初めてダイソンを購入したのは、クライストチャーチ時代。
ダイソンの凄さというのはコマーシャルでは見ていたけれど、掃除機に$1000っていうのは、なかなか出せませんよね?
当時、紙パックのいらない掃除機は他にも出ていたので、そちらを購入。
でも、その当時住んでいた家は、2階建で、階段も風呂場も、床は全部総絨毯張りの家だったため、掃除機をかけるのは、本当に大仕事。辛くてしんどい作業でした。
そんな時、私の誕生日にダンナが買ってきたのがダイソン。
実は以前から、ダンナはダイソンの購入を私に打診していたのですが、私は「高すぎる」と却下し続けていました。「相談してもダメと言われるなら」と思ったのか、私へのプレゼントなら文句ないだろう。ということで、$1000もするダイソンの掃除機を買ってきたというわけです。
これって、プレゼントというよりは、家のものですよね。お金はどうせ二人の共同口座から落ちるわけですし。でも、「プレゼント」にすることで、許可を得ずに購入できるという、ダンナの頭脳プレーですね。

さて、そんないきさつで、初めて我が家にやってきたダイソン。
初めて使った時に、まずはその吸引力に驚きました。
今まで、あんなに苦労していた絨毯の掃除が、なんと楽にできることでしょう!
さらに、楽なだけではなくて、あまりに綺麗に掃除できるので、あんなに嫌だった掃除機がけが、楽しくて仕方なくなるくらいだったのです。
この吸引力を人に見せたくて、会社にまで持って行って使ったものです。
普通の掃除機で掃除した後、ダイソンでもう一度掃除すると、絨毯の間にあるような塵や埃まで綺麗に取れるのです。そう。ダイソンを使ってもっとも驚いたことは、取れるのが「ゴミ」だけではないってこと。ダイソンを使った後に吸い取ったゴミを出す時、その塵の量に驚きます。掃除機をかけた後の絨毯から、こんなにたくさんの塵や埃が取れるなんて!

というわけで、ダイソンの魅力に取り憑かれてしまった私たち。ダイソンをただの「袋」がいらない掃除機だと勘違いしていたことを、大いに反省したのでした。

その後、オークランドに引っ越して、家が狭いアパートになりました。となると、今まで大活躍していたダイソンが、大きくて使いにくくなってしまったのです。でも、ダイソンは手放したくない。
そんな時に発売されたのが、ダイソンのスティック型掃除機。$1000という出費は大きいですが、狭いアパートの床をちょちょっと掃除するのに、これ以上の掃除機はありません。
もともと使っていたダイソンは、まだまだ使えるのに、新しいダイソンを購入することに抵抗があったのですが、当時のTATSUMIのスタッフで、「ダイソンは欲しいけど高くて買えない」という人がいたので、格安で下取りに出し、私たちはスティック型掃除機を購入したのです。
その身軽さに感動すると共に、コードレスの便利さに超感動したことは今でも忘れません。

あれから7年。さすがのダイソンも、次第にお疲れ気味に。。。調子の悪いことが多くなってきました。
そして、クィーンズタウンへ引っ越したことで、小さいアパートから一軒家になりましたので、掃除機を使う時間も頻度も多くなったのです。
これは、掃除機の買い替えどきなのではないか?

まず、一軒家の掃除をするのに、コードレスでは充電時間が足りなくなるのでは?ダイソンの普通の掃除機に買い換えるべきか?
ここは一瞬だけ迷いましたが、やはり、一度スティック型コードレスを使ってしまうと、この便利さを手放すことはできません。いつでもどこでも好きな時にサッと掃除ができるこの気軽さが、常に家を綺麗にしておくために重要なことだとこの7年で、よーく分かりました。
それなら、最新のV10が欲しい。
V10が発売された時、ダイソンに「これでもう、コード付き掃除機の開発をする必要がなくなりました」と言わしめた商品です。
でも、$1000の出費は大きい。。。悩む。どうしよう。。。

そんな時、いよいよ旧型ダイソンの調子が悪くなり、掃除機についていろいろ調べ始めたのですが、7年前のダイソンで、あれだけ感動したのです。新型V10が、どれだけ素晴らしいのか、使わなくても分かります。そして、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、新型ダイソンV10の購入を決意したのでした。

翌日、ダンナが、プールの帰りに、Noel Leamingへ行ってダイソンV10を購入してくる手はずとなっていました。
が、手ぶらで帰宅。
聞いてみると、店頭商品のみで在庫がなく、取り寄せになるんだとか。取り寄せると3日くらいかかるらしい。
というわけで、翌日、Harvey Normanへ買いに行くことになりました。こちらは、オンラインで在庫確認済み。

ところが、この時、オンラインでV10を持っているところを探していたら、見つけてしまったのです!さらに最新のV11が購入できることを!!!

実は、日本ではすでにV11が発売されたということは知っていましたが、NZでは未発売だったのです。ところが、お隣オーストラリアでは、もう発売されていて、どうも、オンラインショッピングで買えるらしい。
送料$100くらいかかるけど、どうせ最新を買うのなら、超最新のV11が欲しいじゃないですか。

そこで、V10とV11がどれほど違うのか調べてみました。
機能に関しては、V10で、すでに著しく向上したはずです。

ところが、なんと、V11は、V10よりも吸引力25%アップ、なのに、運転音は11%軽減、そして、運転時間は最長60分!(普通モードで)
さらに、今回初めて導入された液晶パネルで、モードを切り替えるごとに、秒単位でバッテリーの残り時間を表示し、メンテナンス情報までお知らせしてくれるのです!

V10発売時、かなりのダイソンユーザーが買い替えたそうなんですが、時をそれほど長く置かずしてのこのV11発売は、V10を購入した多くのダイソンユーザーを悔しがらせたそうです。
それを見たら、送料$100払っても、V11が欲しくなるじゃないですか!

というわけで、オンラインショッピングで、ポチっとしまして、V11を購入。
トリップアドバイザーでクィーンズタウンのレストラン1位に選ばれたお祝いです。きっとダイソンの代金を軽くカバーしてくれると信じて。

そのダイソンV11が、今朝方我が家に届きました!
つづきは次回のブログで。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA