さて、デッキの風除けのヤスリがけが終わり、次はとうとう家の外壁です。
面積は広範囲だけれども、ただの真っ直ぐな板なので、電動ヤスリもあるし、作業自体は簡単なはずでした。

実は、この作業を始めるにあたって、日本庭園作りの時と同様、エクスチェンジのフラットメイトを募集しました。
というのも、この時期、本当は、毎年ダンナの友達が日本から来るので、部屋を空けていて、彼が来たら、一緒にこの作業を進めようと思って待っていたのです。去年の今頃にはとっくに来ていたんですよ。
ところが、今年はくるのが遅れるという連絡があり、まだ来ていないどころか、あと一ヶ月以上も先になりそう。。。とか。
このままでは、作業の予定がどんどん遅れて行くし、それまで部屋を空けておくよりは、誰かを入れて、家賃を取らずにエクスチェンジで作業を進めた方がいいではないか。ということになったのです。
ま、誰も来なくても、今はランチの営業はないし、暖冬で山にも雪はないし、出勤前に少しずつ進めていけば、そのうち日本からダンナの友達も来るだろ。くらいに考えていました。
ところが、エクスチェンジの広告を出して、次の日にはもう「入居したい」という応募があって、すぐに決まったのです!

というわけで、現在、とっても真面目で几帳面な彼の手によって、着々と作業は進められています。本当に良い人が決まって良かった!

そう、そして、壁のヤスリがけが始まったのですが、ここで問題が発覚しました。
デッキの風除けは、ケルヒャーでペンキがある程度剥がれていたところに、雨風日光に晒されて、もうほとんどペンキが落ちてしまっていました。
なので、もう、ヤスリをかけるだけで良かったのです。

ところが、家の外壁の方は、ほぼペンキはそのまま残っていて傷みもないので、ヤスリをかけても、ヤスリの目にペンキが入ってしまって、ひとこすりでヤスリがダメになるっていう、非常に作業効率が悪いことになってしまったのです。

そこで、ペンキを落とすのは、ヤスリではなくて、ケルヒャーなんじゃないか。ってことになって、ヤスリがけでのペンキ落としはやめて、試しにケルヒャーでペンキ落としをしてみることにしました。

すると、どうでしょう。ケルヒャーが、キレイにペンキを剥がしていってくれるではありませんか!!

上が作業前の外壁で、下がケルヒャーでペンキを剥がし済みの部分。
すごいぞ、ケルヒャー。ヤスリをかけるより、早くてキレイ。

この調子で、家全体のペンキをケルヒャーで剥がしていくことになりました。
そして、高い部分もあるので、そこには足場を組んで、作業をします。
足場を買うと$400以上するのですが、家にあったラックを2台合わせて、板を買ってきて、足場もDIYです。

もっとダークな感じにしようと思っていたのですが、 ペンキを剥がして、木の板が現れた状態の素の色も悪くないな。と思ってしまいました。

家全体のペンキ剥がしが終わったら、ケルヒャーで木が濡れてしまっているので、一日乾かしてから、今度こそヤスリがけです。
そして、全体のヤスリがけが終わったら、次は、表面に付着した木屑をケルヒャーでもう一度洗い流して、乾かして、それからやっとペンキを塗る作業となります。

はー。ほんと、長い道のりだわ。
エクスチェンジのフラットメイトくんが、頑張ってくれているので、着々と進んでおります。

(づづく)

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA