友人の娘さんが、オークランドの大学に進学されたのですが、帰郷するたびに、お土産を買ってきてくれます。
今回も、ホリデーで帰郷してくるのに、私の大好きな「La Voie Francaise」のパンを買ってきてくれました!

いつも言いますが、このお店のすごいところは、バケットが美味しいだけでなく、食パンも、デニッシュも美味しい。それぞれが全部違う種類のパンなのに、そのすべてが美味しいって、本当にすごい。

さて、今回いただいたバケットですが、家に帰って早速お夜食にいただきました!

試用済みの、こんなヒドイ写真しかないんですが、美味しいバターの代表格、Lewis Road Creamery のガーリックバター。

美味しいバケットに、美味しいガーリックバターを塗って、焼いて食べる。
最高過ぎます。

二人で2分の1本を7枚にカットして食べた後、「もっと食べたい」という欲望がダンナと一致したため、残りの2分の1本も、ガーリックバターを塗って、焼いて食べきってしまいました。

お夜食に、バケット一本、二人で完食。
だって、美味しすぎるんだもの。
オークランド在住の方、この、ガーリックバターとの組み合わせ、是非お試しください。

続きまして、翌日の朝食は、いただいた食パンです。
3山ありましたので、それを2枚ずつに厚切りカット。
ニュージーランドの食パンって、日本の8枚切りよりも薄いんじゃないか?ってくらい薄いカットなので、美味しい食パンを、自分で厚切りカットして食べる贅沢。

これも、切り込みを入れて、美味しいバターLewis Road Creameryのバターをたっぷり載せて、トースターに入れます。

そして、こんがり焼きあがったバタートーストに、これまたLewis Road Cremeryの「塗るバター」を塗って仕上げます。

はー。なんていう贅沢。


これ、バターを乗せて焼くとき、淵の方までしっかり塗っておかないと、良い焼き加減になった時に、バターを塗ってないところが焦げちゃうんですよね。次回は、バターを乗せた後、淵は塗るバターで仕上げてからトースターに投入したいと思います。

バターは中までしっかりと浸透し、表面はサクっと、耳はカリっと。
ああ、至福の時。

我が家は、NZの薄いトーストが好きではないので、トーストを焼くためだけに使う、こういうタイプのトースターは持っていないんです。

オーブン型のトースターなら、こういう厚切りパンも焼けるし、ピザも焼けるし、お餅も焼けるし、チキンとかも焼けるし、ほんと便利。

初めてNZにきた時から、トーストしか焼けないトースターがメジャーであることに驚きましたが、まあ、毎朝トーストを食べる家庭には、そのほうが便利なのですかね。特に子供のいる家族なら、4枚同時に焼けるトースターとか、必需品かもしれません。

そんなこんなで、パン2山は、たっぷりバターの厚切りトーストでいただき、残り1山は、翌日フレンチトーストにしていただきました。
というわけで、二人であっという間に消費してしまったLa Voie Francaise の美味しいパン。
バケットも、本当は夜食で、半分をガーリックトーストにして、残り半分は「きのう何食べた」にも2回登場した「明太サワークリームディップ」で食べようと思っていたんです。
これ、一度真似したら病みつきで、我が家の定番になりつつあります。

これを、美味しいバケットで食べたかった!!!
のですが、「ガーリックトーストおかわり」の欲望に勝てず、今回は見送り。
また次回のお楽しみに。。。
幸いなことに、最近美味しいものとの出会いが多く、なんだか「おうちごはん」ブログが増えてきた気がします。
オークランドでは、朝起きたらすぐ仕事に出かけて、家でごはんを食べたことはなかったので、クィーンウズタウンにきて、家でごはんを食べるという新しい習慣ができたことは、本当に嬉しいことで、さらに、6月からランチを辞めたことで、おうちでご飯を食べる時間もゆっくりと取ることができて、時間に追われて何かをするってことが、なくなってきた気がします。

クィーンズタウンも徐々に寒くなってきましたが、家にいれば寒くないし、猫はかわいいし、今までの人生で一番充実している時なのかもなー。と思ったりするのですが、次の目標は「旅行に行くこと」なので、それが叶うまでは、気合を入れて、頑張って働きたいと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA