家の電話って、日本の実家に電話する以外、まったく使わない。
ましてや、家の電話が鳴ることなんてまずないし、鳴っても出ない。だって、それは間違い電話か、セールスだから。
自分だって知らない家の電話番号に、知ってる人から電話がかかってくるはずがない。

ってことで、クィーンズタウンの家には、家電を設置しなかったんです。
日本でも、特に一人暮らしとかだと、携帯電話があれば十分なので、家電を設置しない人多いですよね?

そして、クィーンズタウンに引っ越してきて一年。
家電がない生活をしているわけなんですが、これと言って不便はないと思っていたけれど、やっぱり日本の実家に電話しようと思うと、携帯電話からかけるか、店の電話からかけるかしかなくて、結構面倒臭い。
携帯電話からかけるのは、電話代がいくらかかるか分からないから恐ろしくて滅多なことでは使いたくないし、店の電話となると、営業時間内は無理なので、営業時間が終わってからと思うと、もう夜中。日本はちょうど良い時間かもしれないけれど、仕事の後に店に残って電話するよりも、やっぱり家からゆっくり電話したい。

ってことで、この度、今更ながら、家電を設置することにしたんですよ。
そしたら、なんと、家のどこを探しても、電話線をさすところが見当たらないんです。
「この辺にあるんじゃないか?」ってところには、モデムが設置されていて、完全に穴がふさがれています。
そこで、ダンナが、その設置されたモデムを取り外してみると、その下から、やっぱり電話のコードをさす穴が見つかったのですが、それは、フラットメイトの部屋のクローゼットの中。
そこで、なんだかダンナがいろいろやって、私たちの部屋に電話コードをひけるようにして、どのみち親電は使わないんだけれど、子機も私たちの部屋設置しました。

これを読む多くの人が、「え?今さら家電?」って思ったと思うんですよ。
このご時世、Lineとか、無料で海外と通話する方法っていくらでもあるじゃないですか。
でも、もう75歳を超える両親は、やっぱり「家の電話」なんですよね。
(ちなみに、私もLineはやってないし。。。)

そして、家に電話が設置された記念に、早速日本の実家に電話をかけてみました!

すると「この電話は、詐欺犯罪防止のため、録音されています」というアナウンスが流れてから呼び鈴がなるんですよ。ビックリしました!!
母に聞いてみると、先日電話が壊れて買い換えたそうで、新しい電話についている機能だそうです。
これは、ある一定の抑止力があると思うので、私たちも安心です。

実は、もう3ヶ月くらい電話をしていなかったので、「あー、やっぱり家電があると便利だなー」って思いました。
母が先日、箱根に旅行に行った時に、コケシ展をやっていて、お雛様になっている可愛いコケシを見つけたので、私にお土産に買ってきたから、今度送る。と言われました。実は私、子供の頃、ものすごく地味な顔がコケシに似ていたんですよ。なので、ちょっと自虐的だなと思いながら、「そのコケシ私に似てるの?」と聞いてみたんです。そしたら「似てないわよ!可愛いコケシだって言ってるじゃない!!」という母の言葉。すみません。あなたの娘は可愛くなくて。。。
久しぶりの電話で、さりげなく傷つけられる私でした。

そして、続いて、ダンナの実家に電話。

すると。。。「この電話番号は現在使われておりません。。。」のアナウンスが!!!

慌ててLineで、ダンナのお姉さんに電話をすると、家族みんな携帯電話を持っているので、家の電話は解約したんだとか。。。
なるほどー。
こちらに家電がついたというのに、あちらの家電がなくなったっていう。。。
ちなみに、一ヶ月$14で、海外の家電と話し放題というプランに申し込んだので、ダンナの実家は消え、私の実家だけで月$14以上通話しないと損してしまう。

というわけで、せっかく電話を設置したので、これからは、もっと頻繁に日本の実家に電話をかけようと思います!



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA