クィーンズタウンは小さな町なので、町で行われるイベントは、先日のNatsu Matsuriのように、結構小さいんです。でも、クィーンズタウンの大きな特徴として、NZで行われるイベントなんだけど、開催地がクィーンズタウンっていう、かなり大きな規模のイベントがあったりします。
やはり、大自然に囲まれたリゾート地なので、スキー、ゴルフのアウトドア関連や、ワイン関係のイベントなどは、かなり大きいものが開催されるんですね。

そして、現在、クィーンズタウンで町中が盛り上がっているイベント。
Golf New Zealand OPEN 2019
世界中から有名なゴルファーや著名人が集まってきます。
先週までは、チャイニーズニューイヤーで、町中が中国人で溢れていたのに、今週はジェントルマンな感じの客層に突然変わりました。

その、Golf New Zealand OPEN の会場に、”チャンピオンラウンジ”というVIPの方が利用するお食事スペースがあるのですが、今年は、TATSUMI がそこの寿司コーナーを担当することになりました!
常連のお客様が、ケータリング会社の方に、TATSUMI を推薦してくださったそうなのです。
ケータリングは、普段はやっていないですし、正直そんなに儲かる話でもないんですが、こういった大きいイベントに関わらせていただくのは、ローカルのお客様に知ってもらうにも良い機会ですので、ありがたくこのお話を受けさせていただくことにしたのです。

用意する寿司は、毎日1000個。
12時~14時のランチタイムに用意しますので、ケータリングをする4日間は、お店のランチはお休みします。

そして、先日、会場の下見に行ってきました。
アロータウンなので、我が家からは車で10分ほど。
店からでも30分弱くらいでしょうか。
天気が良かったので、とっても気持ち良かったです!

会場となるのはこちら。

会場からの景色はこんな感じ。

会場内は、まだ出来上がっていませんでしたが、こんな感じ。

オークランドのJapan Day の会場みたいなのをイメージしていましたが、もっとこじんまりとしていました。

私たちが寿司を出すスペースはこちら。

そして、キッチンカーがあると言っていたので、そこで寿司を作る予定にしていたんです。で、そこを案内してもらうと、信じられないくらい小さくて、しかも、台が高すぎて、とても寿司を作れる感じではなかったんです。
そしたら、水道はないけれど、向こうのテントに寿司を作れそうなスペースがあるということで案内してもらうと。。。

え?テントの中ではあるけれど、ほぼ屋外じゃん。
まあ、これくらいのスペースがあれば、寿司は作れるけれど、炊飯器を持ってきてキッチンと同じように作業をするのは難しそう。

ってことで、結局、店で寿司を作って車で運んで、現地では寿司をカットして並べる作業だけをすることにしました。
12時からなので、11時までに半分くらい作ってまずは運んで、私とスタッフで会場で寿司を配り始めて、第2便を13時頃に運んでもらう感じになりそうです。
オークランドのジャパンデーの時は、この「第2便」を運ぶのが、本当に大変だったんです。渋滞もすごいし、車も停められないし、すぐそこまで来ているのに、受け取れない。みたいな。
でも、クィーンズタウンのゴルフ場が会場ですから、そういう心配はなさそうです。

私たちがケータリングをするゴルフ場は、Michael Hill というところなんですが、ここはオブジェがとってもリアル。

真ん中にいる人の銅像が見えるまで、動物は本物かと思っちゃいましたよ。
さて、明日からの4日間。クィーンズタウンで初めてのケータリング。
どうなることか、不安もたくさんありますが、頑張りたいと思います!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA