先日、どうも最近モノがよく見えない。。。というブログを書きましたが、早速行ってきました。OPSM。
実は、予約をしようと思った日の朝、加入している保険会社Southern Crossからメールが届いてまして、そこに「OPSMでの視力検査と眼科検診が、今なら無料!」と書いてあったんです!
今からOPSMに行こうという、その日の朝にこんなメールが届くなんて、ラッキー以外のなにものでもありません。
私だけ行く予定だったのですが、「無料なら」ということで、ダンナの分と二人分、Southern Cross会員限定サービスを申し込みました。

そして、行ってきたんです。OPSM。できたばかりで綺麗でしたが、思っていたより小さくて、メガネの選択肢はこれしかないのか。。。って感じが正直なところ。

とりあえず、ダンナも私も目の病気はなくて、いたって健康。
視力検査に関しては、私が乱視、ダンナが老眼でした。

ダンナは40も過ぎた頃から小さい文字が見えなくなってきて、老眼鏡を使っています。老眼鏡って、薬やさんでもスーパーマーケットでも、手軽に買えますよね。しかも$30くらいで。
メガネは高いのに、どうして老眼鏡は安いんでしょうね。
しかも、メガネだと、メガネ度数を示した処方箋がいるのに、老眼鏡は、自分で店頭で試してすぐに買えます。

今、日本では、安いメガネやさんが、どんどん出てきているらしいですが、私がメガネをしていた30年前は、メガネといえば高級品でした。何万円もするのは当たり前。なのに、今では、もっと気軽にメガネが買えるらしいですね。羨ましい時代になったモノです。

で、NZはどうかっていうと。。。
店頭に並んでいるメガネを見ると、相場は$200~$500くらい。
なんでですかね?メガネって、みんな高級ブランドなんですよね。
PradaとかArmaniとか。
ちなみに、私が一番気に入ったのはTiffanyで、$450でした。
これプラス、レンズ代ですからね。私の場合、パソコンを使う時にかけるメガネなので、ブルーライトカットも施してもらうと、$800弱くらいのお値段に。。。
なんてこった!!!
別にものすごく不自由しているわけでもないのに、払える金額ではない。

ちなみに、ダンナは老眼鏡をすでにいくつか持っているので、お店の人は遠近両用と、シェフという仕事がら、熱と油に強いレンズを勧めてくれました。
そしたら、なんと、そのお値段、軽く$1000越え!!!

$30で買った老眼鏡で、特に不自由なく暮らしているのに、$1000を超える出費など、考えもしていませんでした。確かに、遠近両用になれば、かけたりはずしたり、という手間は省けますが、そのためだけに、この金額は出せません。
メガネに$1000以上出すなら、新しいスキーブーツ買うよ。って。
そりゃそうだ。
この前$1200も払って新しいダイソン買ったばかりですからね。
悩むまでもなく、お断り。

私は結局、もっと安いブランドのメガネフレームにしたら、それが偶然20%OFFで、しかも、そのフレームを購入すると、レンズまでもが20%OFFになるっていうんです。そしたら、当然そっちにしますよね。
気に入ったメガネはフレームだけで$450。安いフレームなら、レンズを入れても$350。
それでも決して安くはないですが、パソコンを使う時間が長いのと、細かい数字や資料を読む時に、快適になることを考え、購入を決意。
日本に帰ればもっと安く買えるのはわかってますが、日本に帰る予定が今のところないですからね。仕方ありません。

本当は、プラスチックのフレームがよかったんですが、アジア人は鼻が低くて顔に凹凸がないので、鼻当てパットがついてないと、メガネが頰に食い込んだり、レンズがまつ毛に当たっちゃったりするんですよね。それで、プラスチック製で鼻当てパットが付いているモノとなると、選択肢が全然なかったんです。
というわけで、これになりました。
まあ、PC使う時にしか使わないので、いいか。。。
せっかくなので、もっと洒落たのが欲しかったんですけど、それはまた日本に帰った時に。



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA