咳が止まらなくなる。。。
今日でもう1週間になるんですが、治るどころか、昨日の夜が最悪で、咳で苦しくて眠ることができませんでした。
そして、朝方4時半頃、ようやく少し寝れたと思ったら、咳のし過ぎで腹筋が筋肉痛。
そして、おそらくこれも咳のし過ぎにより喉を傷めたようで、あくびをしたら喉に激痛が走り、慌てて口を閉じました。どうも大口をあけると、どこかが裂けるように痛むのです。
仕事中は、何故かほぼ大丈夫なんですが、朝晩の咳はひどいものです。
でも、仕事中も、咳が出ないとはいえ、声も出ませんからねぇ。困ったものです。
借りてきた猫のように大人しくしています。

今日は朝から、パブロンを飲んで、バファリンを飲んで、のどぬーるスプレーをして、のど飴を舐めて、なんだか薬漬けなんですが、それで頭がボーっとするんでしょうか。体調不良です。ほぼ寝てないし。
のどぬーるスプレーを噴射したときに、めちゃくちゃ喉に染みるので、痛めつけているか、はたまたその痛みが効いているのか、それは分からないのですが、一応咳は止まるんです。それで「病院は行かなくていいか」と思っちゃうんですよね。抗生物質もらって飲んだらもっとすぐに治るんですかね。

でもね、昨日、堀ちえみのニュースを見て、口内炎だと思ってたら舌癌だったって、しかもステージ4だったって、すごいショック。
「口内炎がなかなか治らないなぁ」なんて、誰でも経験していることだし、ましてや、彼女の場合、病院にも行ってるし。
昨日の夜、あんまり夜に咳が止まらなかったので「肺炎だったらどうしよう。。。」とか、いらぬ心配までしてしまいました。

とにかく、この歳になると、体が不調な日が多くなるし、不調の回復には時間がかかるし、風邪なんて引いてしまった日には、一週間たってもまだ引きずっている始末。
せっかく、蜂製品の本場ニュージーランドで暮らしているんだから、「マヌカハニー」「プロポリス」「ローヤルゼリー」など、風邪をひいてから慌てるんではなく、風邪をひかないように、日々体に良いものを常用でもしてみようかなぁ。
と思う、今日この頃でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA