さて、今週の金曜日は、ダンナの誕生日なんですが、当然誕生日当日はお休みできないので、一足先に、月曜日のお休みの日に、バースデーディナーを済ませてきました!

場所は「The Bunker」
クィーンズタウンでは有名はファインダイニングの1つ。2階には、朝まで賑わうお洒落なバーがあります。
実は、The Bunker のオーナーシェフは、結構しょっちゅうTATSUMI にご飯を食べに来てくれるのです。家族とだったり、スタッフとだったり。
そして、いつも「今度、うちの店にも来てよ!」と言われて続けていました。
でも、ファインダイニングですから、そんなにしょっちゅう行けるわけもなく、今回、ダンナのバースデーということで、満を持して、Bunker へ行くことにしたのです。

オーナーシェフは、毎日働いているわけではないのですが、この日は、私達が来るということで、玄関で迎えてくれました。
この玄関が、とても分かりにくいんです。ただでもBunker って裏通りにあるんですけど、その裏通りにある入口は、入口じゃなくて、更に建物の奥の階段の下が入口になってます。

中に入ると、意外とこじんまりとした店内。
内装は、オーソドックスな感じ。

私達が一番乗りでしたが、スタッフが4人もいて、「多すぎないか?」と思っていたら、あっという間に満席になりました。
さすが、有名店はすごいなー。18時半で満席になるんですね。

注文したのは、一人$120のDegustation Menu
ファインダイニングですから、そのくらいの値段しますよね。
ちなみに、うちの店は$85
いつもお客様に「安すぎる」と言われて続けているのですが、他の店と比べると、やっぱり安いかも。お客様が「安すぎる」というのですから、次のメニュー改定で値上げをしても良いかもしれません。

さて、お料理ですが、Bunker のDegustation Menu は、お決まりのコースではなくて、2種類から選択できるようになっています。
なので、私たちは、全部違うものを選択して、全種類トライしてみることにしました。

まずは、シェフからサービスで出てきたブラフオイスター。
今、シーズンですからね!

アミューズはラム。
いきなり肉か!びっくりした。

そして、ファーストコースの1皿目は、「Southern Ocean Scallop」

2皿目は、「Marlborough Wild Boar」

お次、セカンドコースの1皿目は、「West Coast Abalone」

2皿目は「Bannockburn Hare」

お口直し「Golden Bay Citrus Sorbet」

サードコースの1皿目は「Fiordland Venison」

2皿目は「Nelson Pink Snapper」

デザート盛り合わせ
バースデー仕様にしてくださいました。

チーズ盛り合わせ

というわけで、これで全てです。お一人様$120

この料理をざーっと見て気づかれましたかね?
すべての料理がニュージーランドの食材を使ってるってこと。
もっと言うなら、すべて、ニュージーランドの南島の食材を使ってるんです。
私、こういうこだわり、すごく好きです。
特に、観光客が多いクィーンズタウンにおいては、こういう「ニュージーランドの食材を使ってますよ」っていうアピールはすごく重要だし、もし私が観光客でも、すべてのコースが、「〇〇産△△」となっていたら、すごく嬉しい。
「ニュージーランド料理」って、どんな料理なのかっていわれると、特筆すべき特徴はないんですが、「ニュージーランドの食材を厳選して作ったコース料理」と言われれば、惹かれます。

そして、昨今の、お洒落でモダンな感じの料理を提供するレストランが多い中、Bunker の料理は、どれも奇をてらわないオーソドックスなものばかり。
なんか、安心して美味しくいただける料理でした。

実は、お店に行く前に、口コミサイトとかに載っている料理の写真を見ていたんですけど、なんかどれも見た目がイマイチだったんですよね。
でも、実際のお料理は、とても美しく盛り付けられていました。
では、なぜ、口コミサイトの料理の写真がイマイチだったかって、それは、店内が暗いので、みんなフラッシュをたいて写真を撮っているんですよ。
たとえ店内が暗くても、料理の写真にフラッシュは厳禁です。
私の撮った写真は、たとえ暗くても、フラッシュを使わずに撮っていますので、白光りすることなく、キレイに移っていると思います。
なんとカメラアプリもフィルターも使わずに、普通にiPhone で撮影しただけです。
多少暗くはありますが、フラッシュで白光りするよりはずっと良いんです。

話はそれましたが、すべてのコースを終了したのは21時。丸々時間かかりましたねー。
私達のまわりのテーブルで、コース料理ではなくて、単品を注文していた人たちは、大体20時過ぎには食事を終えて、20時半には次のお客様がテーブルに案内されていました。
Bunker は2階にバーがあるので、満席でも、上のバーで飲みながら席が空くのを待てるんですよね。
席に案内されるお客様はみな、手にビールやカクテルを持って移動してきていました。
そして、レストランに入ると、料理と一緒にワインを注文するんですね。
素晴らしい流れです。
お客様は飲みながら待てて、お店側も、満席だからといってお客様を逃すことなく売り上げにつなげられる。
席数が少ないながらも、最初から最後まで満席なのは、こういう仕組みがあるからこそ。勉強になります。
まあ、うちの店は、そんなに待ちが出るほど忙しくないんですけどね。

というわけで、ニュージーランドの食材にこだわって作り上げられたコース料理、二人で行けば、倍の種類を試せるし、なかなかおススメです。
Bunker はFirst Table もやっているので、もしチケットが買えれば、一人$60でコース料理が食べられます。これは安い!
もちろん$120でも、十分その価値はありましたので、普段使いはできませんが、日本から「NZ料理が食べたい」というお友達が来た時には、おススメですよ!

うちの店でもそうですが、Degustation Menu は、当然お値段は少し高いのですが、通常の一皿の半分の量で、たくさんの料理を楽しむことができます。前菜、メイン、と2皿注文するよりも、値段は高くても、結果お得な気がするのです。
しかも、注文した料理が、あたりの場合もあれば、好みの問題で期待はずれの場合もきっとありますよね。
そういう意味でも、Degustation Menu にしておけば、品数が多い分、多少期待外れの料理があっても、他でカバーできると思うのです。
もちろん、予算に余裕があったら。ですけど、Degustation Menuをお勧めします!特に、Bunker の場合は、二人で行けば二種類食べられますからね!



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA