以前このブログにも紹介したことのある「Tanoshi」のオーナー、ケイタくんが、日本へ帰国することになりました。
彼は、若いのに、本当に働き者で、常に上を目指す経営者としてのハングリーさと、目上の人を敬う謙虚さと、仲間を惹きつける熱いものを持った、本当に素敵な人でした。
そんな彼が、家族と共に、日本へ帰国すると聞いた時には驚きましたが、「地元大阪で、新しいことに挑戦したい」という彼の夢と計画を聞き、日本で今から新しいことを始めるなら、そりゃ早ければ早いほど良いに決まってる。と納得。
彼なら、どこで、何をしても、絶対に成功する。
ケイタくんがいなくなるのは寂しいけれど、心から応援します!!!

さて、というわけで、クィーンズタウンに3軒しかない、日本人オーナーの日本食レストラン3人で、ケイタくんの送別会をしました!
声をかければ、それこそ、たくさんの人が集まったと思いますが、敢えて声をかけず、小さな内輪の集まりにしたのです。
人が多いのは盛り上がって楽しいかもしれないけれど、本当に心を許して本音を語り合える人だけで集まって、深い話ができる会にしたかったのです。
毎年クライストチャーチに帰ると行われる「キンジ、ヤハギ、タツミ会」のようなものですね。

さて、会場は、いつも通り、メモリーズオブホンコン。
飲む気満々ですので、久しぶりにバスに乗って街まで行きました。
そしたら、バス停に、新たにこんなものが設置されていました!


きっと、冬のスキーヤーに向けて、スキーを置けるようになっているんですね。さすがクィーンズタウン。

さて、到着したメモリーズオブホンコンは大盛況。
私たちは、はしっこの席に座って、お店が落ち着くのを待ちます。
勝手知ったる我が家のように、バーの冷蔵庫から、セルフサービスでビールをいただきます。
ま、美味しいものを食べたいならここですよ。
注文しなくても、黙ってても美味しいものがでてきますので、飲んで待ちます。

ビールを3本ずつくらい飲んだ頃、お店がやっと落ち着いてきて、鍋を注文。アワビと鶏肉の鍋です。


このあとは、シーバスリーガルをハイボールで一本空けて、解散したのは夜中の0時を回った頃でした。

ケイタくんが日本へ帰ってしまうのは寂しいけれど、若者の前途を祝って乾杯!ですよ。
大阪には、ほぼ行ったことがないんですが、次回日本へ帰るときには、ケイタ君に会うためだけに、大阪に行ってみたいと思います。
どんな場所で、どんなお店を開いて、どれだけ繁盛するのか、今から楽しみです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA